巨大魚のマーレーコッドがすごい!マレー川の最大サイズの画像は?

2017年4月8日不思議

スポンサーリンク

オーストラリアのマレー川の巨大魚のマーレーコッドがすごい!と話題です。

日本の琵琶湖にも生息し、釣りをする人も!?どんな釣り方があるんだろう。

食用や飼育用(混泳)の入荷や販売もあるそうです。

マレー川の最大サイズの画像が気になるところですよね。

今回は、巨大魚のマーレーコッドがすごい!マレー川の最大サイズの画像は?の情報をご紹介させていただきます!!

巨大魚のマーレーコッドがすごい!

マーレーコッド ( Maccullochella peelii peelii  )とは、

スズキ目ペルキクティス科マクルロケルラ属に属する、

オーストラリアに生息する大型捕食性淡水魚のことを指します。

どのくらい大型なのでしょうかとても興味が湧いてきますね。

マーレーコッドの名前の中に「コッド」(タラという意味)とあるが、

北半球の海産のタラとは分類が異なリます。

タラの場合は、タラ目タラ科です。

マーレーコッドはオーストラリアでもっとも大型の淡水魚であり、

世界的に見ても最大の部類に入ります。

大きな魚って魅力的ですよね〜。

英名Murray codの他の呼び名はCod、Greenfish、Goodooなどがあります。

オーストラリアのマーレー川のタラ(鱈)を意味します。

鱈って聞いたらとても美味しそうですね。

中国では食用にしているそうです。

マーレーコッドの属名Maccullochella は、

オーストラリアの初期の魚類研究家である人物の姓のマカロック(McCulloch)に由来し、

種小名peelii は探検家トーマス・ミッチェルが記載した際の模式地である、

ピール川(Peel River)に由来します。

名前は最初に見つけた人から名付けられることが多いですよね。

マーレコッドもそのパターンだったのでしょう。

1990年代になって近縁種のマリーリバーコッド(Mary River cod)が本種の亜種であるとされてMaccullochella peelii mariensis とされたため、

より限定的にマーレーコッドをさす学名としては、

基亜種であることを示す亜種小名をつけてMaccullochella peelii peeliiとされる。

日本人でいう縄文人や弥生人などの違いによって分けられているということなのではないでしょうか。

ちゃんと分けないとわからなくなってしまいますよね。

マーレーコッドの個体数はオーストラリアのヨーロッパ人による植民地化以来、

乱獲、生息地の荒廃などいくつかの理由により大きく減少しており、

現在は絶滅危惧種にリストアップされています。

しかし、かつてはオーストラリア最大の河川系であるマーレー・ダーリング流域に多く生息していました。

長寿であるマーレーコッドは成熟すると肉食性を示し、主に他の魚を捕食します。

マレー川の中での食物連鎖の頂点にいたのでしょうか。

産卵方法は、丸太や他の堅い物の表面に産卵し稚魚は春頃に生まれます。

大きくてしっかりとした固いものに付着させ流されないようにするんでしょうね。

マーレーコッドは釣り人にとって人気のターゲットであり、水産養殖種でもあります。

養殖し、食用や飼育用として販売するのでしょうね。

これからこの魚は、どんどん大きくなるんですね!素晴らしい。

また、オーストラリアの水族館では人気のある種でもある。

大きな魚なので一度見た人は興奮してしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

巨大魚のマーレーコッドの最大サイズの画像は?

気になる巨大魚のマーレーコッドの最大サイズの画像は?の情報です!!

マーレーコッドは大きな魚です。

とても小さな水路に棲むものを除き、

成熟した個体は体長が一様に80-100センチメートル( 32-39インチ ) に達します。

マーレーコッドは最大で体長1メートル ( 3フィート ) 以上に成長します。

公式な記録で最大のものは1.8メートル ( 6フィート ) 以上、113キログラム(250ポンド)でした。

乱獲により、体長の大きな野生の個体は今日では珍しくなりました。

やはり人間の乱獲で成長しきらずに命を絶ってしまうことが多いんですね。

 

こちらで巨大魚のマーレーコッドの画像が確認できます。

興味のある方はどうぞ。

巨大魚のマーレーコッドの最大サイズの画像

まとめ

今回は、巨大魚のマーレーコッドがすごい!マレー川の最大サイズの画像は?の情報をご紹介させていただきました。
いかがでしたでしょうか。

とても大きな魚に興奮してしまいました。

生物はこんなにも成長するものなのですね!驚きです。

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

スポンサーリンク