相棒16/2017続編2話犯人は弁護士慶子?風呂敷が鍵?視聴率と感想も

2017年10月26日2017秋ドラマ, 相棒16仲間由紀恵, 反町隆史, 水谷豊

ドラマ「相棒 season16」の第2話が放送されました!

主演に水谷豊さん、共演者に反町隆史さん、仲間由紀恵さんら豪華出演陣が集結!

主人公の杉下右京が相棒とともに、超人的な推理力と洞察力を駆使し活躍する刑事ドラマです。

第2話のゲストに田辺誠一さん、中村俊介さん、中村ゆりさんを迎えます。

こちらでは、ドラマ「相棒 season16」第2話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第2話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第1話
相棒16/2017続編初回1話視聴率と感想!映画みたいな映像で撮影方法が変わった?


 

Sponsored Link

 

相棒16|第2話の評判反応とあらすじ

 

相棒16|第2話の評判と反応

まずは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

 

相棒16|第2話のあらすじ

事故死に見せかけて3人の妻をあやめた平井(演:中村俊介さん)。

自白は強要されたものだと、無実を主張。

法務事務次官の日下部(演:榎木孝明さん)を後ろ盾に、捜査指揮権を掌握した検察官・田臥(演:田辺誠一さん)を使い特命係の二人を捜査から閉め出す。

その真意は、捜査権のない右京(演:水谷豊さん)と亘(演:反町隆史さん)が、指示に反し捜査をさせて違法行為とみなし立件すること。

田臥は、捜査一課の伊丹(演:川原和久さん)と芹沢(演:山中崇史さん)にも接近し、特命係を追い詰める算段をすすめる。

一方、右京と亘は決定的な証拠が見つからない中、平井の弁護士・慶子(演:中村ゆりさん)とコンタクトを取る。

事情を聞くとともに平井邸を見てまわる。

しかし伊丹達が姿をあらわし、違法捜査への警告を発する。

ここまでが第2話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

相棒16|第2話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

相棒16|第2話の感想とネタバレ

右京と亘は、捜査権がないため捜査資料も見せてもらえないハメになる。

だが右京はどうしても事件の真相が気になって、独自捜査を続ける。

右京は、1番目の妻で被害者・アヤの事故死の供述内容を思い出す。

ドライアーの根本を破損させてむき出しに、バスマットを濡らして電気が通りやすくし感電死。

続けて2番目のカヨコの事故死の供述内容も話し出す。

長い髪を利用し、指輪をプールへ投げ込み取りに行くように誘導、排水口に髪を絡ませ溺死。

3番目を話す前に場面がかわり、田臥は捜査一課の伊丹と芹沢とコンタクトを取る。

違法捜査で立件すると明かし、協力を要請。

一方、右京たちはボール遊びと称して、平井の家にラグビーボールを投げ込む。

慶子を呼び出し、屋敷に侵入する。

そして3人目のメグミの供述を思い出す。

浴衣を着るメグミはふらふらと歩き、おぼつかない様子。

階段にはテグスが仕掛けられていて、メグミを階段へ誘い込む。

企んだ通りテグスに足が掛かり、階段から転落死。

平井は、3人の妻たちを不要だからという理由で計画的にあやめる。

慶子と右京たちが会話していると、捜査一課の二人がやってくる。

捜査権がないことを警告しに来たのだ。

右京はトイレに行くという口実で、屋敷の内部を調査する。

寝室をくまなく調べる右京、ベッドの間に挟まる浴衣一式を発見する。

ちょうどやって来たほかのメンバーと合流した右京は、発見した浴衣一式を不審に思っていると話す。

現場検証が終わったあとに、浴衣一式がベッドに置かれたと気づく。

花の里の女将・月本を呼び出し、浴衣について聞く。

浴衣の品質について確認したかったようだ。

捜査一課は、田臥の言うとおり黙認せず一度警告し独自捜査を泳がせた。

亘は、青木を呼び出す。

脅されて強要されたとサイバーセキュリティ課のメンバーに思わせる、リスクヘッジだと説明する青木。

田臥は、特命係にやってきて情報を出せと言いだす。

右京は、浴衣一式の風呂敷についてと、推理を聞かせた。

右京曰く、1番目と2番目の供述は正しいが、3番目の供述がでたらめだと考えていると話す。

一方、平井と田臥の初対面でのやりとり、何か確認したいことがあるようだ。

3番目の供述がデタラメだったかどうかだった。

しかし平井は、それを言うなら3人共デタラメの供述だったと話す。

脅され強要された供述だったと。

特命係に社がやって来て、田臥について話す。

その後、慶子と右京たちが平井について会話。

平井が田臥に話したことを右京は全てわかっていた。

また平井から映像が届く、3件すべてが事故死であることを立証してくれと右京たちに頼む。

その見返りとして、右京たちの告訴を取り下げると言い放つ。

しかし、右京たちは平井の提案を断った。

慶子は、平井にこのことを話す。

平井は、起訴をどうにかできないか考える。

裁判員制度のため裁判員を買収できないか画策する。

しかし、慶子は無理だと話す。

平井は、いくらかかっても良いという。

判事も買収しないといけないのでハードルが高いと判断。

一方、右京たちは風呂敷について調べだす。

数日後、右京は慶子に電話する。

何かお願いがあるようだ。

平井の屋敷にて会う三人、そこには捜査一課の二人と青木が待っていた。

皮肉を言われつつ右京は、「何が始まるか見て行かれてはどうか」と勧めた。

どうやらビデオメッセージを右京が撮るようだ。

右京は1件目と2件目は計画的な犯行だが、3件目は突発的な犯行と話す。

使われていた小道具の品質からそう判断したようだ。

とくに風呂敷について、誰のものか探りを入れていた。

なんと風呂敷は、慶子のものだった。

浴衣についても平井のものではないと話す。

浴衣も慶子が調達したものだった。

大型スーパーグースにて購入したものである。

防犯カメラに慶子が映されていた。

メグミの転落死は、慶子が考えた筋書きだったと問い詰める。

慶子が犯人隠避の罪で逮捕された。

 

相棒16|第2話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「相棒 season16」の第2話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて第2話の視聴率はどうだったのでしょうか。

前回までの視聴率はこちら。

第1回 15.8%

追記: 2017年10月26日

第2話の視聴率は・・・16.6%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第2話についてお届けしました。


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第1話
相棒16/2017続編初回1話視聴率と感想!映画みたいな映像で撮影方法が変わった?


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!