北海道神宮祭☆札幌まつり2017|日程や場所や出店屋台は?神輿のルートや時間も

シェアする

北海道神宮祭」が今年も開催されます!

札幌まつり」とも呼ばれ、百年以上の歴史が続くとても親しみを込められ愛されている伝統行事です。

北海道神宮」と「中島公園」で行われるのですが、「北海道神宮」では、まるで「平安絵巻のような雅やかな世界」を想起させる行列が魅力的で、平日でもかなりの賑わいとなっているそうです。

また、「中島公園」でも三日間に渡り露店が立ち並びこちらもかなりの賑わいがあります。

さて、そんな札幌のまつりである「北海道神宮祭」の日程場所や縁日屋台の出店が気になると思います。また神輿のルートや時間に関しても知りたいのではないでしょうか?

今回は、「北海道神宮祭 ( 札幌まつり ) 2017」についてお届けします!

Sponsored Link

北海道神宮祭☆札幌まつり|開催日程や会場場所アクセス

開催日程スケジュール

開催期間は、2017年6月14日(水)~6月16日(金)です。

◯ 主なスケジュール

14日:宵宮祭 18:00~ ( 前夜祭・宵宮祭 )
15日:例祭 10:00~ ( 例祭 )
16日:渡御 9:00~17:00 ( 神輿渡御 )

会場場所アクセス

会場は、北海道神宮中島公園です。

北海道神宮

主に奉納行事が行われる場所です。

〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘 北海道神宮

◯ お車でお越しの場合

・道央自動車道 新川I.C.から宮の森方面へ
・札樽自動車道 札幌西I.C.から宮の森方面へ

◯ 地下鉄・バス・タクシーでお越しの場合

・地下鉄東西線 円山公園駅 下車、徒歩15分
・JRバス(西14・西15)神宮前停留所 下車、徒歩1分
・JR札幌駅からタクシーで15分

中島公園

主に縁日屋台など露店の出店が行われる場所です。

〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1−1

・地下鉄南北線 中島公園駅 / 幌平橋駅 下車
・市電 中島公園通 / 行啓通 下車
・市営バス、環状バス 中島公園前 / 中島公園入口 / 幌平橋駅前 下車
・中央バス 札幌ターミナルから中島公園入口 / 幌平橋駅前 下車

札幌駅から3km距離徒歩 約37分となっています。屋台でいっぱい食べたいというあなたは、歩いて運動するのも良いかも(*^^*)

また、当日は混むという前提で行くことをおすすめします。車でお越しの方は、早めに駐車場を確保しないといけないですね。

Sponsored Link

北海道神宮祭☆札幌まつり|縁日や神輿のルートや時間

縁日屋台の出店

縁日屋台の出店は、北海道神宮と中島公園の2か所です。

◯ 露店出店時間

【北海道神宮】14・15日:9:00~21:00、16日:9:00〜18:00
【中島公園】14日〜16日:10:00〜22:00 ※ 最終日は屋台によって変更します

最終日は、片付けがありますので早めの終了になっているようです。

人が多く集まるのは夕方頃なので、人混みが苦手という方は別の時間を狙って行動すると良いかもしれないですね(*^^*)

夏の納涼にお化け屋敷も出店するみたいですね(*^^*)あなたのキモを試してみてはいかがでしょうか?

また、美味しい食べ物がたくさんありますが、食べ過ぎ飲み過ぎには注意しましょう!

神輿のルート時間

フィナーレである16日はお囃子を先頭に猿田彦、勤王隊が続き、神様を乗せたお神輿と山車を中心に1,000人以上の行列が一日かけて市内を練り歩きます。

去年2016年は、天候が雨模様で良くなかったですが、雨ならではの傘をさした手古舞さんもいらっしゃって、「洋」と「和」のコラボレーションを見ることが出来たそうです。

平安時代には見ることの出来ない様子を現代で見れるのってなんだか不思議な気分になりますよね。

宮出しは、北海道神宮の第一鳥居9:00~ に出発し、中島公園南外周をまわるように進行します。
中間地点北海道神宮の頓宮に到着は 11:50 です。

宮入は、中間地点北海道神宮頓宮から 13:15 に出発し、豊水会館を迂回し「三越」、「パルコ」付近を 14:00 に到着、休憩後 15:30 に出発し、そのまままっすぐ北海道神宮まで進み 17:00 に終了です。

天候や何らかの原因で進行状況やルートも変わってくると思います。上記はあくまで参考程度にしておくと良いでしょう。

また、詳しい神輿渡御の順路図( ルート )はこちら↓

参考)北海道神宮祭「順路図」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「北海道神宮祭 ( 札幌まつり ) 2017」についてお届けしました。

奉納行事と縁日屋台どちらも楽しめる素敵なイベントなので、毎年楽しみにしていらっしゃると思います。夏の到来を知らせる行事を大切な仲間と一緒に楽しみたいですね♪

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

Sponsored Link