土俵は女性禁止は何故?大臣でも乱入してはいけない理由とは何?

スポーツ

女性が土俵に上がれない理由は何でしょうか。
大相撲舞鶴場所で舞鶴市長が挨拶中に土俵の上で倒れられました。

人命救助にあたった女性が土俵に上がるとアナウンスで「女性は土俵から降りてください」とメッセージが・・・。
いったい何故土俵に上がってはいけないのでしょうか。

土俵は女性禁止は何故?

簡単に説明すると国技のしきたりで、「大相撲は神事に基づき女性は土俵に上げない」という伝統があるからです。
正直、「え?それだけ?」と思いました。

伝統を守るため人が亡くなっても構わないのでしょうか?
わたしは伝統より人命だと思います。

たまたま人命救助にあたった救命士が女性だったことで発覚しました。
今回の件を受けて「女性差別」ではないかと批判が相次いでいます。

Sponsored Link

女性が大臣の時はどうなるのか

女性が大臣の場合でも上がれないようです。
キャリアを積んだ女性でも「しきたり」の前ではただの女性なんだとか。

そもそも女性には生理があって、仏教で「血液」が不浄なものとされているのも不思議でしょうがないです。
みんな女性から生まれてくるのに、それを穢れって言われても・・・。

確かに土俵は神聖なものかも知れません。
ですがヅカヅカと乱暴に挙がるわけではないし、今の時代にあがってはいけないのはなんか「う~ん」と考えさせられますね。

Sponsored Link

救命女性侵入で賛否

土俵上であいさつしていた多々見良三京都府舞鶴市長は、日本の医師でもある方です。
その市長に心臓マッサージを施していた女性や他の女性に「降りてください」とアナウンスが有りました。

なぜその様なアナウンスが行われたのか。それは以下の通り。

実行委員会は「会場に待機していた消防署員と措置を交代したのでアナウンスが行われた」

しかしもう少しものの言い方があったのではないでしょうか。
AEDを持ってきた消防署員らが来たのでとしっかりアナウンスするべきだったと思います。

周りの人たちもなんで女性だけ?と思ったのではないでしょうか。
もしかしたらまわりの人も「土俵は神聖な場所だから」と思ってアナウンスも当然と思っていたのでしょうか。

ネット上では、「相撲界は命より規制優先」と厳しい目で見られています。
もう少し状況を考えてアナウンスを提案したほうが良かったのではないでしょうか。

追記:2018年4月4日

他の観客からクレームがあったからアナウンスが入ったとも噂があるようです。
また女性を上がらせたくないなら男性の医者を常に置いておくべきとの声もあがっていました。

たしかに男性の医者を置いておけば今回の様な嫌な雰囲気にならずに済みそうですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は、土俵に女性があがってはいけない理由についてお伝えしました。
しかし相撲業界はなんだか嫌なニュースばかりですね。
どうかもう少し日本の誇れる国技に戻ってもらいたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう