ドローンSPARK(スパーク)の操作やスペックは?値段や購入方法も

デジタル・IT, 家電製品

いまではその名を多く聞くようになった空撮機「ドローン」。
さらに技術革新で、軽量化やきれいな映像を取れたりと成長を続けています。

その中でもDJI(ディー・ジェイ・アイ)という中国の会社が開発したドローンが注目を集めています。
その名も「Spark(スパーク)」。

いったいどんなドローンなのか気になりますよね。

こちらでは、ドローン「DJI Spark(スパーク)」の操作や機能・性能スペック。
また使用して他人の感想・クチコミ・レビューなど評判や反応。
そして値段・価格など通販販売店や購入方法について迫りたいと思います。

今回は、ドローン「DJI Spark(スパーク)」についてご紹介させていただきます!

 

Sponsored Link

 

ドローンSPARK(スパーク)|ヴィジュアルやスペック

 

ドローンSPARK(スパーク)|ヴィジュアル

 

とにかく従来品よりも小さくなったタイプのミニドローンです。
手のひらサイズで片手でもらくらくモテる可愛いヤツ。

FaceAware (顔認識)機能を備えたSparkは、あなたの顔を認識。
電源を入れてから25秒で手のひらから離陸できる寝起きの良さ。

ジェスチャーコントロールを採用していて、送信機やモバイルデバイスを使わずに操作できます。
なんと手のジェスチャーだけで、機体をコントロールできます。

インテリジェント・フライトモードと直感的な操作性が可能です。
そのため数回タップするだけで、ブレのないきれいな空撮映像や写真が撮影できます。

専用のアプリ「DJI GO 4」は、自動編集テンプレートと多数のフィルターを搭載。
動画を素早く編集し、ソーシャルメディアにすぐ感動と臨場感をシェアできます。

 

ドローンSPARK(スパーク)|スペック

ドローン「DJI Spark(スパーク)」のスペックはどんな感じでしょうか。

 

 機体

■ 離陸重量:300グラム
■ 寸法:143×143×55 (ミリメートル)
■ 対角寸法 (プロペラを含まず):170ミリメートル
■ 最大上昇速度:S (Sport)モードで3m/s (無風時)
■ 最大下降速度:自動着陸モードで3m/s
■ 最大速度:S (Sport)モードで50k/h (無風時)
■ 運用限界高度 (海抜):4、000メートル
■ 最大飛行時間:16分 (20k/hの一定速度で無風時)
■ 最大ホバリング時間:15分 (無風時)
■ 動作環境温度:0~40℃
■ 衛星測位システム:GPS/GLONASS

 

 3D認識システム

■ 障害物認識範囲 0.2 ~ 5.0(メートル)

 

 カメラ

■ 写真フォーマット:JPEG
■ 動画フォーマット:MP4 (MPEG-4 AVC/H.264)

 

 WI-FI

■ 動作周波数:2.4GHz; 5.8GHz(※日本国内では2.4GHzのみ利用可)

 

 充電器

■ 入力:100~240 V、50/60Hz、0.5 A
■ 出力:5V/3A、9V/2A、12V/1.5A

 

 推奨のMICROSDカード

■ モデル:
Sandisk 16/32 GB UHS-1 micro SDHC
Kingston 16/32 GB UHS-1 micro SDHC
Samsung 16/32 GB UHS-I micro SDHC
Sandisk 64 GB UHS-1 micro SDXC
Kingston 64 GB UHS-1 micro SDXC
Samsung 64 GB UHS-I micro SDXC

 

Sponsored Link

 

ドローンSPARK(スパーク)|通販販売店や購入方法

 

ドローンSPARK(スパーク)|通販販売店や購入方法

DJI(ディー・ジェイ・アイ)が開発したミニドローン「Spark(スパーク)」。
スカイブルー、メドゥグリーン、ラヴァレッド、サンライズイエローなどなど。
いくつかカラーバリエーションがありますが、こちらではアルペンホワイトをご紹介します。

 

◯ 【国内正規品】DJI Spark(アルペンホワイト)

 

ドローンSPARK(スパーク)|充実したアクセサリ

DJI(ディー・ジェイ・アイ)が開発したミニドローン「Spark(スパーク)」。
こちらでは、いくつか充実したアクセサリをご紹介します。

 

◯ Sunnylife DJI Spark用 折りたたみ ランディングギア 一体型 プロペラガード (プロペラガード4個セット)

◯ 【国内正規品】DJI Spark インテリジェント・フライトバッテリー

◯ 【国内正規品】DJI Spark 送信機

◯ Smatree D400 dji spark 対応収納ケース.収纳バッグ 防水機能付き

 

まとめ

DJI(ディー・ジェイ・アイ)が開発したミニドローン「Spark(スパーク)」。
ドローンがでた当初は、高級品でお金持ちの道楽だった空撮技術。

いまでは、軽量化や技術革新でリーズナブルなお手頃価格になりました。
手を出しやすい値段となったので、遊びの幅も増えそうです。

あなたも趣味のひとつとして、1台購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link