高橋一生の萌え理由はananのグラビアと子役時代の映像のギャップのせい?

2017年10月26日有名人高橋一生

スポンサーリンク

カルテット家森やanan(アンアン)ヌードグラビアで人気の高橋一生(たかはしいっせい)さんが話題です。

女性がバブみを感じる彼の萌え理由はananのグラビアの腹筋やキス、女性との絡み画像と子役時代の映像のギャップが原因か気になります。

今回は、高橋一生さんの萌え理由はananのグラビアと子役時代の映像のギャップのせいなのか?についての関連する情報をご紹介させていただきます!!

高橋一生(たかはしいっせい)とは?

高橋 一生(たかはし いっせい)さんとは、生年月日は、1980年12月9日です。職業は、日本の俳優です。所属事務所は、舞プロモーション所属です。身長は、175cmです。実弟はロックバンドnever young beachの安部勇磨さんです。1990年の映画「ほしをつぐもの」で映画初出演しました。1995年にスタジオジブリの映画「耳をすませば」で天沢聖司の役を演じました。2001年から扉座に入団し、舞台「フォーティンブラス」で準主役デビューしています。

これまでに多くのドラマや映画、舞台と幅広い活躍をされていますが、注目され始めたのは

テレビ朝日系ドラマ「民王」(2015年7月24日)の貝原茂平役を演じたのがきっかけではないでしょうか。

貝原は、超が付くほど真面目な性格で優秀な総理のサポートをする公設第一秘書の役です。何事にもクールに分析しては、鋭く突っ込むのが特徴と言えます。誰にも本心が全く読めない超マイペース男を演じました。高橋さんもこの貝原のようにマイペースな一面がありますよね。この役柄にマッチしていて演じやすかったのではないでしょうか。

そしてドラマ「民生」から人気に火が付き話題になり、ドラマ「カルテット」の家森諭高役で国民的な人気俳優の地位を不動のものにしたのではないでしょうか。

家森の役柄は妙に理屈っぽくてめんどくさがりで器が小さく何を始めても前に進めない。大人になれないこだわり満載の一風変わった男という独特な男性です。高橋さんの性格には少しずれがあるかなと思いましたが、たまに天然でシュールなボケをかますところはなんだか高橋さんっぽくてそこがまたマッチしているのかなと思います。

そんな人気者の高橋さんは特に女性からの支持がとてもすごいと感じました。

https://twitter.com/minimamuck/status/836799843918041088

高橋一生さんの声、表情、トーク、性格など内面や雰囲気の色気が好きとおっしゃる方や身体的な筋肉や髪の毛、鼻筋、身長好きという様々な意見があります。私自身も高橋一生さんの「」は初めて聞いた時に「あ、エロい声してるなぁ」と思いました。あの低めのビブラート効きそうな声質は世の女性方にはたまらない癒し音波がビンビン出ていらっしゃると思います。そして彼は性格も穏やかで、トークや間の取り方も独特で面白いですよね。おそらく女性の「好き」になる定義域に高橋一生さんという人物は浸透しやすいのかなと思いました。

ただこの女性に人気やメディアの方々が「高橋一生さんは女性に人気でモテモテ」と各地で謳っていることに彼自身は「そんなことないよ、考えすぎ」とおっしゃっているそうです。鈍感なのか謙遜なのかそんなところも高橋さんの魅力だと思います。それに高橋さんは現在モテ期というよりか人生の大半はモテてるだろうなと思いますけどね。

 

スポンサーリンク

高橋一生の萌え理由はananのグラビア?

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、雑誌「anan」の「官能の流儀」特集号が2017年3月1日に発売されました。高橋さんが14ページにわたりその肉体美や女性との濡れ場を惜しげもなく赤裸々にし、世の高橋さんファンの女性は顔を赤らめたのではないでしょうか。

セクシーすぎるその官能の世界に度肝を抜かれた女性が多数いらっしゃいます。すでに「官能の流儀」を嗜んだ方はその高橋さんの色香を堪能し、より一層に高橋さんのことが好きになったと思います。

巷では、「高橋さんのエロ本」という意見が出ていたので面白かったです。

確かに「エロ本」と言われてもしょうがないですよね。表紙からすでに女性と絡んでいてファンは「高橋さんの顔が女性の胸に完全にあたってるー!」と悶絶していました。

良くも悪くも大反響を呼んだこの雑誌やはり書店でもこれは売れると予想されていたのか、店に入ってすぐの一番見えるところに陳列されていました。しかも表紙が見えるように一区画に横並びに並んでいてその情景は壮観でした。

高橋さんの色気に吸い寄せられるように女性がその陳列棚に殺到する様子が目に浮かびますね。大人の女性にとってはやはりこの高橋さんの色香が「萌える理由」の要因になっているのだと思います。

高橋一生の萌え理由は子役時代の映像のギャップ?

高橋さんの子役時代の映像がフジテレビ系「ノンストップ!」で披露されていました。

子役時代のあどけない高橋くんの表情や仕草はとても可愛らしいですね。現在の高橋さんにも当時の面影が残っていて不思議な感じはしたものの可愛らしい一面にほんわかした女性は多かったことでしょう。

https://twitter.com/ll_the_luv/status/839793213091172352

高橋さんの子役時代の可愛らしさに「バブみ」を感じた女性も多かったと思います。

バブみとは、年下の女性へ求める母性、あるいは年下の女性から感じる母性

本来は年上男性が年下女性に対して感じる母性に幼児退行てきな感情で接したいみたいなことを意味しますよね。今回は、逆に女性が高橋さんの子役時代の表情がこれは「バブみ」を求めている顔だなと察したのではと思いました。そうなると「バブみ」ではなく「バブみられ」とか「バブみ受け」かもしれませんね。

そんなことより高橋一生さんの子役時代といえば、他にもたくさん話題に上がっていますよね。

  • ジュウレンジャーのカイ役
  • 耳をすませばの天沢聖司役

この二つが高橋さんを子役時代から知っている人には、印象的なのではないでしょうか。

ジュウレンジャーのカイってなんやねん」って思ってる人、こちらです。

高橋さん演じるカイは1992年に放送されていた恐竜戦隊ジュウレンジャーのバンドーラ一味の王子様です。このカイは「2回」も死ぬという壮絶な人生を送ります。

えっ?なんで2回も死ぬんと思いますよね。

カイは母には素直なのですが、実は悪辣な本性を持っており悪戯で他者を泣かせたり困らせることを好むという性格です。とても高橋さんには合わない性格ですね。

1億7000万年前に恐竜の卵を壊して遊んでいたところを怒った恐竜に追いかけられ、逃げる途中で足を踏み外して崖から転落して命を落とします。1回目の死は自業自得と言える終焉です。

ここで彼の人生が終われば良かったんですがその後、悪の根源である大サタンにより復活しヒーローたちを苦しめ窮地に追いやりますが、悪役の運命は悲しいものでヒーローの大逆転の末やられてしまいます。

以前は母に対して素直な性格だったのですが、復活後は母にも冷淡に接していました。最後はバンドーラパレスに帰還するも母であるバンドーラの腕の中で息絶えるという2回目の死です。

子役時代から悲壮感漂う演技を高橋さんはされていたんですね。

 

そして子役時代を思い浮かべるもう一つの役は「耳をすませば」の天沢の声ですね。「耳をすませば」はヴァイオリン職人を目指す少年に恋をする少女のお話です。高橋さんはカルテットでヴァイオリン奏者として演技されています。この子役時代から大人になってのヴァイオリンを通した対比に気づいた人がファンにもいらっしゃいます。

高橋さんの人生においてヴァイオリンや音楽は何かがあるのかもしれませんね。「耳をすませば」では、ヴァイオリン以外にも幼い恋愛模様を描いたわけですが、子役時代からそういった色恋の演技をされたことで現在の演技の幅にも深く影響されていらっしゃるのだなと思います。

高橋さんの人気の秘密はこの子役時代の演技の下積みがあったからこそと言えるでしょう。そして子役時代にも「萌える理由」があったとも言えるのではないでしょうか。

まとめ

今回は、高橋一生さんの萌え理由はananのグラビアと子役時代の映像のギャップのせいなのか?について関連する情報をご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。

女性がバブみを感じる彼の萌え理由はananのグラビアの腹筋やキス、女性との絡み画像と子役時代の映像のギャップが原因かどうかの疑問は解決されましたでしょうか。

高橋一生さんに関連する情報はこちらでも触れています!

高橋一生の腹筋がセクシー!キスやベッドシーンのグラビアの画像は?

高橋一生は柔軟剤いらない洗剤が好き?小林薫お気に入りはサフェ?

高橋一生の鎖骨がセクシー!カルテットの家森諭高のオーシバルの衣装の画像は?

高橋一生の弟はミュージシャン安部勇磨?似てないが本名や画像は?耳をすませば

高橋一生のカルテットの家森がかっこいい!実家は赤坂の御所で劇団は扉座?

高橋一生(たかはしいっせい)さんの今後の活躍に期待です!!!

スポンサーリンク