相棒16/2017続編4話サヴァン症候群の被害者と犯人は講師?視聴率と感想も

2017年11月9日2017秋ドラマ, 相棒16仲間由紀恵, 反町隆史, 水谷豊

ドラマ「相棒 season16」の第4話が放送されました!

主演に水谷豊さん、共演者に反町隆史さん、仲間由紀恵さんら豪華出演陣が集結!

主人公の杉下右京が相棒とともに、超人的な推理力と洞察力を駆使し活躍する刑事ドラマです。

第4話のゲストに内田朝陽さん、西井幸人さんを迎えます。

こちらでは、ドラマ「相棒 season16」第4話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第4話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第3話
相棒16/2017続編3話犯人は菊池桃子で証拠はタバコ指紋?視聴率と感想も


 

Sponsored Link

 

相棒16|第4話の評判反応とあらすじ

 

相棒16|第4話の評判と反応

まずは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

相棒16|第4話のあらすじ

第4話のあらすじはどんなかんじでしょうか?

亘(反町隆史)が顔見知りになったコンビニの店員・森山健次郎(西井幸人)が殺害された。

捜査一課では、2年前に健次郎の証言で逮捕され、最近仮出所した窃盗犯・宍戸(菅原卓磨)が事件現場付近で目撃されているため、逆恨みの犯行ではないかと消息を追っていた。

亘に担ぎ出される形で捜査に乗り出した右京(水谷豊)は、健次郎の遺体の手に漢字の『中』と読める文字が書かれていたのが気になる。

そんな中、2人は金融コンサルタントをしている健次郎の兄・真一郎(内田朝陽)から話を聞く。

すると、事務員に中井小百合(久保陽香)という女性がいて、健次郎が一方的に好意を寄せていたことが分かる。

また、勉強が不得意だった健次郎が最近、大学で数学の講義を受けていたことも判明。

指導にあたっていた教授の中垣(山中敦史)と講師の服部(池田良)は、健次郎をなぜか「逸材」と評価していた。

次々と証言が集まるにつれて、右京は被害者の身に起きた、ある可能性を感じ始めるが…!?

浮かび上がる複数の容疑者と謎のメッセージ
真相を解く鍵は被害者の不思議な言動の中に!?
事件に潜む悲劇の方程式を特命係が解き明かす!

出典:公式サイト

ここまでが第4話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

相棒16|第4話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

相棒16|第4話の感想とネタバレ

亘が通うコンビニで顔見知りとなった店員・森山健次郎。

ある日、健次郎は殺害されてしまった。

 

健次郎は2年前に証言者になっていた。

その証言で逮捕されていた窃盗犯・宍戸。

健次郎が殺害された現場付近で、宍戸が目撃されていた。

捜査一課は、逆恨みに寄る犯行ではないかと考えて消息を追っていた。

 

亘に担ぎ出される形で捜査に乗り出す右京。

健次郎の遺体には、手に漢字の「中」と読むことが出来る文字が書かれている。

これはダイイングメッセージか。

 

そんな中、健次郎の兄で金融コンサルタントの森山真一郎から事情を聞くことになる。

事務員に中井小百合という女性がおり、健次郎が一方的に好意を寄せていたとのこと。

また、健次郎は勉強が不得意だったようで、大学で数学の講義を受けていた事も知る。

指導教授の中垣と講師・服部は、健次郎を何故か「逸材」と評していた。

モグリの学生として講義を受けていた健次郎。

健次郎は能力があることを見抜く、「瞬間的」に記憶し問題を解いてしまうという。

 

またダイイングメッセージを見せたら。

空集合、ファイ、ゼロスラッシュなどの記号ではないかという。

印刷工場で見つけた健次郎の勉強用ノートの問題を中垣に見せると動揺した。

 

宍戸の証言では、既に殺された後を目撃し怖くなって逃げ出したという。

宍戸の話からも健次郎の瞬間的記憶能力が明らかになる。

 

健次郎の能力というのは、共感覚だと右京が言う。

さらにその類まれなる能力から、後天的なサヴァン症候群であると推測。

 

大学へやって来た右京たちは、教授たちにあらためて健次郎の勉強用ノートを見せる。

これは入試問題なのでは?と右京が問う。

印刷所で働いていたため、健次郎が入試問題を盗んだと判断された。

 

右京は、真一郎の差し金なのではないかと本人に問う。

健次郎の盗んだ入試問題を利用し、資金難の会社を立て直そうとしたのではないか。

真一郎はとうとうそのことを認めた。

回想で健次郎は、ノートに入試問題を書き写していたが会社においてきたという。

健次郎に激しく怒る真一郎。

しかし、真一郎は犯人ではなかった。

 

右京たちは再度大学に訪れ、教授の中垣と講師・服部に入試問題に出題ミスがあると話す。

健次郎の手にかかれていたダイイングメッセージは、空集合だった。

解けない問題にパニックになった健次郎が、あてはまるものがないという意味の空集合を書いたのだった。

犯人は、講師の服部だった。

服部は、大学に才能を認められなかったことと給料が少なかったこと明かす。

犯行の動機は、健次郎に嘲笑われたと勘違いしたことと才能を嫉妬していたため。

そして真一郎も結局クズ野郎だった。

 

相棒16|第4話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「相棒 season16」の第4話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて第4話の視聴率はどうだったのでしょうか。

前回までの視聴率はこちら。

第1話 15.8%
第2話 16.6%
第3話 14.2%

追記: 予定

第4話の視聴率は・・・16.4%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第4話についてお届けしました。


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第3話
相棒16/2017続編3話犯人は菊池桃子で証拠はタバコ指紋?視聴率と感想も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!