BG身辺警護人2話キムタクのドラマ視聴率やネタバレは?評判や感想も

2018年2月2日2018冬ドラマ, BG~身辺警護人~斎藤工, 木村拓哉, 江口洋介, 石田ゆり子, 菜々緒, 間宮祥太朗

ドラマ「BG-身辺警護人-」の第2話が放送されました。
主演・木村拓哉さん、そのほか石田ゆり子さん、江口洋介さん、斎藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太朗さんなど豪華メンバーが出演。

 

命を左右する緊迫した状況に丸腰で立ち向かうボディーガード。
様々な人々の思惑が交差する濃密な人間ドラマです。

 

主題歌は第2話の段階では、未定です。

 

いったいどのような物語なのでしょうか。
とても気になるストーリーですよね。

 

こちらでは、ドラマ「BG-身辺警護人-第2話の視聴率や評判と反応。
またあらすじやネタバレと感想、見逃し無料配信動画視聴サイトなどについても迫りたいと思います。

 

今回は、ドラマ「BG-身辺警護人-」の第2話についてご紹介させていただきます!

 


◯ ドラマ「BG-身辺警護人-」の関連記事はこちら

■ 見逃し無料配信動画視聴サイトの詳しい情報は、こちらからどうぞ。
BG身辺警護人キムタク2話1月25日見逃し無料配信動画は?再放送も

■ 第1話
BG初回1話キムタクのドラマ視聴率やネタバレ!木村は老けた?評判も

■ 第3話
BG身辺警護人3話キムタクのドラマ視聴率やネタバレは?評判や感想も


 

BG-身辺警護人-|第2話の評判反応とあらすじ

 

BG-身辺警護人-|第2話のあらすじ

こちらでは、ドラマ「BG-身辺警護人-」のあらすじをご紹介させていただきます。

 

 

 人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
 裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。
 夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…?

 やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる…。判決まで残り24時間!狙われているのは、夫か、それとも…!?

出典:公式サイト

ここまでが第2話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

BG-身辺警護人-|第2話の評判反応

こちらでは、ドラマ「BG-身辺警護人-」を観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

みなさん様々な反応を示しているようです。

 

Sponsored Link

 

BG-身辺警護人-|第2話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

BG-身辺警護人-|第2話の感想とネタバレ

人権派で知られる裁判官・行永辰夫の自宅で自転車に放火される事件が発生。
一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。

裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美にはSPがつかないため、彼女の警護は章ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。
しかし相変わらずSPの落合は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて・・・」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。

夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆを小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。
さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付いた。

やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる。
判決まで残り24時間と迫るが狙われているのは夫か、それとも・・・。

 

立原は前回の事件で専任SP清田の表情が固いことを気にかけていた。
そのことを落合に変えてもらうよう頼む。

しかし緊急の警護が入ったので、代わることは出来ないと言われる。
そうすると章のことを雇おうかと皮肉を言う。

一方、亜佐美に振り回されているまゆ。
章が長年の経験からほかの目的があり一人になりたがっているのではと予想。

先程の視線と何か関係があるのだろうか。
そんな中、村田は高梨を再度加入させようと説得を続ける。

しかし聞く耳を持たない高梨、村田を一瞥して仕事に戻る。
まゆと章がゴールの見えない会話をしていると亜佐美を見失う。

出口から出てくる亜佐美は、何か急いでいるような感じだった。
亜佐美は辰夫のことを面白くないおじさんと形容し、自宅にいられると窮屈であると話す。

そして1時間だけ一人にして欲しい、人と会う約束をしていると章に頼む。

 

横鉄不動産の営業マンと会う約束をしている。
都心のマンションへ引っ越し予定のため会っていると話す。

しかし実際には、イケメンにあいたいだけとまゆは考えた。
章は、購入した靴の紙袋を亜佐美がもっていないことに気づく。

美容室によったときからその紙袋がなくなっていた。
また営業マンとは、トラブルが合ったような感じで別れた。

質問攻めにしている章に憤る亜佐美。
燃やされた自転車が亜佐美のであることから亜佐美が狙われているのではないかと考える。

そんな章を亜佐美は、不愉快だとクビにする。

章は、クビにされたことを直接、辰夫に説明することに。
章の代わりに沢口が代理でバックに入ることになる。

章は、クビにされた経緯を報告するため辰夫の書斎に入る。
辰夫のSPたちは、中で何を話しているのかわからないためヤキモキする。

 

不動産の営業マンと会ったあと亜佐美の様子がおかしくなった。
辰夫に章が、亜佐美がねらわれているのでは?と問う。

しかし辰夫は、その疑念も思い過ごしではと話す。
章が帰り際、相手の男の年齢や結婚歴を探る辰夫。

なんと章たちを雇ったのは、亜佐美を守ることではなく。
亜佐美の行動を監視する目的であった。

裁判官である以上、探偵などで素行調査を頼むことが出来ない。
仕事として亜佐美の行動を監視するためだった。

亜佐美の行動に振り回されていては、裁判官の仕事はできない。
その決意を知った章は、不動産の営業マン三上のことを話す。

辰夫が現在の裁判で扱っている殺人事件の関係者ではないかと考え、タイムリミットを設け亜佐美を連れ戻すことになる。
スーパーで買い物中、突然浅みが仮病を使いうずくまる。

騒ぎを聞き駆けつけた警備員たちの相手をしているまゆや沢口。
その隙きに亜佐美が走り逃げ出した。

周囲を捜索するまゆのもとに章が再び戻ってくる。

 

辰夫家では、落合が気になリ辰夫に章のことを聞く。
しかし辰夫は、何も話さなかった。

一方、携帯も繋がらず亜佐美の征くへは知れず。
まゆ、沢口、章は、責任を感じている。

章は、以前の失敗からコトの重大さを再確認した。
決意を新たに、亜佐美の捜索を再開する。

レガーロ成城へたどり着いた章。
亜佐美から聞かされていた三上の情報は嘘だった。

章を追跡する三上、村田から情報を聞いている章の様子をうかがう。
亜佐美の居場所にたどり着いた章。

レガーロ成城の貸倉庫に一人、亜佐美のプライベートルームとなっていた。
靴やバック、服など亜佐美のものばかりが並べられている。

さらに「裁判官の妻」という窮屈な状況から逃げるために借りていると話す。
章は、亜佐美の話を聞きながら、貸し倉庫は三上の不動産会社のものであると気づく。

 

BGでは、高梨が村田のもとへ身辺警護を辞めた理由を話に来た。
また章のことを強く否定して、村田に振り回されるなと警告。

行永家にやってくる村田、落合の取次で辰夫と会う。
放火犯は、不動産の営業マンと三上だった。

三上は1年前のストーカー事件の被害者の家族であった。
大谷という女性のお腹に子供が居て、婚約相手は三上だった。

押さえ込んだ自分を倉庫にしまったままでいる亜佐美。
章に説得されてもさらけ出して行永家に帰れないと話す。

しかし三上のことを話すと、逆恨みのことを理解し自宅へ帰ることを決意。
なれないハイヒールで走れないので、章がお姫さまだっこする。

エレベーターに乗り降りるが、途中トラブルで止まる。
レガーロ成城の管理会社である不動産の営業マン三上による操作によるものだった。

窮地に立たされた亜佐美は、自分らしさを取り戻すために買ったヒールにあたる。
エレベーターが動き出しとある階に到着。

そこには三上が、ハンマーを両手に持ち襲い掛かってきた。
いくたの攻撃を交わしつつ、なんとか取り押さえる章。

1回に到着し、扉が開くと警察らの手によって三上は取り押さえられる。
「その人も被害者なんだよ」と途切れそうな声で章がいう。

三上は、死んだ婚約者の名前を叫びながら連行されていく。
無事に帰宅した亜佐美は、旦那に謝る。

 

SP落合に今回の事件を皮肉交じりに賞賛される。
章は、「武器なんかないほうが強くなれるんです」と走り出す車に叫ぶ。

辰夫は、本当の自分を章にぶちまけようとしていた。
章は、すべてわかっていて「そこからさきは奥さんと」とだけ言いその場を去る。

亜佐美が買った自分らしさの象徴であるハイヒールを「かっこいいな」と不器用に褒める辰夫。
亜佐美は「下手な褒め方ね」と辰夫を抱きしめ和解。

辰夫と亜佐美はお互い泣いる。
裁判官から人間らしさを垣間見た瞬間だった。

 

一方、BGに高梨が戻ってくることになった。
章は退社後、ハイライトの眩しい謎の車に負われる。

その車から降りてきた人物は、立原だった。
プライベートな警護を頼みに来たのだった。

SPに知られずに会いたい相手がいるのだ・・・と。
章はすぐに返答せず、会社を通すように提案しその場を去る。

帰宅した章は、瞬にボディーガードを再び始めたことを報告。

 

 

BG-身辺警護人-|第2話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「BG-身辺警護人-」を見逃してしまった場合。
見逃し配信を「U-NEXT(ユーネクスト)」で視聴可能です。

 

■ 31日間無料トライアル中で、以下の特典が受けれます。
特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600円分のポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

 

■ 見逃し無料配信動画視聴サイトの詳しい情報は、こちらからどうぞ。
BG身辺警護人キムタク2話1月25日見逃し無料配信動画は?再放送も

 

ドラマ「BG-身辺警護人-」だけではなくても人気の映画、ドラマ、アニメも対応しているものなら見放題です。
ぜひ一度、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

視聴率はこのような感じです。

追記: 予定

第1話 15.7%
第2話 15.1%
第3話 —
第4話 —
第5話 —
第6話 —
第7話 —
第8話 —
第9話 —
第10話 —

 

Sponsored Link

 

まとめ

 


◯ ドラマ「BG-身辺警護人-」の関連記事はこちら

■ 見逃し無料配信動画視聴サイトの詳しい情報は、こちらからどうぞ。
BG身辺警護人キムタク2話1月25日見逃し無料配信動画は?再放送も

■ 第1話
BG初回1話キムタクのドラマ視聴率やネタバレ!木村は老けた?評判も

■ 第3話
BG身辺警護人3話キムタクのドラマ視聴率やネタバレは?評判や感想も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!