入谷朝顔市2017|屋台時間や値段は?アクセスと交通規制や駐車場も

シェアする

入谷朝顔まつり( 朝顔市 ) が今年も開催されます。

入谷朝顔まつりといえば、江戸末期の文化・文政の頃から有名になり、大輪咲き朝顔が町の人々のブームとなり定着してきたイベントです。

一旦は、世情の並に流され衰退したものの、地元有志の方との強力で再び入谷に笑顔を取り戻した不死鳥の様なお祭りです。

朝顔だけが軒を連ねると思いきや縁日屋台も開かれ、若者からお年寄り遠方からの人で賑わっています。

最近では、海外の人も多くいらっしゃるようで、ますます盛んになっている伝統と文化がなせる素敵な下町の夏の風物詩と言えるでしょう。

そんな素晴らしい朝顔市の屋台の時間や朝顔の値段がいくらなのか?またアクセスと交通規制や駐車場について気になると思います。

今回は、入谷朝顔まつり( 朝顔市 )2017についてお届けします!

Sponsored Link

入谷朝顔市2017|屋台時間や朝顔の値段

開催期間や屋台時間

歴史と伝統のある素敵な朝顔祭り、若い人からお年寄りと人で賑わうみんなが楽しめるイベント。

気になる開催期間や詳しい情報はこちらです。

◯ 開催期間
2017年7月6日(木) ~ 2017年7月8日(土) の3日間です。

開催時間
6:00~23:00 です。

縁日屋台
100店前後が軒を連ねます。

来場者数
40万人前後が予想されます。

売り手の方は、若い方も多くとても活気があって今後も強く根付くイベントだなと思います。廃れないように地元の人達で支え合って協力し合う行事って素敵ですよね(*^^*)

朝顔の値段

朝顔の鉢の大きさや種類によって値段はまちまちのようです。

一鉢が大体 500円 ~ 2.500円 くらいの価格帯で考えておいたら間違いないでしょう。

公式サイトから通販で朝顔を購入することもできるようです。

通販の場合は、4色一鉢セット2,000円 となっていました。ただ送料が更に全国一律 1,000円 が追加されますので合計で 3,000円 です。

また商品の性質上、離島の方は通信販売を利用できないようなので注意が必要です。

参考)入谷朝顔市実行委員会「通信販売のご案内」

そして、縁日屋台も楽しみたいという人は、朝顔を購入する前に楽しんだほうが良いでしょう。

朝顔を買ってからだと荷物になりますからね(*^^*)

Sponsored Link

入谷朝顔市2017|アクセスと交通規制や駐車場

会場の場所アクセス

開催会場は、入谷鬼子母神 ( 真源寺 ) です。

〒110-0004 東京都台東区下谷1丁目12−16

地下鉄日比谷線入谷駅から徒歩
山手線鷲谷駅から徒歩

交通規制や駐車場

交通規制に関して開催期間中は、7月6日(木)・7日()は17:00~21:30、8日は12:00~21:30 開催場所周辺が歩行者天国となります。

また、21時過ぎより清掃車が入るため、速やかに歩道へ移動してくださいとしています。

駐車場に関してはこちらです。

入谷鬼子母神のまわりに有料駐車場がいくつかありましたので、参考程度にどうぞ。

来場者数が約40万人前後と混雑が予想されるので、公共交通機関の利用をした方がいいかなと思いますが、朝顔の購入を考えているとやはり荷物を車で運搬せざる負えないかなと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、入谷鬼子母神 ( 真源寺 )で開催される「入谷朝顔まつり( 朝顔市 )」についてお届けしました。

ここまで大規模な朝顔市もなかなかないと思います。早朝6:00~開催されていますので、朝の散歩がてら立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

あなたのお気に入りの朝顔に出会えるかもしれませんし、プレゼント用としても重宝するかもしれません。

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

Sponsored Link