木嶋真優の父親など両親は?年齢や出身大学など経歴も調査!

有名人

木嶋真優(きしままゆ)さんという人物をご存知でしょうか。
バイオリニストとして活躍する女性です。

 

幼少期から音楽に触れ育った木嶋真優さん。
日本や海外のヴァイオリンのコンクールなどで活躍しています。

 

いったいどのような人物なのでしょうか。
とても気になる女性ですよね。

 

こちらでは、木嶋真優さんの年齢や出身など経歴がわかるwikiとプロフィール。
また通っていた大学や高校など出身の学校はどちらだったのか。
そしてお父様やお母様などご両親はどんな人物なのかについても迫りたいと思います。

 

今回は、木嶋真優さんについてご紹介させていただきます!

 

 

Sponsored Link

 

 

木嶋真優|wiki風プロフィール

 

 

木嶋真優|どんな人物?

木嶋真優さんとは、いったいどのような人物なのでしょうか。

 

生年月日は1986年12月13日生まれの年齢31歳(2018年1月時点)。
干支はとら年、星座はやぎ座、血液型は不明。

 

身長は155.0センチメートル、体重は不明。
兵庫県の神戸市の出身。

 

職業はヴァイオリニストとして活動しています。
幼少期からヴァイオリンを始め、数多くの教室に参加。

 

メキメキと成長を続け、数多くの賞を獲得するようになリます。
その後、才能が認められ、若くして留学。

 

留学後も華々しく活躍をされています。
現在は、コンサートやリサイタルのかたわら、室内楽や後進の指導にも力を入れているそうです。

 

 

 

木嶋真優|ヴァイオリニスト

ヴァイオリニストとして活躍する木嶋真優さん。
ヴァイオリンの演奏は、どのような感じでしょうか。

 

こちらは、ワシントンでのコンサートの映像です。
木嶋真優さんのヴァイオリンと柳谷良輔さんのピアノの演奏の様子。

 

 

聴いた瞬間に背筋がゾクッとなるような奇妙な感覚に囚われました。
武者震いにも似たような感覚です。

 

そのくらいこの演奏を聴いて、素敵だなと思いました。
木嶋真優さんも「色々ありますが暖かい空間で素敵な方達にサポートして頂いた貴重な思い出」と話しています。

 

いろいろな想いが込められたコンサートになったのでしょう。
とても感慨深く印象に残りそうな演奏ですね。

 

 

Sponsored Link

 

 

木嶋真優|出身大学と父親など両親

 

 

木嶋真優|大学など出身学校

素晴らしい経歴を持つ木嶋真優さん。
通っていた学校は、どちらの学校なのでしょうか。

 

幼少期より音楽に触れる毎日だった木嶋真優さん。
とても品格のある家庭に育てられたことだと思います。

 

いくつかの音楽コンクールで金賞や1位を獲得。
数多くのヴァイオリニストを師事されています

 

小学校や中学校は、小林聖心女子学院に在籍していました。
小林聖心女子学院は、小中高一貫教育を実施しているカトリック系聖心会のミッションスクールです。

 

中学生時代も音楽コンクールで最高位に達しています。
また 奨学生に選出され、アメリカ・アスペンのサマーフェスティバルに参加されました。

 

小中高一貫の学校なので、高校も進学するのかと思いきや、
中学2年生の時、横浜で開催されたザハール・ブロンさんのセミナーに参加した際。
ザハール・ブロンさんから「今すぐ留学した方がいい」とアドバイスを受け、
2001年10月にケルン音楽大学ヤングコースへ留学しました。

 

その大学で同大学教授であるザハール・ブロンさんに師事しました。
2002年度文化庁海外派遣研究員となりました。

 

ザハール・ブロンさんから才能を見初められ、「教え子の中で1、2を争う才能」と評されています。
著名アーディスとのレコーディングに参加したり、プラハ交響楽団の日本ツアーにも参加。

 

2008年には初のソロアルバム「ジャコンヌ」を発売。
2011年10月、ケルン国際ヴァイオリンコンクールにて優勝。

 

 

その後もいくつかのアルバムをリリース。
ヴァイオリニストとして世界を股にかけて活躍されています。

 

 

木嶋真優|父親や母親など両親

ヴァイオリニストとして世界の最前線で活躍する木嶋真優さん。
とても素晴らしい環境で育ったのだと思います。

 

お父様やお母様などご両親はどのような方なのでしょうか。
木嶋真優さんが芸名でなければ、ご両親の苗字は木嶋ですね。

 

お父様の名前は正憲(まさのり)さん。
音楽が大好きな方です。

 

お母様の名前は真理(まり)さん。
ピアノの演奏をされている方です。

 

木嶋真優さんが、幼少期からのヴァイオリンを始めたのは両親がきっかけ
はじめはピアノをさせようと考えたそうですが、手が小さかったので違うものをと考えました。

 

そこで小型のヴァイオリンを始めさせたそうなんです。
練習の際はぐずぐずしていた木嶋真優さん。

 

しかし弾き始めると夢中になって演奏されていたそうです。
そんな木嶋真優さんも小学校2年生からは、みずから弾き始めるようになったのだとか。

 

それはヴァイオリニストの五嶋みどりさんの公開レッスンの際に、彼女の協奏曲を弾く舞台やリサイタルを聴いたからなんだそうです。
すごく透明感のある音色で、あこがれをもったそうです。

 

それに五嶋みどりさんは、木嶋真優さんを子供ではなくひとりの演奏家として扱ってくれたことが嬉しかったのだとか。
そのこともありヴァイオリニストを目指そうと決意されたそうです。

 

素敵なご両親と師事されたヴァイオリニストたちの助けがあり、
今の素敵な木嶋真優さんが育ったのだなと実感しました。

 

 

 

まとめ

素敵なヴァイオリニストの木嶋真優さん。

 

ご両親や周りの支え合って、ここまでこれたのでしょうね。

 

しかし一番努力されたのは木嶋真優さんでもあります。

 

これからも素晴らしいヴァイオリンの演奏を世に広めてほしいですね!

 

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう