相棒16/2017続編7話ダークウェブ回、犯人役の俳優は誰?黒幕は元相棒か

2017年11月30日2017秋ドラマ, 相棒16仲間由紀恵, 反町隆史, 水谷豊

ドラマ「相棒 season16」の第7話が放送されました!

主演に水谷豊さん、共演者に反町隆史さん、仲間由紀恵さんら豪華出演陣が集結!

主人公の杉下右京が相棒とともに、超人的な推理力と洞察力を駆使し活躍する刑事ドラマです。

第7話のゲストに伊武雅刀さんを迎えます。

こちらでは、ドラマ「相棒 season16」第7話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第7話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第6話
相棒16/2017続編6話大河内ラムネ回犯人は父親で娘は自殺?視聴率と感想も


 

Sponsored Link

 

相棒16|第7話の評判反応とあらすじ

 

相棒16|第7話のあらすじ

第7話のあらすじはどんなかんじでしょうか?

派遣社員の中年男性が遺体で発見される事件が発生。付近に落ちていた携帯電話には、犯人と思しき男が映った動画と、“ダークウェブ”と呼ばれるネット内の裏社会にアクセスした痕跡が残されていた。また、同じ携帯から別の殺人への関与が疑われる動画も見つかり、警察は携帯の持ち主が一連の事件の犯人と見て捜査を始める。右京(水谷豊)と亘(反町隆史)も独自に動き出すが、もう一人、事件に興味を抱いている人物がいた。南井(伊武雅刀)というその男は、元スコットランドヤードの刑事で、ロンドンでは右京の相棒だったという切れ者。今回の事件に関しても、犯人像を的確にプロファイリングし、亘を驚かせる。そんな中、動画に映っていた“犯人と思しき男”の身元が判明。その住居から大麻が発見される。どうやら男は、ダークウェブで大麻や拳銃を売りさばいていたらしいが、“商品”の入手先は謎。それでも、右京と亘はわずかな手掛かりから男のアジトにたどり着くが、そこで衝撃の光景を目撃することになる。
深い闇に覆われた事件に翻弄される捜査本部
二転三転する連続殺人事件の真犯人は誰なのか!?
かつての相棒との推理対決で右京が想定外の結末にたどり着く!!

出典:公式サイト

ここまでが第7話のあらすじです。

 

相棒16|第7話の評判と反応

こちらでは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

みなさん様々な反応を示されています。

 

Sponsored Link

 

相棒16|第7話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

相棒16|第7話の感想とネタバレ

派遣社員の中年男性・西田の遺体が発見される。

付近には、携帯電話が落ちている。

携帯には、犯人と思わしき男の映った動画がのこされていた。

またダークウェブと呼ばれる、ネットの闇部分にアクセスした痕跡もあった。

同じ携帯から別の殺人への関与が疑われる動画も見つかる。

何故か毎度、時計が映し出されている。

携帯の持ち主が一連の事件の犯人と見た警察。

持ち主の捜査を開始する。

 

右京たちも独自に捜査を開始する。

もう一人、事件に興味をいだいている人物・南井がいた。

南井は、元スコットランドヤードの刑事。

ロンドンでは右京の相棒だったという過去がある。

かなりの切れ者とのこと。

今回の事件に関しても、的確に犯人像をプロファイリングする。

犯人は「ごく普通の顔をした人」。

それには、亘も驚きを隠せない様子。

 

そんな中、動画に映っていた犯人と思わしき男の身元が割り出される。

男の名前は、平岡尚道。

その人物の住居には、大麻が発見される。

男は、ダークウェブを利用して大麻や拳銃のブローカーをしていた。

しかし商品の入手先は不明だった。

右京たちは、僅かな手がかり給水塔を頼りに、男のアジトへたどり着く。

 

アジトには、大麻や拳銃が大量に見つかる。

そこには、平岡の変わり果てた姿があった。

死因は、ハンマーで殴られたあとナイフで刺された出血死。

平岡の遺体から西田の血痕が採取された。

実は、携帯の持ち主やダークウェブを利用していたのは西田だった。

西田の件が死後送検という扱いになる。

 

右京は、携帯電話のことが腑に落ちないとしている。

西田の息子・真人に再度携帯の持ち主について聞く。

やはり見覚えがないという回答。

 

平岡のマンションをもう一度捜査。

右京は、防犯カメラの映像や位置をくまなくチェックする。

 

右京は、平岡でも西田でもなく第3の人物の線を考える。

違法なモノを供給できる人物。

防犯カメラの映像は、前日のものと入れ替えられたものだった。

その人物は、押収品の管理をしていた刑事・土村。

はじめは純粋な捜査でダークウェブを調べていた。

調べている内に興味を持ち、私的にダークウェブを利用するようになる。

押収品の中から違法な薬物などを横流し。

やめられなくなっていた。

平岡によって逆探知され、土村はすべての個人情報がばれる。

真相を隠すため平岡を始末することに。

良い方法が思いつかない時に、ダークウェブで謎の人物からアドバイス。

横流ししたカネを払えば、良い方法を売るという。

顔も名前も何もわからない人物。

アプリを通してやり取りをしていた。

アプリを利用するためのログインパスワードが気にかかる亘。

以前何処かで見たパスワードだったようだ。

 

右京は、アプリを使いアクセス。

犯人に個人情報がバレる。

だがアクセスしたのは、わざとだった。

真相を犯人相手に話し出す。

連続殺人事件を西田のせいにして、平岡と西田を仲違いさせたようにみせる。

犯人は、西田の息子・真人(深澤嵐さん)だった。

キーになったのは、パスワードの数字だった。

真人は、更生保護施設に入れられる予定だった。

パスワードは、その郵便番号。

真人は、連行されたあとにトイレで精算カプセルを噛み自死。

連行されているとき、スマートウォッチにメッセージ。

自身を肯定するメッセージが送られてきたのだった。

それを見て涙を流す真人。

それが自死に至った要因であると右京が話す。

黒幕は、元相棒か!?

 
 

相棒16|第7話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「相棒 season16」の第7話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて第7話の視聴率はどうだったのでしょうか。

前回までの視聴率はこちら。

第1話 15.8%
第2話 16.6%
第3話 14.2%
第4話 16.4%
第5話 14.6%
第6話 13.8%

追記: 予定

第7話の視聴率は・・・13.5%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「相棒 season16」の第7話についてお届けしました。


◯ ドラマ「相棒 season16」の関連記事はこちら

■ 第6話
相棒16/2017続編6話大河内ラムネ回犯人は父親で娘は自殺?視聴率と感想も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!