科捜研の女17シーズン2017続編初回1話視聴率と感想!犯人はグルメサイト社員?

2017年10月20日2017秋ドラマ, 科捜研の女17Anly, 中川大志, 内藤剛志, 沢口靖子

ドラマ「科捜研の女17シーズン」がついに放送開始されました!

主演に沢口靖子さん、共演者に内藤剛志さん、風間トオルさんら豪華出演陣が集結!

主題歌はAnly(アンリー)さんの「Venus(ヴィーナス)」が抜擢されました。

あなたも科捜研の女シリーズを、待ち望んでいたのではないでしょうか。

こちらでは、ドラマ「科捜研の女17シーズン」初回1話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「科捜研の女17シーズン」の初回1話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「科捜研の女17シーズン」の関連記事はこちら

■ 主題歌
Anly「Venus」歌詞と発売日やPV動画は?科捜研の女主題歌


 

Sponsored Link

 

科捜研の女17シーズン|初回1話の評判反応とあらすじ

 

科捜研の女17シーズン|初回1話の評判と反応

まずは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

科捜研の女シリーズを楽しみにしていた人が多かったようです。

沢口靖子さんが相変わらずの演技力で素晴らしいと評価されていました。

また新しいキャストの中川大志さんがとても人気でした。

 

 

科捜研の女17シーズン|初回1話のあらすじ

肉の熟成庫から両腕を吊るされた銀行員男性の遺体を発見し、マリコ(演:沢口靖子さん)は生きたまま吊るされたと判断。

しかし薬品投与で無抵抗か不明だが、抵抗した外傷もない。

被害者が人気口コミグルメサイト「舌三郎」のカリスマレビュアーと判明。

藤倉(演:金田明夫さん)に連れられ、民間鑑定所鑑定人・江藤(演:中川大志さん)が来る。

熟成庫の持ち主でレストラン社長の里美(演:櫻井淳子さん)が、土門(演:内藤剛志さん)の捜査で熟成庫が使用できないと抗議。

里美独自の判断で無実と証明させるため江藤に依頼、科捜研は藤倉の命令で江藤にデータを提供する。

呂太(演:渡部透さん)による熟成庫の温度・湿度の鑑定、宇佐美(演:風間トオルさん)による金の鑑定から、マリコは被害者の死亡推定時刻を割り出すが、江藤は1時間の違いを指摘。

それは呂太とは違い、熟成庫の風速変化まで視野に入れた結果だった。さらに独自の調査で被害者が「舌三郎」であることもつかむ。

マリコ等は、江藤の頭脳と行動力に目を見張る。

被害者のレビューが店の評価を大きく左右することを知り、里美が店の評価を低く採点された事による犯行と思われた。

しかし「舌三郎」での里美の店の評価は高得点だった。

犯行の動機がなくなったと思われたが、土門は里美の真実の顔を暴く。

里美の謎やマリコが明らかにする「舌三郎」の意外な正体とは・・・。

ここまでが初回1話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

科捜研の女17シーズン|初回1話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

科捜研の女17シーズン|初回1話の感想とネタバレ

「グルメサイト殺人事件」

場面は早朝の熟成庫、人間が宙吊りになっている。

マリコは自転車で現場に到着した。

遅れてゾクゾクと警察関係者がやってくる。

死因は霜焼けによる低体温症で、外傷はなく抵抗した様子はなかった。

マリコは「わたしを吊るして」と頼んだ。

マリコの手首に傷跡が残ってしまうが、被害者の方が傷痕が少ないことを裏付けた。

現場検証をしている時に里美がやってきて慌てふためいている。

温度や湿度の変化を心配しているようだった。

土門が里美に被害者の写真を見せるが、知りませんとあしらう。

毒物の可能性があると睨んだが、解剖して胃の中も見ることになった。

各々がいろいろな調査をしてデータ化している。

現場はカメラが2箇所だったが、誰も写っている様子はなかった。

被害者は飲食店の点数を記したメモ帳を携帯していた。

点数は5点満点で4.7と記されていた。

マリコが胃の内容物は多岐にわたっている為時間がかかると所長に話す。

被害者はグルメサイトレストラーゼに投稿していた「舌三郎」という人物だった。

「舌三郎」は渡辺蒼汰、これまでに投稿したレビューは2,600ほど。

そこに里美がやとった鑑定人の江藤がやってくる。

江藤は熟成庫の風速も含めて計算に入れて指摘。

江藤は科捜研に入りたかったと漏らした。

欠員募集の時に呂太が入ったため、江藤は入れなかったという。

レストラーゼも店側も「舌三郎」の正体は知らないが、里美は知っていたのではと土門が睨む。

里美は以前「焼肉里美屋」を経営していて、舌三郎から低評価をもらっていた。

これは渡辺をあやめる動機になると里美に訴えた。

マリコが調べた胃の中の成分には、あまり良くない食物が出てきた。

所長は、レビューの文章の一人称や句読点の付け方で、同じ人ではない可能性があると気づいた。

舌三郎は一人ではないようだ・・・。

江藤は渡辺の携帯とパソコンを調べる。

ロタは2,600レビュー投稿場所の特定作業。

マリコは胃の内容物鑑定、毒物はでてこなかった。

江藤はロタのやりかたに税金の無駄遣いだと憤る。

涌田のカメラ解析には日本各地で被害者の銀行の同僚が映っていた。

同僚たちは同じアカウントでレビューを投稿していたようだ。

ATMのカメラには渡辺のネット口座にお金を振り込んでいた里美の姿がいた。

里美は定期的に口座にアドバイス料を振り込んでいた。

渡辺と里美は面識があって、里美が肉の熟成知識を聞いていたようだ。

渡辺は熟成庫の鍵を持っていたと土門が知る。

舌三郎は採点屋という、店からお金をもらって評価するレビュアー組織だった。

江藤は自分の鑑定に自信があり、ロタにも手伝うように訴える。

マリコと江藤の鑑定人としての考え方は違うようで衝突する。

江藤は仕事に効率を求めている。

マリコはその後、胃の内容物と釉薬の反応実験をする。

ロタは引き続き投稿場所の特定作業。

翌日マリコたちの鑑定から、被害者は毒物ではない毒物中毒になっていたという結果が浮上。

ロタも同じIPの特定作業を、先に誰かがしていることに気づく。

情報を探っていたのは、レストラーゼの社員だった。

被害者が死んだのは味噌酸で溶けた釉薬とグレープフルーツを食べ、血中濃度が一気に上がったためだった。

犯人は被害者が倒れたのを発見し、里美の熟成庫に吊るしたのだった。

レストラーゼの社員が複数のアカウント利用者の舌三郎を懲らしめるための犯行だったが、不幸の連鎖で亡くなってしまい熟成庫に隠すしかなかったのだった。

 

科捜研の女17シーズン|初回1話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「科捜研の女17シーズン」の初回1話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて初回1話の視聴率はどうだったのでしょうか。

第17シーズン目の大人気「科捜研の女」シリーズ。

大変多くの方が注目するドラマであることは予想がつきます。

物語の展開や事件の謎解きが、大変みどころの作品ですよね。

また出演陣が沢口靖子さん、内藤剛志さん、中川大志さんや他の出演者も大変豪華です。

そして第17シーズン開始前のスペシャルでも、注目が集まっていました。

それにドラマの初回なので、見てみようと思う方が居ると思います。

いろいろと考えをめぐらした結果、初回1話の視聴率は二桁をマークするのではないでしょうか。

追記: 2017年10月20日

初回1話の視聴率は・・・12.3%でした。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「科捜研の女17シーズン」の初回1話についてお届けしました。

沢口靖子さんの身体を張った演技が、素晴らしかったです。

それに中川大志さんの新しい風がドラマに良い影響を与えているようでした。

毎週欠かさずチェックしていきたいですね!


◯ ドラマ「科捜研の女17シーズン」の関連記事はこちら

■ 主題歌
Anly「Venus」歌詞と発売日やPV動画は?科捜研の女主題歌


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!