彩瀬まるの経歴と年収や代表作品のおすすめは?結婚や出身高校も調査

2017年12月22日有名人

日本文学振興会主催の芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補作品が発表されました。
今年で第158回目となり、10名の作家がノミネートされています。

どの小説家さんもとても深い作品を手がけられていて今から誰が受賞するのか楽しみです!
候補作家の中で彩瀬まる(あやせまる)さんという女性がいらっしゃいます。

いったいどんな人物なのでしょうか。
とても素晴らしい経歴の持ち主でしょうね。

こちらでは、彩瀬まるさんの経歴や年齢、出身大学や高校などwikiやプロフィール。
また小説など著書・文庫の代表作品のおすすめはどこで読めるのか?購入方法など。
そして素敵な男性とのお付き合いや結婚歴について迫りたいと思います。

今回は、彩瀬まるさんについてご紹介させていただきます!


■ 2017年下半期 第158回直木三十五賞の発表についてはこちらです。
直木賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

Sponsored Link

 

彩瀬まる|wiki風プロフィール

 

彩瀬まる|どんな人物?

彩瀬まるさんとは、いったいどんな人物なのでしょうか。

1986年1月25日生まれの年齢31歳(2017年12月時点)。
干支はとら年、星座はみずがめ座、血液型は不明。

千葉県の千葉市の生まれ。
2010年あたりに埼玉県に在住となっています。

職業は、小説家をされています。
小さい頃から小説が好きだったそうです。

楽しいときも辛い時も小説たちが寄り添ってくれていました。
そんな小説を宝物と形容しています。

いろんな物語を味わったり、他の人の思想に触れる瞬間が幸せと感じていたようです。
いつしかその物語を作る行為に、彩瀬まるさんも関わりたいと思うようになったのだとか。

小説を初めて書いたのは、十代のころからでした。
最初は上手くいかなかったけど、友人に褒められ自分を鼓舞し技術を磨いてきたそうです。

物語を書く行為を深い森の迷子と表現しています。
これから先も永遠に続く迷子をし、深い森に立ち向かっていくとしています。

最近は、川辺に出没する野良ウサギを眺めたり、深夜にからあげる。
という変わった習慣があると話しています。

大学卒業後に、小売会社勤務をしていました。
つまりオフィスレディの時代が会ったということですね。

その後、2010年に「花に眩む」を執筆。
第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞されました。

その後、2016年「やがて海へと届く」で第38回野間文芸新人候補になりまいた。
2017年には「くちなし」で第158回直木三十五賞の候補に挙がっています。

2017年下半期 第158回直木賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

彩瀬まる|出身高校

20代から小説家として活動していた彩瀬まるさん。
どちらの高校に通っていたでしょうか。

彩瀬まるさんの出身地が千葉県の千葉市。
なので地元の中学校・高等学校に通っていたと思います。

中学校や高校名はあきらかになっていません。
わかり次第追記します。

追記:2017年12月21日
高校は、渋谷教育学園幕張高校という情報を頂きました!
渋谷幕張と略称されているこちらの学校は、正式には渋谷教育学園幕張中学校・高等学校といって共学の一貫校です。
だとすると中学校も同じ学校の可能性がありますね。
もしくは、高校進学時に外部から入学した可能性があります。

ちなみに中学校の頃はじめてやったシミュレーションRPGがあるようです。
それは、FFタクティクス。

なにもかも手探りで進めた挙げ句ゴルゴラルダ処刑場でボコボコにされたそうです。
三十回くらいはリトライしたとはなしています。

ボコボコにされながらも楽しかったという想い出とのこと。
十数年たったいまもそのステージを思い出し、知識ゼロでまたやりたいと話しています。

こういうエピソードがあると、ゲームやアニメなどに興味があったんだなぁと思いました。
小説の物語もサブカルチャーの内容を取り入れて、想像を膨らませているんでしょうね。

高校卒業後は、上智大学文学部に進学。
上智大学は、1928年に設置された東京都千代田区に本部を置く私立大学です。

上智大学文学部の偏差値は、65です。
彩瀬まるさんは、昔から頭が良かったのでしょうね。
大学卒業後、小売会社に勤務していました。

 

Sponsored Link

 

彩瀬まる|代表作品と年収や結婚

 

彩瀬まる|代表作品と年収

学生時代から頭が良かった彩瀬まるさん。
小説の著書や文庫など代表作は、どのような作品があるでしょうか。

◯ 2010年 – 「花に眩む」第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞受賞作品。

◯ 2016年 – 「やがて海へと届く」第38回野間文芸新人賞候補作品。

◯ 2017年 – 「くちなし」第158回直木三十五賞候補作品。

このほかにも数多くの小説、ノンフィクション、アンソロジーなどの作品が出版されています。

また小説家として働いている彩瀬まるさん。
どのくらい稼いでいるのでしょうか。

小説家の平均年収はピンきりですが、100万~400万円と言われています。
ベストセラー作家になると1000万~億単位にも膨れ上がるそうです。

そう考えると彩瀬まるさんの年収は、だいたい平均値になるのではないでしょうか。
ほかにも副業をされていれば話は変わってきますが、おおよそはそのくらいの年収だと思われます。

2017年下半期 第158回直木賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

彩瀬まる|結婚

数多くの代表作品を出版された彩瀬まるさん。
素敵な男性との出会いや結婚はされているのでしょうか。

どうやら素敵な旦那様とすでに結婚されているようです。
入籍日や披露宴などの日は、公開されていませんでした。

しかし彩瀬まるさんのSNSでは、素敵な旦那様との日常が綴られています。
さすが小説家さんだけあり、つぶやきをいくつか拝見しましたが面白いものばかりでした。

また素敵な旦那様との間に、可愛い女の子を出産されているようです。
2017年時点で2歳になる娘がいるそうです。

可愛い娘さんとアンパンマンを一緒に見ている彩瀬まるさん。
とても良いお母さんなんだなと思いました。

お母さんとしても小説家としても妻としてもがんばっている彩瀬まるさん。
直木三十五賞をゲットしたら、小説家として更に箔が付きますね!

 

まとめ

第158回直木三十五賞候補の彩瀬まるさん。
素敵な旦那様や娘さんら家族に囲まれながら、見事な物語を執筆されています。

直木三十五賞を受賞したら本もたくさん売れるでしょうし、これから忙しくなりそうですね!


■ 2017年下半期 第158回直木三十五賞の発表についてはこちらです。
直木賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう