冨嶽三十六景の読み方やパスポート査証欄変更はいつ?理由や種類も

不思議

冨嶽三十六景という名所浮世絵揃物をご存知でしょうか。
江戸時代後期の浮世絵師である葛飾北斎(かつしかほくさい)さんが描いた代表的な作品です。

 

富士山を見ることができる各地を織り交ぜながら、景観を描いた作品と言われています。

 

いったいどのような作品なのでしょうか。
とても気になる名所浮世絵揃物ですよね。

 

こちらでは、葛飾北斎さんの冨嶽三十六景の読み方や種類などがわかるwikiとプロフィール。
またパスポートの査証欄に使われるのはいつなのか?変更時期。
そしてパスポート査証欄が変更になる理由についても迫りたいと思います。

 

今回は、葛飾北斎さんの作品「冨嶽三十六景」についてご紹介させていただきます!

 

冨嶽三十六景|wiki風プロフィール

 

冨嶽三十六景|どんな絵巻物?読み方

冨嶽三十六景と、いったいどのような絵巻物なのでしょうか。

 

 

そもそも冨嶽三十六景とはどのように読むのでしょうか。
とみごくさんじゅうろくけい」でしょうか?ちょっと難しいですよね。

 

実際には、「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」と読みます。
冨嶽とかくところがいちばん読みづらいのかなと思います。

 

出版当時の題名表記は異体字を用いた「冨嶽三十六景」でした。
現代では、「」の文字の正体字である「」と使った「富嶽三十六景」という表記のされ方をします。

 

また「」の文字の正体字である「」を用いた「富岳三十六景」という表記もされています。
富岳三十六景」ならすんなり読めそうですね。

 

 

そもそも冨嶽というのは、何なのでしょうか。
実は、冨嶽というのは、富士山のことなんですね。

 

そして三十六景というのは、景観の場所の数を表しています。
つまり富士山の景観を36箇所分詰め合わせたアルバムのようなものなんです。

 

葛飾北斎さんが、72歳のときに発表された作品で12年も掛けて作られた歴史的な絵巻物なんです。
72歳でやろうという熱意がすごすぎですよね・・・。

 

またこの絵巻物によって「名所絵」というジャンルが確立されて一大ブームを巻き起こしました。
役者さんの絵や美人画と並ぶほどの絵巻物だったので、絶大な人気を誇っていたことでしょう。

 

Sponsored Link

 

冨嶽三十六景|種類

絶大な人気を誇っていた葛飾北斎さんの「冨嶽三十六景」。
三十六ヶ所の富士見の景観があるそうなんですが、どのような絵があるでしょうか。

 

中には聞いたことや見たことがある人もいるかもしれないですね。

 

 1~10図

1. 江戶日本橋(えどにほんばし)
2. 江都駿河町三井見世略圖(こうとするがちょうみついみせりゃくず)
3. 東都駿䑓(とうとするがだい)
4. 東都浅艸本願寺(とうとあさくさほんがんじ)
5. 本所立川(ほんじょたてかわ)
6. 深川万年橋下(ふかがわまんねんばしした)
7. 五百らかん寺さゞゐどう(ごひゃくらかんじさざえどう)
8. 青山圎枩(あおやまえんざまつ)
9. 隠田TRON水車(おんでんのすいしゃ)
10. 下目黒(しもめぐろ)

 

 11~20図

11. 礫川雪ノ且(こいしかわゆきのあした)
12. 御厩川岸ゟ両國橋夕陽見(おんまやがしよりりょうごくばしゆうひみ)
13. 隅田川関屋の里(すみだがわせきやのさと)
14. 武州千住(ぶしゅうせんじゅ)
15. 従千住花街眺望ノ不二(せんじゅはなまちよりちょうぼうのふじ)
16. 武陽佃嶌(ぶようつくだしま)
17. 上總ノ海路(かずさのかいじ)
18. 登戶浦(のぼとのうら)
19. 常州牛堀(じょうしゅううしぼり)
20 東海道品川御殿山ノ不二(とうかいどうしながわごてんやまのふじ)

 

 21~30図

21. 神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)
22. 武州玉川(ぶしゅうたまがわ)
23. 東海道程ヶ谷(とうかいどうほどがや)
24. 相州七里濵(そうしゅうしちりがはま)
25. 相州江嶌(そうしゅうえのしま)
26. 相州仲原(そうしゅうなかはら)
27. 相州梅澤左(そうしゅううめざわのひだり)
28. 相州箱根湖水(そうしゅうはこねこすい)
29. 甲州三嶌越(こうしゅうみしまごえ)
30. 駿州片倉茶園ノ不二(すんしゅうかたくらちゃえんのふじ)

 

 31~36図

31. 駿州大野新田(すんしゅうおおのしんでん)
32. 山下白雨(さんかはくう)
33. 凱風快晴(がいふうかいせい)
34. 諸人登山(しょにんとざん)
35. 駿州江㞍(すんしゅうえじり)
36. 東海道江尻田子の浦略啚(とうかいどうえじりたごのうらりゃくず)

 

 追加版37~46図

発売当初は、1~36図で集結の予定だったそうなんですが、とても評判が良かったことから。
10図が追加出版され全46図戸なりました。

 

発売当初の36図を「表富士」、追加版10図を「裏富士」と俗称することもあります。

 

37. 東海道金谷ノ不二(とうかいどうかなやのふじ)
38. 遠江山中(とおとうみさんちゅう)
39. 東海道吉田(とうかいどうよしだ)
40. 尾州不二見原(びしゅうふじみがはら)
41. 甲州犬目峠(こうしゅういぬめとうげ)
42. 甲州三坂水面(こうしゅうみさかすいめん)
43. 甲州伊沢暁(こうしゅういさわのあかつき)
44. 信州諏訪湖(しんしゅうすわこ)
45. 甲州石班澤(こうしゅうかじかざわ)
46. 身延川裏不二(みのぶがわうらふじ)

 

つまり「冨嶽三十六景」のところ実際には「冨嶽四十六景」なんですね。
シリーズ物の名所絵なので、トレーニングカードゲームのようにしたら面白そうですね。

 

Sponsored Link

 

冨嶽三十六景|パスポート査証欄変更時期と理由

 

冨嶽三十六景|パスポート査証欄変更時期

実質、「冨嶽四十六景」の「冨嶽三十六景」。
パスポートの査証欄の絵として、使われることが決定しています。

 

2016年5月18日に、現在の桜模様から葛飾北斎さんの浮世絵「冨嶽三十六景」に変更予定と発表されました。
そもそもパスポートの査証欄とは何のことでしょうか。

 

 

パスポートの査証欄とは、VISA欄とも言われていてスタンプを押す余白ページのことです。
その余白ページの背景に、「冨嶽三十六景」が使用されます。

 

46図あるのでぜんぶが使われるということではなく、代表的な図が使用されるのだとか。
変更時期は、2019年度に導入する予定です。

 

10年旅券だと「凱風快晴(がいふうかいせい)」や「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」など24点を査証欄に全面印刷します。
5年旅券だと16点が対象になリます。

 

 

冨嶽三十六景|パスポート査証欄変更理由

パスポートの査証欄として採用された「冨嶽三十六景」。
そもそもなぜパスポートの査証欄として採用されたのでしょうか。

 

実はパスポートの査証欄は、現在の桜模様から変更になるのは約70年ぶりのこと。(2018年1月時点)
1947年以来、変更してこなかったということなんです。

 

 

変更の理由は、2020年の東京五輪・パラリンピックがあるためです。
オリンピックが開催されるということは、外国人の訪日が増加するということ。

 

偽造対策のため今回の導入となったようです。
デザイン候補には、「冨嶽三十六景」のほかに日本を代表する動植物、文化財、百人一首などがありました。

 

選考した有識者たちが、世界のみんなが日本ということが一発でわかるように浮世絵を採用したとのことです。
採用した理由としては、絵巻物なので種類が多くページごとに柄が異り偽造されにくいからだとか。

 

さらに透かしや特殊インクなどの偽造防止技術も用いて徹底するようです。
また近年、海外でも浮世絵は認知されていて、特に葛飾北斎の「冨嶽三十六景」はとても高い評価を得ています。

 

冨嶽三十六景」をパスポートの査証欄に変えたことで偽造リスクは弱まりそうですが、日本のパスポートがレア物として盗難の可能性があがりそうですね。

 

 

まとめ

葛飾北斎さんの浮世絵「冨嶽三十六景」。

 

なんど見てもその完成度の高さに、圧巻されますね。

 

日本の誇り高い歴史的な絵巻物としてこれからも名を馳せてほしいです。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう