女子的生活の原作は?志尊淳のOLみき役が可愛い?あらすじとネタバレも

2017年12月8日2018冬ドラマ, 女子的生活志尊淳

2018年の冬ドラマ「女子的生活」。

主演に志尊淳(しそんじゅん)さんが抜擢され話題となっています。

志尊淳さんといえばイケメン俳優として

若い女性を中心に幅広く活躍されている役者。

今作の物語でどのような演技を魅せるのか注目です。

タイトルをみると「女子的生活」となっています。

主人公は、女優がやるべきなのでは?と思いました。

ではなぜ志尊淳さんが抜擢されたのか?

また女子的生活の原作はあるのか?

そしてあらすじ・ネタバレについて

迫りたいと思います。

今回は、ドラマ「女子的生活」の原作や

志尊淳さんについてご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

女子的生活|志尊淳のOL役とあらすじ

 

女子的生活|志尊淳のOL役

 

志尊淳(しそんじゅん)さんは、俳優さん。

ワタナベエンターテインメントに所属しています。

また若手男性俳優集団D-BOYSおよびD2のメンバーでもあります。

1995年3月5日生まれ22歳(2017年11月時点)。

いのしし年、うお座、A型。

身長は178cm、体重不明。

東京都出身。

聖学院高校出身。

 

街頭スカウトを頻繁に受けていて、

芸能界に興味を持ったのがきっかけでデビュー。

舞台ミュージカル、ドラマ、映画、バラエティ、コマーシャル、モデルなど

幅広く活動をされています。

 

そんな志尊淳さんが、ドラマ「女子的生活」の主演に抜擢。

主人公のトランスジェンダー女子の役を演じます。

 

 

女子的生活|あらすじ

ドラマ「女子的生活」に出演する志尊淳さん。

俳優なのに女性の役を演じます。

それはどういうことかというと、

主人公の小川みきは、トランスジェンダーだからです。

 

 

トランスジェンダーというのは、

例えば男性だけど女性的な考えや生活を望んでいる人。

しかし性同一性障害とはイコールではなく、

身体的に性を乗り越えたいと考えている人と

心とカラダに違和感を抱いても

現状のまま生活する人のことを言います。

話を戻して、小川みきはファッション通販会社で働く女子社員。

つまりオフィスレディ。

性別は男だけど、見た目はスタイルもよく美人。

そんなみきのもとに、後藤(演:町田啓太さん)がやってきます。

みきと後藤は共同生活を送ることに・・・。

戸惑う後藤をよそに、みきは自分らしさを貫きます。

そんなみきと後藤と個性的な登場人物たちによる

エピソードを描いたお話です。

舞台は神戸で、ポップに明るくコミカルな

痛快ガールズストーリーなコメディとなっているようです。

 

Sponsored Link

 

女子的生活|原作・ネタバレ

 

女子的生活|原作

 

ドラマ「女子的生活」には

原作があるのでしょうか。

調べたところによると、

文芸誌「yom yom」の読み切り競作企画「ふたりぐらし」

その第3回として2013年春号に掲載された、

短編小説「女子的生活」がそれに当たるそうです。

原作者は、著者・坂木司さん、イラスト・ふみふみこさん。

読者から好評となり、2014年冬号から2015年秋号、

2016年春号の全6回にわたり連載化を果たしました。

また同年8月に新潮社より刊行されました。

興味のある方は、是非チェックしてみてください!

 

 

女子的生活|ネタバレ

志尊淳さんがトランスジェンダー女子を演じる。

ドラマ「女子的生活」。

どんな内容になるのでしょうか。

2018年1月5日金曜日からスタートし、

全4回のお話とのこと。

原作では主人公の名前が小川幹生(おがわみきお)。

ドラマでは、小川みき。

となっていることからオリジナル要素

盛り込まれていると想像できます。

また全4回とみじかいので、

そこまで大きなイベントや展開もなく

トランスジェンダー女子の生活

焦点をあてて、後藤やほかの登場人物との

エピソードを演出していくのだと思います。

もっと深く知りたい人は

原作を読んでみると良いかもしれないですね。

また志尊淳さんの役柄を楽しみにしている人には

新しい志尊淳さんを観る事ができる

おすすめの物語となっているでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「女子的生活」の原作や

志尊淳さんについてお届けしました。

 

痛快ガールズによるバトルエピソードが癖になる。

ドラマ「女子的生活」。

志尊淳さんの新しい一面や

町田啓太さんのおろおろする姿が

楽しめる作品なので

全4回を注目して観たいですね!

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link