鶴雲(小林裕代表祥玉園の日本茶)値段や通販購入方法は?口コミも

2018年1月30日フード&ドリンク

鶴雲(かくうん)という日本茶をご存知でしょうか。
お茶の名産地京都でただ一人の茶審査技術十段の茶師の資格を持つ小林裕(こばやしひろし)さんが紹介する優れたお抹茶です。

 

抹茶は、引き立てが一番、味・色・香りが引き立つと言われています。
注文挽きという作り置きをせずに、注文を受けてから製茶する完全オーダーメイド制を採用。

 

いったいどのような日本茶なのでしょうか。
とても気になるお抹茶ですよね。

 

こちらでは、小林裕さんが代表を務める京都の宇治茶「祥玉園」。
その祥玉園で製茶されている「鶴雲(かくうん)」の値段や通販など購入方法。
そして口コミ感想レビューなど評判についても迫りたいと思います。

 

今回は、祥玉園製茶「鶴雲(かくうん)」についてご紹介させていただきます!

 

 

鶴雲(かくうん)|小林裕代表祥玉園と日本抹茶

 

鶴雲(かくうん)|小林裕代表祥玉園

小林裕さんが代表を務める京都の宇治茶「祥玉園」。
その祥玉園で製茶されている「鶴雲(かくうん)」。

 

そもそも祥玉園というのは、どういう企業なのでしょうか。
祥玉園は、小林幹さんと小林裕さんが代表取締役を務める製茶の会社です。

 

正式名称は、祥玉園製茶株式会社といい京都府京田辺市に所在します。
創業は文政10年(1827年)とかなり歴史のある会社です。

 

また代表を努めている小林裕さんは、お茶の名産地京都でただ一人の茶審査技術十段の茶師の資格をもっています。
さらに農林水産大臣賞を受賞し、日本茶鑑定士のという肩書もあります。

 

茶師の中でも卓越した審査技術を持つ、選ばれし者にのみ与えられる日本最高段位。
そんな素晴らしい人物が代表を努めている会社なのです。

 

Sponsored Link

 

鶴雲(かくうん)|日本抹茶

小林裕さんが代表を務める京都の宇治茶「祥玉園」。
その祥玉園で製茶されている「鶴雲(かくうん)」。

 

いったいどのようなお茶なのでしょうか。
茶の木に覆いをかけて積まれた新芽は蒸したあと、揉まずに乾燥させます。

 

この作業を行われると「碾茶(てんちゃ)」と呼ばれる状態になります。
そして碾茶を石臼で挽いて抹茶にするそうです。

 

抹茶は挽きたてが、味・色・香り、全てにおいて一番なんだとか。
また鶴雲(かくうん)のほかにもいくつかの抹茶があります。

 

瑞祥(ずいしょう)
抹茶祥玉(まっちゃしょうぎょく)
千代昔(ちよむかし)
初昔(はつむかし)
豊昔(とよむかし)
祝の白(いわいのしろ)
泉の白(いずみのしろ)

 

などの種類があります。

 

Sponsored Link

 

鶴雲(かくうん)|値段価格など金額と通信販売など購入方法

 

鶴雲(かくうん)|値段価格など金額

小林裕さんが代表を務める京都の宇治茶「祥玉園」。
その祥玉園で製茶されている「鶴雲(かくうん)」。

 

とても素晴らしいお抹茶ということがわかりました。
では、気になるのはどの値段や価格などの金額ですよね。

 

いったいどのくらいの金額なのでしょうか。
祥玉園製茶株式会社での抹茶の値段です。

 

■ 瑞祥(ずいしょう)
40g缶入・・・5,000円 (税込 5,400円)
100g缶入・・・11,000円 (税込 11,880円)
200g缶入・・・20,900円 (税込 22,572円)

 
 
■ 鶴雲(かくうん)
40g缶入・・・3,000円 (税込 3,240円)
100g缶入・・・7,300円 (税込 7,884円)
200g缶入・・・14,000円 (税込 15,120円)

 

■ 抹茶祥玉(まっちゃしょうぎょく)
40g缶入・・・2,500円 (税込 2,700円)
100g缶入・・・6,000円 (税込 6,480円)
200g缶入・・・11,500円 (税込 12,420円)

 

■ 千代昔(ちよむかし)
40g缶入・・・2,000円 (税込 2,160円)
100g缶入・・・5,000円 (税込 5,400円)
200g缶入・・・9,500円 (税込 10,260円)

 

■ 初昔(はつむかし)
40g缶入・・・1,750円 (税込 1,890円)
100g缶入・・・4,000円 (税込 4,320円)
200g缶入・・・7,600円 (税込 8,208円)

 

■ 豊昔(とよむかし)
40g缶入・・・1,500円 (税込 1,620円)
100g缶入・・・3,400円 (税込 3,672円)
200g缶入・・・6,400円 (税込 6,912円)

 

■ 祝の白(いわいのしろ)
40g缶入・・・1,200円 (税込 1,296円)
100g缶入・・・2,800円 (税込 3,024円)
200g缶入・・・5,300円 (税込 5,724円)

 

■ 泉の白(いずみのしろ)
40g缶入・・・1,000円 (税込 1,080円)
100g缶入・・・2,200円 (税込 2,376円)
200g缶入・・・4,200円 (税込 4,536円)

 

■ 碾茶(てんちゃ)
50g缶入・・・1,500円 (税込 1,620円)

 

※ お値段は、変更になる場合があります。

 

 

鶴雲(かくうん)|通販など購入方法

小林裕さんが代表を務める京都の宇治茶「祥玉園」。
その祥玉園で製茶されている「鶴雲(かくうん)」。

 

どこで販売していて購入することができるのでしょうか。
通販サイトを調べてみました。

 

いろいろ調べたところ、公式サイトから購入できるようです。
なので「鶴雲(かくうん)」などほかのお抹茶を購入したいと思った方は、こちらからどうぞ。

 

 

まとめ

小林裕さんが代表を務める京都の宇治茶「祥玉園」。
その祥玉園で製茶されている「鶴雲(かくうん)」。

 

歴史と伝統のあるお茶を自分用やプレゼント用に買っても良いですね!

 

美味しい日本茶が飲みたくなってきましたね。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link