にっぽんど真ん中祭り2017の日程やスケジュールは?屋台のメニューと値段も

イベント8月

にっぽんど真ん中祭り 通称:どまつり が今年も開催されます。

日本のど真ん中の愛知県名古屋市でおこなわれる日本最大級の踊りのイベントです。

観客動員数ゼロで全員が参加して踊りあかすコンセプトのもと、見て踊って楽しいお祭です。

中でも名物「総踊り」は、ギネス世界記録に認定されるほどの賑わいです。

踊りての衣装が色鮮やかでまるで会場全体が、ファンタジー映画の中にいるような素晴らしい光景を楽しめる空間となっています。

また屋台の出店グルメも舌鼓を打てるほど美味しいメニューが充実しています。

としたらにっぽんど真ん中祭り日程やスケジュール会場までのアクセス方法屋台の出店ブースの場所とメニュー・値段 などが気になりますよね。

今回は、「第19回 にっぽんど真ん中祭り 2017」についてお届けします!

 

Sponsored Link

 

にっぽんど真ん中祭りの日程スケジュールと会場アクセス

にっぽんど真ん中祭りの日程やスケジュール、会場までのアクセス方法をまとめました。

ぜひとも参考にしてみてください。(*^^*)

 

開催期間と日程スケジュール

 

◯ 開催期間
2017年8月25日 ( 金 )
2017年8月26日 ( 土 )
2017年8月27日 ( 日 )

◯ 開催時間
8月25日 ( 金 ) 9 : 00 ~ 21 : 30
8月26日 ( 土 ) 9 : 00 ~ 21 : 30
8月27日 ( 日 ) 9 : 00 ~ 21 : 30

◯ 開催場所
久屋大通公園会場 他 ( 全20会場 )

1.久屋大通公園会場 メインステージ
2.久屋大通公園 光の広場会場
3.ご当地ぐるめぱーく会場
4.久屋大通公園会場『第10回どまつりジュニア大会』
5.大津通パレード会場 東コース
6.大津通パレード会場 西コース
7.ナディアパーク矢場公園会場
8.栄小公園会場
9.名古屋駅前会場
10.名古屋駅前 JRタワーズガーデン会場
11.大須観音会場
12.中川・荒子公園会場
13.鳴海パレード会場
14.どえりゃ~どうとく パレード会場
15.三河安城フェスタ会場
16.名古屋駅西銀座通パレード会場
17.バリ・バリ平針パレード会場
18.東海市太田川駅前会場
19.勝川パレード会場
20.ニコニコ・ネット会場 ( ネット環境次第でどこでも見れる )

◯ 料金
入場無料

◯ お問い合わせ
公益財団法人 にっぽんど真ん中祭り文化財団
TEL:052-241-4333
FAX:052-241-4446
開局時間:平日9:00 ~ 18:00 ( 土日祝は、休み )

 

開催場所と会場までのアクセス方法

会場は、久屋大通公園会場 他 ( 全20会場 ) です。

 

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目ほか

 

アクセス

公共交通機関の鉄道を利用するのであればこちらです。

■ 地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅から徒歩で約5分です。

 

Sponsored Link

 

にっぽんど真ん中祭りの屋台出店のメニューや値段

 

グルメ屋台の概要

どまつり当日は、踊りがみどころではありますが、会場に立ち並ぶグルメ屋台の飲食店ブースも魅力です。

■ イベント名
ご当地ぐるめぱーく

■ 場所
名古屋市中区久屋大通公園内「エンゼル広場」

■ 開催日時
8月25日 ( 金 ) 16 : 00 ~ 21 : 00 ( ※ 飲食ブースの営業時間は15:00-21:30 )
8月26日 ( 土 ) 10 : 00 ~ 18 : 30 ( ※ 飲食ブースの営業時間は 9:00-21:30 )
8月27日 ( 日 ) 10 : 00 ~ 16 : 00 ( ※ 飲食ブースの営業時間は 9:00-21:30 )

 

 

グルメ屋台メニュー・値段

会場では、全国の産地の美味しい食べ物が勢揃い。

北海道からは、ヨーグルト(1杯 300円)、カップアイス(1個 400円)、ゆでとうきび(1個 400円)、ジンギスカン(700円)。

九州では、福岡&大分の名物である、もっちり明太子ボール(3個 350円)、大分からあげ(700円)。

お隣の岐阜からブランド牛の飛騨牛のメンチ(1個 300円)、牛串焼き(大 1,200円、小 700円)。

もちろん名古屋名物の天むすやビールと相性の良い枝豆、フライドポテト、たこ焼きなど祭りの定番メニューも充実しています。

ほかにも各地から舌がとろけほっぺたが落ちるようなグルメが満載です。

詳しい情報はコチラです。↓

参考)どまつり「ご当地ぐるめぱーく」

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「第19回 にっぽんど真ん中祭り 2017」についてお届けしました(*^^*)

 

踊りを見て参加して盛り上がる、グルメを食べて楽しくお腹も満足のどまつり。

お祭り会場は大変混雑しますが、帰りには周辺のお店でショッピングして帰るのも良いかもしれませんね。

多くの人で集まる名古屋ならではのお祭りに、ぜひとも参加してみて見てください!

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link