相棒16/2017続編6話大河内ラムネ回犯人は父親で娘は自殺?視聴率と感想も

2017年11月29日2017秋ドラマ, 相棒16仲間由紀恵, 反町隆史, 水谷豊

ドラマ「相棒 season16」の第6話が放送されました!

主演に水谷豊さん、共演者に反町隆史さん、仲間由紀恵さんら豪華出演陣が集結!

主人公の杉下右京が相棒とともに、超人的な推理力と洞察力を駆使し活躍する刑事ドラマです。

第6話のゲストに山田純大さん、藤田宗久さん、松尾諭さんを迎えます。

こちらでは、ドラマ「相棒 season16」第6話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第6話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第5話
相棒16/2017続編5話杉下右京のセリフがかっこいい☆視聴率と感想も


 

Sponsored Link

 

相棒16|第6話の評判反応とあらすじ

 

相棒16|第6話のあらすじ

第6話のあらすじはどんなかんじでしょうか?

早見(山田純大)という元捜査二課の刑事が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた。早見の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係と禍根を残した弁護士の連城(松尾諭)だった。衣笠副総監(大杉漣)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるため、偽証した男の捜索を指示する。
右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、幹子が本当に自殺だったのか、警察の代表として裁判に出廷した大河内(神保悟志)と共同捜査を開始。通常ではありえない捜査方法だが、係争相手である早見と接触するという大胆な行動に出る。早見によると、幹子は何者からか脅迫を受けていたといい、当時彼女がかかわっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、不都合な真実を知ってしまったため、事件に巻き込まれたのではないかという。その証言を受け、問題の企業を調べた右京と亘は、経理データ改ざんの痕跡を見つけ…。
元刑事の妻の死は自殺か、それとも殺人か?
警視庁を震撼させる異例の裁判の行方は、
特命係と大河内監察官の三人に委ねられた!!

出典:公式サイト

ここまでが第6話のあらすじです。

 

相棒16|第6話の評判と反応

こちらでは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

みなさん様々な反応を示されています。

 

Sponsored Link

 

相棒16|第6話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

相棒16|第6話の感想とネタバレ

元捜査二課の刑事・早見が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まる。

早見の妻・幹子が半年前に歩道橋から転落死した件を

警察は自殺と断定して捜査を打ち切った。

しかし早見は殺人の可能性を主張。

その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった。

早見は、不当な処分とし損害賠償を請求。

早見の代理人は、以前、快楽殺人班の弁護を担当し、

特命係と禍根を残した弁護士の連城だった。

衣笠副総監は、あくまで処分は妥当だったと印象づけるため、

偽証した男の捜査を指示。

 

右京たちは、幹子が本当に自殺だったのか。

警察代表として裁判に出廷た大河内と共同捜査を開始。

通常ではありえない捜査方法だが、

係争相手である早見と接触するという大胆な行動に出る。

早見曰く、幹子は何者かから脅迫を受けていたという。

当時彼女が関わっていた大規模な経営戦略プロジェクトを通して、

不都合な真実を握ってしまった。

そのせいで事件に巻き込まれたのではないかという。

その証言を受け、問題の企業・繁田電産を調べた右京たち。

経理データ改ざんの痕跡を見つける。

脱税の疑いが出てきた。

また繁田電産では、顧問税理士・根岸が被害を受けた事件も起こっていた。

 

根岸の事件は未解決となっていた。

その3日後、幹子は転落死。

根岸は国税庁の人間。

国税庁のOBが脱税ということが引っかかる。

「私を殺すつもり」という幹子のセリフ。

主婦の証言は、確かなものだった。

幹子は、根岸に脅された。

根岸は何者かに突き落とされた。

それは幹子。

しかしもう一人の男性の足型がわからない。

右京は、松下が怪しいと睨む。

 

根岸は松下と先輩後輩で仲良し。

幹子は、根岸の脱税疑惑を告発。

根岸が松下に助けを求める。

松下は警察に圧力。

伊丹が捕まえた坂出、早見に恩があり偽証したと証言。

 

右京たちは、松下の家にやってきた。

幹子が何故なくなったのか?真相を明らかにするため。

松下は、幹子の告発をとめていた。

幹子の旦那は警察の立場。

見落とすことはできない。

やはり根岸を突き落とした現場に居たのは、松下。

正当防衛を主張しようと幹子は、出頭しようとしたが

繁田電産の脱税を触れられたくないため幹子を止める。

繁田電産と松下のつながりを隠すために。

根岸に脱税行為をやらせたのは松下。

幹子の転落死は、自殺だった。

幹子が亡くなる前まで、夫である早見のことを思っていた。

 

相棒16|第6話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「相棒 season16」の第6話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて第6話の視聴率はどうだったのでしょうか。

前回までの視聴率はこちら。

第1話 15.8%
第2話 16.6%
第3話 14.2%
第4話 16.4%
第5話 14.6%

追記: 予定

第6話の視聴率は・・・13.8%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第6話についてお届けしました。


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第5話
相棒16/2017続編5話杉下右京のセリフがかっこいい☆視聴率と感想も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!