30分間のキスでアレルギー反応の抑制になぜ効果的?原因や理由や評判は?

不思議

イグノーベル賞の医学賞の「30分のキス」で

アレルギー反応が抑制できると話題になっています。

一体なぜ効果的なのでしょうか。リハビリになるという見解も

原因や理由や評判が気になるところですね。

今回は、

30分間のキスでアレルギー反応の抑制になぜ効果的なのか?

原因や理由や評判は?についての

関連する情報をご紹介させていただきます!!

スポンサーリンク

30分間のキスでアレルギー反応の抑制に効果的か?

キスって素敵ですよね。

なんだか神秘的で情熱的で、ドキドキしちゃいます。

初めてのキスってどんな感じでしたか?

とっても甘酸っぱかったのではないでしょうか。

そんな「キス」が、2015年のイグノーベル賞の医学賞を受賞したのだとか。

受賞された方は、大阪府寝屋川市の開業医の木俣肇(きまたはじめ)さん。

受賞理由は、「情熱的なキスの生物医学的な利益あるいは影響を研究するための実験」です。

キスが題材になっていらっしゃるのでもう少しフランクなものだと思っていましたが、

かなり本質的な研究がなされたんですね。

この研究の結果、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎にはキスすることが効果的であると、

結論づけられました。

研究の被験者から症状が改善緩和、回復、完治したという人がいらっしゃったとのことです。

  • 被験者はアトピー性皮膚炎患者、アレルギー性鼻炎患者、健常者それぞれ30人ずつ計90人。
  • まず、パートナーと静かな音楽の流れる個室で30分間、自由にキス。キス前後でアレルギー反応の強度を調べる皮膚テストや血中成分を測定。この時に改善傾向が見られた。
  • 2週間後、同じカップルにキスせず個室で30分抱き合ってもらったが、改善傾向が見られなかった。

まさかキスにそのような効果があるとは思いもしませんよね。

この実験で「反応が抑制された」という声とともに「キスのしすぎでしびれちゃった」という声もあったようです。

さすがに30分間は、長く感じますよね。

しかもいい雰囲気での中ということで、気分が盛り上がっている状態だと思います。

キスというのはもう少し下世話な感じというか、

愛情表現の一環でしかないというイメージが強いです。

この発見により、今よりもキスに対して好印象になったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

30分間のキスでアレルギー反応の抑制に原因や理由は?

この「30分間のキス」で、アレルギーが抑制されたというのはどのような原因や理由によるものなのでしょうか。

同じ空間にいるだけでは、アレルギーの抑制は見られなかったことから、

唇の粘膜同士で何かが行われていると考えられます。

温度の伝達や唾液の交換など様々な物々交換が行われるでしょう。

そういった物理的な影響も左右されていると思いますが、

一番の影響は、感情の高ぶりによる自己修復効果なのではないでしょうか。

気分が高揚し脳の中でホルモンが分泌されて、

体の悪い部分を直そうと働いたのではないでしょうか。

また、体にとって体温は大事なものであると考えられます。

臓器を冷やしたりすると、病気の原因になってしまいますよね。

なので気分の高揚による体温上昇による効果が顕著に表れているのだと考えられます。

また良い雰囲気にカップルと身を投じることでリラクゼーション効果や安心感、幸福感なども

影響しているのではないでしょうか。

30分間のキスでアレルギー反応の抑制の評判は?

イグノーベル賞の医学賞を受賞した「30分間のキス」。

この話題の反応や評判をまとめてみました。

やはりといった感じでしょうか。

相手がいない人にとっては、どうでも良い情報ですよね。

恋人や配偶者がいることで初めてその効果を発揮する「30分間のキス」。

辛いよ!という意見が多かったです。

海外ではキスする人は多いですが、日本人は少ないのでしょうか。

まとめ

今回は、

30分間のキスでアレルギー反応の抑制になぜ効果的なのか?

原因や理由や評判は?についての

関連する情報をご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。

人体の不思議はまだまだ未解決なことが多いです。

不思議がいっぱいでワクワクしますね!

スポンサーリンク