ドクターX5第8話西山は内神田会長の隠し子で息子?ネタバレと動画も

2017年12月1日2017秋ドラマ, ドクターX5Superfly, 米倉涼子

ドラマ「ドクターX5シリーズ」の第8話が放送されました!

主演に米倉涼子さん、共演者に西田敏行さん、草刈正雄さんら豪華出演陣が集結!

主題歌はSuperfly(スーパーフライ)さんのと「ユニゾン」と「Force –Orchestra Ver.-」が抜擢されました。

あなたも「わたし、失敗しないので。」と、言ってみたくなったのではないでしょうか?

こちらでは、ドラマ「ドクターX5シリーズ」第8話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「ドクターX5シリーズ」の第8話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「ドクターX5シリーズ」の関連記事はこちら

■ 主題歌
Superfly「ユニゾン」歌詞や発売日とPV視聴動画は?ドクターX5主題歌

■ 第7話
ドクターX5第7話マッサンパロのシャーロット回?ネタバレと動画も


 

Sponsored Link

 

ドクターX5シリーズ|第8話の評判反応とあらすじ

 

ドクターX5シリーズ|第8話のあらすじ

第8話のあらすじはどんな感じでしょうか。

 元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったという。
 その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況…。ところが、ここで不測の事態が起こる。何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)が執刀医に立候補したのだ! だが、今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされる。それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。執刀医は未知子に決定する。
 しかし、ここで思わぬ壁が立ちはだかる。なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ…! 内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更するよう命令。さらに、未知子は病院を解雇されてしまう!
 当然のごとく、納得のいかない未知子。そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る!

出典:公式サイト

ここまでが第8話のあらすじです。

 

ドクターX5シリーズ|第8話の評判と反応

こちらでは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

みなさん様々な反応を示しているようですね。

 

Sponsored Link

 

ドクターX5シリーズ|第8話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

ドクターX5シリーズ|第8話の感想とネタバレ

元大臣秘書官・八雲が記者会見を開く。

とある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいした事実を告発する。

八雲は、肝外発育型肝細胞がんであると診断されていた。

根治手術は不可能で、死を覚悟していた。

死の間際に、正義を貫いてこの世を去ろうとしたのだ。

 

蛭間は、八雲を広告塔に仕立て上げようと目論む。

八雲は、東帝大学病院に入院。

最高レベルの技術が不可欠であり、大門以外に考えられない状況。

そこへなんと、新米外科医・西山が執刀医に立候補した。

しかし今回のオペは、実際に切って見ないと大門にもわからない手術であった。

オペ中の臨機応変差が要求される案件だった。

そのため、大門も医局の面々も西山には無理であると判断。

大門を執刀医に決定する。

 

しかし、ここで問題がでる。

八雲が告発した人物らは、日本医師倶楽部会長・内神田の友人だった。

内神田に釘を刺され、執刀医を海老名に変更する蛭間。

さらに大門を病院から解雇してしまう。

 

西山は、大門に自分がオペをすると告白。

「この病院は腐ってる」。

西山は、患者を救いたいその一心だった。

手段を選ばないとまで言い放つ。

 

そんな中、告発の文章が病院内に広がる。

内容は、大門に散々オペをさせ病院側がやったように隠蔽工作してきた。

その事実を公表するというもの。

犯人は、西山か。

 

西山は、八雲のオペを勝手に始めてしまった。

「上の許可はもらっている」。(内神田のことか?)

西山は、大丈夫だと周りの医師たちに言う。

そこへ大門がやってくる。

蛭間は、大門を助手として頼んだのだった。

術式を続ける西山、まさかのミス。

大門は、居ても立ってもいられず執刀医を代わる。

西山のミスをカバーし、術式が続けられる。

オペは、見事に成功。

 

大門は、西山を呼び出す。

「完璧じゃないままオペをはじめた」

そのことを大門は、怒っていた。

西山は、自分は内神田の息子であることを明かす。

外科医の女性・君枝と内神田の間の子だった。

その後、内神田は、学部長の娘である現在の妻と結婚。

そして君枝は、ひとり乳がんで死んだ。

このことをリークしない代わりに、八雲のオペを任せるように仕向けたのだった。

「患者は失敗されたら次は無い、だから医者は絶対に失敗しちゃいけない」。

そう言い残し去る大門。

 

内神田のもとにやってくる神原。

メロンと請求書を持ってきた。

内神田は、西山のオペに大門を助手につけろと命令していた。

それは西山が可愛い息子だったから。

オペを失敗し、医師として傷つけるのを避けるためだった。

 

八雲は、命が助かってしまったので、告発はやめることにした。

それは自分の地位を守るための行動だった。

森本は、うちの病院にも妖怪がいる。

FAXが送られてきたのは、薬品庫の番号からだった。

防犯カメラに映ったのは、海老名だった。

海老名は、他人の空似とごまかす。

難しいオペから逃げつために、告発文をばらまいたのだった。

 

西山は、内神田が君枝に送った腕時計をつけていた。

君枝の応援で西山は医者になったと内神田に話す。

君枝は、西山に内神田の様な医者になってほしかったようだ。

そのことを聞いた内神田は、これから外科医として便宜を図る約束をする。

しかし西山は、「ふざけんな」と一蹴。

「権力はくだらない」と言い腕時計もその場に置き、内神田から去る。

西山は、大門のような医者を目指すこと。

それが自分の道だと確信し、決意したのだった。

 
 

ドクターX5シリーズ|第8話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ」の第8話を見逃してしまったというあなた。

大丈夫です!

ドクターXシリーズの見逃し配信は「U-NEXT」で視聴することが出来ます。

シーズン5だけではなく、以前のシリーズも観ることが出来ますよー!

■ 31日間無料トライアル中で、以下の特典が受けれます。
特典1:31日間無料で見放題!(対象:見放題動画・読み放題雑誌)
特典2:600ポイントプレゼント!(対象:新作・コミック・書籍)

 

 

さて第8話の視聴率はどうだったのでしょうか。

前回までの視聴率はこのような感じです。

第1話 20.9%
第2話 19.6%
第3話 19.0%
第4話 19.1%
第5話 20.8%
第6話 20.7%
第7話 20.1%

追記: 予定

第8話の視聴率は・・・20.6%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「ドクターX5シリーズ」の第8話についてお届けしました。


◯ ドラマ「ドクターX5シリーズ」の関連記事はこちら

■ 主題歌
Superfly「ユニゾン」歌詞や発売日とPV視聴動画は?ドクターX5主題歌

■ 第7話
ドクターX5第7話マッサンパロのシャーロット回?ネタバレと動画も


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!