相棒16/2017続編5話杉下右京のセリフがかっこいい☆視聴率と感想も

2017年11月16日2017秋ドラマ, 相棒16仲間由紀恵, 反町隆史, 水谷豊

ドラマ「相棒 season16」の第5話が放送されました!

主演に水谷豊さん、共演者に反町隆史さん、仲間由紀恵さんら豪華出演陣が集結!

主人公の杉下右京が相棒とともに、超人的な推理力と洞察力を駆使し活躍する刑事ドラマです。

第5話のゲストに南沢奈央さん、佐戸井けん太さん、六角精児さんを迎えます。

こちらでは、ドラマ「相棒 season16」第5話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第5話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第4話
相棒16/2017続編4話サヴァン症候群の被害者と犯人は講師?視聴率と感想も


 

Sponsored Link

 

相棒16|第5話の評判反応とあらすじ

 

相棒16|第5話の評判と反応

まずは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

相棒16|第5話のあらすじ

第5話のあらすじはどんなかんじでしょうか?

右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、警察学校で教官を務める元鑑識の米沢守(六角精児)から連絡を受け、校内で起きた“転落事故”の現場に臨場する。

意識不明の重体で病院に運ばれたのは、樋口(佐戸井けん太)というベテラン教官で、亘も指導を受けた人物。

独自の捜査を始めた右京と亘は、樋口の入院先で彼の娘・真紀(南沢奈央)と顔を合わせる。

真紀は所轄の刑事で、現在は電機メーカーの機密データを盗んだ後、死亡した男の事件を追っているという。

ところが、真紀は膠着状態になっているその事件の手掛かりを見つけたと言って、意識が戻らない父親を尻目に、捜査に戻ってしまう。

冷淡すぎる真紀の態度に疑念を抱く亘。

いっぽう、右京は、教官転落とデータ漏洩、ふたつの事件に関連があるのではないかと推理。

捜査を進めると、かつて刑事だった樋口が23年前にかかわった事件との奇妙な符合が発覚して…!?

警察学校で起きた教官の転落と機密漏洩事件に繋がりが?

それら2つの事件と23年前の事件の奇妙な符合とは!?

過去から現在へと繋がる難解な事件に特命係が挑む!

出典:公式サイト

ここまでが第5話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

相棒16|第5話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

相棒16|第5話の感想とネタバレ

右京たちは、警察学校で教官を務める元鑑識・米沢から連絡を受ける。

校内で起きた転落事故の現場に臨場する。

ベテラン教官・樋口が意識不明の重体。

病院に運ばれた。

 

樋口は、亘も指導を受けた人物であった。

右京たちは、独自に調査を開始する。

樋口の入院先の病院で娘・真紀と遭遇。

真紀は、所轄の刑事。

現在、電機メーカーの機密データを盗んだ後、死亡した男の事件を捜査中。

真紀は膠着状態になっているビジネスホテル変死事件の手がかりを発見。

意識不明の樋口を尻目に、捜査に戻る。

冷淡な真紀の態度に疑念を抱く亘。

樋口の生徒毛塚から、女性の姿をテラスで見たと話す。

その女性は、真紀。

 

真紀は、野田の息子が誘拐される映像を発見。

転落当時、樋口と真紀がテラスであっていたことから、

いっその事、真紀が犯人なのでは?と考える。

一方、右京は教官転落とデータの漏洩、二つの事件が関連すると推理。

捜査を進めると、かつて刑事だった樋口が、

23年前に関わった事件との奇妙な符合が発覚。

真紀は、樋口の養子だった。

 

桟原の名前を見ると、話をしだす真紀。

かつて犯罪を犯した男の娘。

23年前、真紀も「刺青の男」に拉致監禁されていた。

桟原は自殺として処理されたことに腹を立てる真紀。

 

そんな折、樋口の意識が戻る。

さっそくテラスから突き落とされた人物を聞く。

顔は見ていないが、真紀は犯人ではないと言う。

右京は、真紀と樋口の話を聞いていた第三者なのでは?

と問いかける。

面会は中断。

 

花の里、右京と亘。

芥川の「手巾(ハンケチ)」の話をする。

父が死ぬかもしれないそう思いながら気丈に振る舞う様子。

一方、机の下でハンカチを握りしめる真紀の様子をみて、

真紀は犯人ではないと右京は思った。

 

真紀から連絡。

樋口家の生徒の行動確認の書類を見てほしいと頼まれる。

久保田という入れ墨の男が事情聴取される。

暴力団の組織の男というのがわかる。

真紀がみた入れ墨と一緒だった。

5年前に死んだ赤松という兄貴分から入れ墨を受け継いだそうだ。

 

ビジネスホテル変死事件は、久保田が犯人ということになる。

樋口の転落事件に関しては、警察学校の生徒の疑いがでてきた。

オールウェイズエステートという会社に出入りしている生徒が怪しいと睨む。

 

以前道場で話した生徒・毛塚と再び会う。

23年前の事件は、犯人は赤松、共犯は毛塚の父。

ビジネスホテル変死事件、犯人が久保田。

樋口を突き落としたのは、生徒の毛塚。

右京「警察官をなめるんじゃない」と毛塚を叱る。

今回のビジネスホテル変死事件に真木は志願して捜査に加わった。

 

相棒16|第5話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「相棒 season16」の第5話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて第5話の視聴率はどうだったのでしょうか。

前回までの視聴率はこちら。

第1話 15.8%
第2話 16.6%
第3話 14.2%
第4話 16.4%

追記: 予定

第5話の視聴率は・・・14.6%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第5話についてお届けしました。


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第4話
相棒16/2017続編4話サヴァン症候群の被害者と犯人は講師?視聴率と感想も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!