石川晴菜が可愛い!成績や高校・大学などwikiは?彼氏との結婚も

有名人

石川晴菜(いしかわはるな)さんという人物をご存知でしょうか。
スキーアルペン女子の日本代表選手として活躍する女性です。

 

ワールドカップやオリンピックなど大きな大会で活躍するアスリートです。

 

いったいどのような人物なのでしょうか。
とても気になるアスリートですよね。

 

こちらでは、石川晴菜さんの年齢や出身、血液型など経歴がわかるwikiとプロフィール。
また父母兄弟姉妹など家族、素敵な男性との出会い、恋人彼氏との結婚、夫旦那や子供はいらっしゃるのか。
そして高校大学など出身学校、スキーアルペン女子の成績、所属とスポンサーについても迫りたいと思います。

 

今回は、石川晴菜さんについてご紹介させていただきます!

 

石川晴菜|wiki風プロフィール

 

石川晴菜|どんな人物

石川晴菜さんとは、いったいどのような人物なのでしょうか。

 

生年月日は1994年7月20日生まれの年齢23歳(2018年1月時点)。
干支はいぬ年、星座はかに座、血液型はA型。

 

身長は163.0センチメートル、体重は59.0キログラム。
石川県金沢市の出身。

 

職業はスキーアルペン女子などスキー選手として活躍しています。
木島病院の所属です。

 

競技はアルペンスキーで、種目は大回転です。
オリンピックなど大きな大会に向けて、日々トレーニングに励んでいます。

 

 

趣味は山で山菜取りなど収穫。
また優しい性格でマイペースな一面もあります。

 

家族には、お姉さまに石川千尋さん、お母さまに石川小百合さんがいらっしゃいます。
またお父さまに石川泰一さんがチーム疾風というジュニアスキーチームを持っています。

 

小学生時代にお父さまのチーム疾風にて、モンタナスポーツ直江さん、中村さんらの師事のもとスキーを学びました。
その後、DYNAMITE SKI RCING 原田達也さんの師事のもと順調に成長を遂げました。

 

ジュニア時代インターハイ2冠達成をはじめ数々の全国大会で大活躍。
そして中学3年生のときに全日本ジュニアチームに入りました。

 

Sponsored Link

 

石川晴菜|スキーアルペン女子の成績

スキーアルペン女子の選手である石川晴菜さん。
スキーアルペン女子の成績はどのような感じでしょうか。

 

2014年、スロバキアで開催されたジュニア世界選手権大会に出場。
2015年、国民体育大会の成年女子Aで4位入賞。

 

2015年、全日本選手権大会のGS4位入賞、SL6位入賞。
2016年、国民体育大会の成年女子Aで優勝。

 

 

2016年、全日本選手権大会でSL2位入賞、GS8位入賞。
2016年、フィーイーストカップの種目別SLで優勝。

 

2016 / 2017シーズン、W杯出場権利獲得。
2018年2月9日から行われる平昌冬季五輪オリンピックの出場権を獲得しました。

 

Sponsored Link

 

石川晴菜|高校大学など出身学校と恋人彼氏との結婚

 

石川晴菜|高校大学など出身学校

素晴らしい成績を残している石川晴菜さん。
高校大学など出身学校は、どちらの学校に通っていたでしょうか。

 

石川県金沢市の出身である石川晴菜さん。
小学校、中学校は、地元の学校に通われていたと思われます。

 

小学校卒業後、中学校へ進学。
中学校は、金沢市立紫錦台中学校に在籍していました。

 

金沢市立紫錦台中学校は、石川県金沢市にある市立中学校です。
中学校卒業後は、高校へ進学。

 

高校は、北照高等学校に在籍していました。
北照高等学校は、北海道小樽市にある私立の高等学校です。

 

高校卒業後は、大学や専門学校へ進学はせず社会人になりました。
社会人として、木島病院の所属となりました。

 

石川晴菜|恋人彼氏との結婚

美人アスリートである石川晴菜さん。
素敵な男性との出会い、恋人彼氏との結婚はしているのでしょうか。

 

年齢的に考えると結婚をされていても不思議ではないと思います。
また子供が居てもおかしくない世代でもあります。

 

いろいろ調べたところ、そういった情報はありません。
もしかしたら水面下でのお付き合いはされているかもしれないですね。

 

しかしオリンピックなど大きな大会に向けて、忙しい毎日を送っていることだと思います。
落ち着いてから浮いた話も生まれるかもしれませんね。

 

 

まとめ

スキーアルペン女子の日本代表選手として活躍する石川晴菜さん。

 

技術力の高さを武器に次世代の日本女子アルペン代表として、将来を嘱望されています。

 

今後の活躍に注目です。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link