深川八幡祭り2017例祭の日程はいつ?神輿のルートや見学席は?写真撮影スポットも

2017年9月19日イベント8月

深川八幡祭りと呼ばれる「富岡八幡宮の例大祭」が毎年開催されています。祭り好きの方には、たまらないイベントなのではないでしょうか。

大小多くの神輿が担がれ大変人気のあるお祭りなんですよ~。

 

2017年にも血気盛んな人たちが騒ぎまくります!

そんな江戸の三大祭の一つである深川祭りはいつごろやっているのか気になっているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、お神輿のルートや見学席はあるのか、写真撮影のスポットをお届けいたします!これは必見ですよ。

 

スポンサーリンク

 

深川八幡祭り2017の日程やお神輿のルートは?

 

開催日時

2017年の深川八幡祭りは、8月11日 ( 金 ) から15日 ( 火 )で、神輿連合渡御は13日に行われます。

開催時間は全て、7:30~20:00です。

 

つまり朝から晩までお祭り騒ぎということなんですね~!驚きです!

 

開催場所は、富岡八幡宮周辺です。

 

 

深川八幡祭りの神輿連合渡御のルート

深川八幡祭りは水掛けのイベントは毎年行われますが、3年の周期で内容が変わるイベントです。

2017年の「本祭り」、翌年に行われる「御本社祭」。翌々年に行われる「蔭祭り」と変化します。

2017年は、本祭りということで目玉の神輿連合渡御が行われます。

 

大神輿ばかり54基が勢揃いして連合渡御する光景がド迫力です。

 

気になるのはどういったルートでいどうするのかですよね。

 

 

2017年版は公開されておりませんでしたので2014年度版を参考にしてください。

 

神輿連合渡御のルートは以下で確認できます。

参考)神輿連合渡御「順路図」

参考)神輿連合渡御「交通規制」

 

ものすごい人で混雑するので、覚悟して行くことをおすすめしますよ!

 

スポンサーリンク

 

深川八幡祭り2017の見学席や写真撮影のスポットは?

 

見学席

2013年の深川八幡祭りの神輿連合渡御の様子。

とても人が多く賑わっていますね!江戸の三大祭と言われる所以がよく分かると思います。2017年は神輿連合渡御がありますので、これ以上に人でごった返すことがわかるとおもいます。

つまり見学席と呼ばれる場所はないのではないかと思います。

 

写真撮影のスポット

深川八幡祭りは毎年「水掛け」があります。御輿を担ぐ人めがけて思いっきり放水しています。

 

写真撮影のカメラを持っていくとしたら濡れることを覚悟していったほうが良いでしょう。また服装も濡れても良い服装で替えのTシャツがあるといいですね。

 

https://twitter.com/RS6970/status/285355417683492864

 

写真撮影のスポットを考えるとしたら、水がかからない建物の中からの撮影が一番良いと思います。

周辺にはレストランもありますので、食事をしながらの撮影が良いなと思いました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

富岡八幡宮例大祭こと深川八幡祭りの迫力に圧倒されたのではないでしょうか。夏の一番熱い時期に行われるお祭りで水を浴びながら祭り囃子の調子に気分も高揚し、素晴らしい夏のひとときを過ごすのもまた一興なのではないでしょうか。

 

今回は、深川八幡祭りの日時や場所、神輿のルートや見学席や撮影スポットなどについてご紹介させて頂きました。皆様の疑問を少しでも解消できましたら幸いです。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

スポンサーリンク