99.9シーズン2期2018続編3話の視聴率とネタバレ!評判感想も

2018年2月8日2018冬ドラマ, 99.9刑事専門弁護士2佐藤勝利, 岸部一徳, , 木村文乃, 松本潤, 笑福亭鶴瓶, 香川照之

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の第3話が放送されました。
主演・松本潤さん、そのほか香川照之さん、木村文乃さん、岸部一徳さん、笑福亭鶴瓶さん、佐藤勝利さんなど豪華メンバーが出演。

 

松本潤さんと香川照之さんによる名コンビ復活。
刑事事件の裁判有罪率は99.9%。
絶対逆転不可能の状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事件を追求する弁護士たちの物語です。

 

主題歌を担当するのは、嵐(あらし)さんです。
楽曲名は、「Find The Answer(ファインド・ジ・アンサー)」です。

 

いったいどのような物語なのでしょうか。
とても気になるストーリーですよね。

 

こちらでは、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ第3話の視聴率や評判と反応。
またあらすじやネタバレと感想などについても迫りたいと思います。

 

今回は、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の第3話についてご紹介させていただきます!

 


◯ ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の関連記事はこちら

■ 主題歌
Find The Answer(嵐)歌詞や発売日は?PVや視聴動画も

■ 第2話
99.9シーズン2期2018続編2話の視聴率とネタバレ!評判感想も

■ 第4話
99.9シーズン2期2018続編4話の視聴率とネタバレ!評判感想も


 

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ|第3話の評判反応とあらすじ

 

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ|第3話のあらすじ

こちらでは、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」のあらすじをご紹介させていただきます。

 

 

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎(宇崎竜童)がジャーナリスト・安田(伊藤高史)の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川(安達祐実)の殺人未遂容疑で逮捕された。
茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田(香川照之)は、焦った様子で何かを隠している模様。
接見に向かおうとする深山(松本潤)を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子(木村文乃)を担当に任命。
事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。
最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。
“依頼人の利益”を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況!
そして、担当する裁判官は舞子の先輩だった山内(松尾諭)。舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。
舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上(笑福亭鶴瓶)は『お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい』と激励するが…
崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか?

出典:公式サイト

ここまでが第3話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ|第3話の評判反応

こちらでは、ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」を観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

みなさん様々な反応を示しているようです。

 

Sponsored Link

 

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ|第3話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ|第3話の感想とネタバレ

人気ロック歌手・ジョーカー茅ヶ崎がジャーナリスト・安田の殺人容疑、及び、その事件の目撃者・石川の殺人未遂容疑で逮捕された。
茅ヶ崎の顧問弁護士を務める佐田は、焦った様子で何かを隠している模様。

接見に向かおうとする深山を必死で止めて、新たに斑目法律事務所の一員となった舞子を担当に任命。
事件を追う中で、茅ヶ崎の賭博行為のネタを掴んだ安田から、茅ヶ崎が揺すられていたこと、そして佐田の指示でその事実を警察に言わず内緒にしていたことが判明する。

最終的にその事実が警察にバレてしまい、茅ヶ崎には安田を殺害する動機があったため故意に隠蔽していたとされてしまったのだ。
「依頼人の利益」を守ろうと策を講じた佐田のせいで、依頼人がピンチに立たされてしまったことを佐田に指摘し、攻め立てる深山たち。

しかも、殺人事件では目撃証言、殺人未遂事件では、凶器に茅ヶ崎の指紋があるという絶体絶命の状況だった。
さっそく当時の状況を再現するが、ひとつ目のアリバイが証明できなかった。

舞子と明石は、ふたつ目の事件のアリバイ証明を確かめに行く。
深山は、周辺住民に聞き込み調査。

さらに週刊誌ダウノの編集部に足を運ぶ深山。
舞子の方は、防犯カメラの映像でアリバイ証明出来たと思われたが非常階段があり無意味になった。

ふたつ目の事件の凶器に茅ヶ崎の指紋がなぜついたのか、深山は石川の意識が戻ったらなとつぶやく。

 

茅ヶ崎の事件を担当する裁判官は、舞子の先輩だった山内。
舞子の立場が変わり、今までの態度から豹変する山内に、舞子は裁判官と弁護士の間にある分厚い壁を感じる。

石川の意識が戻ると、モアイ像の写真立てを凶器だと断定。
しかしそれは、旦那から聞いたことで、自身が見たことではなかった。

また雨を降っていた日にも顔を見たかどうかも曖昧な証言だった。
本当に顔が見えていたかどうか、極めて怪しい状況だと判断できる。

裁判は、いったん裁判官が持ち帰り検討となる。

 

舞子は、ひとり居酒屋へ行き、そこには山内の姿があった。
裁判官時代の傲慢さに反省していると独り言をいう。

舞子の元上司で、山内の上長である東京地裁・所長代行の川上は「お互いの立場で、対等にガンガンやり合えばいい」と激励する。
崖っぷちに立たされた中で、深山と舞子は茅ヶ崎の無実を見つけ、佐田の窮地を救うことが出来るのか。

山内は、裁判を延期しようか悩んでいた。
川上は、迷う必要はない、自分の信じた考えを通せばいいと伝える。

翌日、舞子が腹話術部に入っていたことを知る。
そのため手と指でカエルの形をつくり会話するのが日常的にクセとなってしまったとのこと。

天気予報で雨が降るとのことで、実況見分が可能な日がでてきたのでさっそく裁判所に連絡。
当時とほぼ同じ状況で雨が振り、さっそく当時の状況を再現する。

石川は、当時より雨が強く見えませんでしたと伝える。
深山は、石川にわざと遠くにある幼稚園の名前を読ませる。

週間ダウノの清水から石川の婚約者、村野正義の名前が浮かび上がる。
村野は、茅ヶ崎を脅迫していたとのこと。

さらに同じ形のモアイ像の写真立てを村野も家に飾っていた。
深山は、村野にコーヒーを作らせているうちにモアイ像をくまなく調べる。

ここで深山の頭のなかで、フラッシュバックした映像と証言が点と点が線で繋がった。
そして裁判の日、実況見分の映像が証拠として提出される。

幼稚園の名前を読み上げたところまで映像は続いた。
「王泉幼稚園」と呼んでいたが、深山たちが看板に細工して名前が変わっていた。

石川の視力は、悪化していたということを裏付けた。
つまり目撃証言は、すべて覆ることになる。

さらにモアイ像の写真立てを取り出し、凶器について石川に問う。
写真立ての裏のメッセージは、石川の記憶にあるものとは違うものだった。

これは、村野のモアイ像の写真立てだったからだ。
石川は、自ら茅ヶ崎が犯人ではないことを証言した。

犯人は村野、茅ヶ崎は無罪となった。
この件で山内は、川上の差し金で北海道へ出向となった。

 

 

99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ|第3話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」を見逃してしまった場合。
見逃し配信を「TBSオンデマンド」で視聴可能です。

 

視聴率はこのような感じです。

追記: 予定

第1話 15.1%
第2話 18.0%
第3話 16.2%
第4話 —
第5話 —
第6話 —
第7話 —
第8話 —
第9話 —
第10話 —

 

Sponsored Link

 

まとめ

 


◯ ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」の関連記事はこちら

■ 主題歌
Find The Answer(嵐)歌詞や発売日は?PVや視聴動画も

■ 第2話
99.9シーズン2期2018続編2話の視聴率とネタバレ!評判感想も

■ 第4話
99.9シーズン2期2018続編4話の視聴率とネタバレ!評判感想も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!