ゲド戦記テルーの正体や過去の酷い仕打ちとは?年齢とかわいい画像も

映画・舞台

宮崎吾朗監督・脚本のジブリ映画「ゲド戦記」。
アーシュラ・K・ル=グウィンさん原作と宮﨑駿さんの絵物語「シュナの旅」原案の作品としても有名ですよね。

 

そんなジブリ映画「ゲド戦記」の中の登場キャラクターであるテルー
とても重要なキャラクターのひとりです。

 

いったいどのような人物なのでしょうか。
とても気になるキャラクターですよね。

 

こちらでは、ゲド戦記に登場するキャラクターであるテルーの年齢などどういう人物なのか?
またテルーの美人でかわいい画像と正体は何者なのかドラゴンとの関係。
そしてテルーの過去の酷い仕打ちについても迫りたいと思います。

 

今回は、ジブリ映画「ゲド戦記」に登場するキャラクターであるテルーについてご紹介させていただきます!

 

 

Sponsored Link

 

 

ゲド戦記|テルーの年齢やかわいい画像

 

 

ゲド戦記|テルーとはどんな人物?

ジブリ映画「ゲド戦記」に登場するキャラクターであるテルー
いったいどのような人物なのでしょうか。

 

原作「ゲド戦記」のヒロイン。
顔に火傷の痕がある少女、テナーとともに作物や羊を育てて暮らしています。

 

ハイタカと出会うと彼の清廉な心をすぐに見抜き信用。
信頼の意味合いも込めて「タカ」と呼ぶようになリます。

ゲド戦記ハイタカの正体や声優は誰?テナーとの関係も調査!

 

年齢は15歳
命を大切にしないやつなんて大っ嫌いだ」というセリフが印象的な少女です。

 

 

テルーの声優を務めているのは、手嶌葵(てしまあおい)さんです。
手嶌葵さんは、歌手として活動する女性です。

 

またジブリ映画「ゲド戦記」のテーマソング「テルーの唄」を歌っている人物でもあります。
そしてこの「テルーの唄」が手嶌葵さんのメジャーデビューシングルでもあります。

 

 

 

ゲド戦記|テルーのかわいい画像

ジブリ映画「ゲド戦記」の登場キャラクターであるテルー
ヒロインキャラクターでもありとても人気が高いです。

 

少女ということもあり、その容姿について好印象。
かわいい!」との声が多くあり、評判も高いです。

 

 

ジブリ映画「ゲド戦記」の物語の内容が、難しくよくわからないという人も結構多いです。
物語を深く理解するというよりか、テルーを見るために視聴するという声もあります。

 

またテルーのほかにアレンというキャラクターもとてもイケメンです。
かっこいいアレンとかわいいテルーの二人が大好きという声もよく目にします。

ゲド戦記アレンの本名と影やその後は?首輪が受けっぽい?

 

原作とは違い、ジブリ映画版でテルーの年齢を引き上げたりヴィジュアルを変更したのは正解だったかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link

 

 

ゲド戦記|テルーの正体や過去の酷い仕打ち

 

 

ゲド戦記|テルーの正体

ジブリ映画「ゲド戦記」の登場キャラクターであるテルー
ただの可愛い少女でしょうか。

 

ジブリ映画「ゲド戦記」の終盤に、テルーの代わりにドラゴンがあらわれます。
実は、このドラゴンがテルーの真の姿だったのです。

 

 

なぜテルーは、ドラゴンの姿に変身できたのでしょうか。
それは竜と人間がもともと同じ種族だったと考えられていたからです。

 

それぞれの価値観のもと別々の世界で暮らすようになりました。
もとを辿れば同じ種族であるため、人間界に竜族の子が誕生します。

 

しかし生まれた本人は、自身が竜族であると知らず人間として育ちます。
そしてアレンと共に真の名を口にした時、ドラゴンへ変貌する事がまれにあるのです。

ゲド戦記アレンの本名と影やその後は?首輪が受けっぽい?

 

そんなまれの現象が起きたドラゴンこそ、真名「テハヌー」ことテルーだったのです。
ちなみに「身体が熱い、力が目覚める 奥義【ドラゴンドレッド】」と言いながら変身はしません。

 

 

ゲド戦記|テルーの過去の酷い仕打ち

ジブリ映画「ゲド戦記」の登場キャラクターであるテルー
過去には知られざる、悲しい経験があるようなのです。

 

そんなテルーは、心に闇をもち時折自暴自棄に陥るアレンを嫌っていました。
しかしアレンが心に傷を負っていると知り、次第に歩み寄るようになります。

 

実は、テルーにもつらい過去があったのです。
幼い時、両親に虐待されていたという過去があります。

 

しかもその虐待というのが、火の中に投げ込まれるというむごい仕打ち。
(実際には父親とその仲間に性的暴行を受けて、焚き火に放り込まれて焼き殺されそうになる。)

 

それに年齢的にも15歳ではなく、5歳位の幼女。
映画版テルーでは、顔の左側にうっすらアザがあるだけとなっています。

 

原作では映画版よりもひどく、顔の右半分が火傷によりケロイド状になっています。
さらに目が失われていて、右手もほとんどの指がくっついている状態で、言葉を話すことさえできない設定です。

 

そんな両親に酷い仕打ちをうけ、虐待された末に捨てられました
原作の本来の姿では、ジブリ映画にするのは非常に抵抗があったと思われます。

 

本来の姿よりもライトなヴィジュアルに変更になったのでしょう。
最終的には、テナーとハイタカとともに暮らすようになり安心して生活しています。

ゲド戦記ハイタカの正体や声優は誰?テナーとの関係も調査!

 

そう考えると中年期のハイタカは、原作もジブリ映画版でも人格者で清廉な心の持ち主だなと感じますね。

 

 

 

まとめ

ジブリ映画「ゲド戦記」の登場キャラクターであるテルー

 

悲しい過去を背負い、またドラゴンの血を受け継ぐものとして強く生きてきました。

 

原作「ゲド戦記」では、よりテルーの真実に触れることができるでしょう。

 

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう