平塚七夕祭り2017|花火大会の時間や場所は?雨天は浴衣でも大丈夫?

2017年9月19日イベント8月

夏といえば!皆さんは何を思い浮かべますか?

夏休み?虫取り?宿題?・・・いろいろ思い浮かべますが、やはり「お祭り」って思う人多いのではないでしょうか。

 

昼は暑いけど夜涼しくなるので、屋台や出店で人が賑わうお祭りに心ときめくと思います。そしてお祭りと言えば欠かせないのが花火大会ですよね♪

 

夜空に大輪の花を咲かせるきらびやかな夏の風物詩です。

こういうときばかりは、日本人に生まれて良かったなーって思うひとときを味わうことが出来るのではないでしょうか。

 

そんな素敵な花火大会が毎年、「湘南ひらつか七夕祭り」でも開催されています!

いったいどんな花火大会なのでしょうか?とても気になりますよね~。存在は知ってるよ!という人も2017年の花火大会の時間や場所などを詳しく知りたいとおもっているのではないでしょうか。

 

また、浴衣を着ていきたい!という方、雨天では浴衣着れないのかなぁ?濡れちゃうかなと心配になっている方も居ると思います。

 

こちらでは、時間や場所と雨天での浴衣も気にせずお祭りを楽しむことが出来るのかをお届けしていきますのでお見逃しなく♪

 

スポンサーリンク

 

湘南ひらつか七夕祭り2017の開催時間や場所は?

 

開催時間

開催日時はチェックしておかないといけないですよね~。

 

以前、日付を間違えていて「あれ?今日だと思ったのにやってないじゃん!\(^o^)/」と思ったら時間が違うだけで結局花火を見れなかった事がありました・・・。(汗)

しっかりと開催日時チェックしましょ♪以下の通りです。

 

開催日:平成29年8月25日(金)
(荒天の場合は8月27日(日)に延期)時間:午後7時00分~午後8時00分
会場:湘南潮来(相模川河口)
発数:約3,000発

 

午後7時からなんですね~。8月下旬なので18時過ぎてもまだまだ明るい時期ですよね~。花火の打ち上げ時間は1時間と短めですが、約3000発の花火が私達の心に風情を運んでくれますよ♪

 

開催場所

開催場所も確認しておきましょう!

平塚新港フィシャリーナと言う場所が花火大会の会場です。長く伸びている堤防の先で打ち上げが行われます。

 

交通手段として、徒歩、車、バスがありますが、平塚駅から徒歩で約30分と言ったところです。また車だと約11分でバスだと約21分でした。

 

車だと交通規制があったり渋滞の恐れがあります。

せっかくの花火大会なのにイライラしたくないですよねー。当日の混雑状況を考えると徒歩かバスが良いかなと思いますよ。

 

 

また、平塚競輪場で臨時に駐輪場が設けられますので、自転車でも良いですね。混雑が予想されるのとお祭りで浮ついた気分の人が増えると思います。注意が散漫になりますので是非とも安全運転を心がけてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

湘南ひらつか七夕祭り2017の開催時間や場所は?

雨天時の開催

荒天の場合は、8月27日に延期されるようですが、気にならない程度の雨であれば決行します。

 

一般観覧エリアは、砂浜で屋根がないと思いますので、念のため傘ではなくレインコートを持参することをおすすめします。

 

傘だと手が塞がるのとほかの傘を持った方とぶつかって危ないので、レインコートがおすすめですよ♪

 

雨天時の服装

夏祭りは、絶対に浴衣が良い!そんな風に思う人が多いと思います。

やはり浴衣のほうが風情があって着ている人も見る人も楽しめます。着ていけるならチャレンジしたいですよね。

 

ですが、雨の時は濡れてしまう可能性がありますので、濡れることを気にしない方いいですが、どうしても濡らしたくないという方は諦めたほうが良いかもしれません。

 

もしくは、雨にぬれても弾いてくれる素材でできた浴衣を着ていくことをおすすめしますよ~。

何にせよ雨が降らない事を祈るばかりですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

湘南ひらつか七夕祭りの花火大会の時間や場所、雨天の場合の浴衣についてご紹介させて頂きました。

皆さんの疑問を少しでも解消できていれば幸いです。

 

1年に1度の楽しみである「湘南ひらつか七夕祭りの花火大会」を快く楽しんでいきたいですよね。

笑ったり感動したりして素敵な想い出になりますよう祈っております。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

スポンサーリンク