蔵カフェ菜々(さいな)営業日や場所アクセスは?メニューや料金も調査

フード&ドリンク

蔵カフェ菜々(さいな)」という飲食店をご存知でしょうか。
築120年もの蔵を移築して作られた蔵カフェです。

 

ご主人の森山照応さん、森山美奈子さんの夫妻で営むあたたかみのあるカフェです。

わたし
いったいどのようなカフェなのでしょうか。
とても気になる飲食店ですよね。

 

こちらでは、蔵カフェ菜々(さいな)の店舗、経歴がわかるWikipedia(ウィキペディア)はあるか。
また営業日、定休日、営業時間、開店や閉店時間。

 

そして場所やお店までのアクセス。
さらにカフェメニューや値段料金など価格はいくら位の金額なのかについても迫りたいと思います。

 

今回は、蔵カフェ菜々(さいな)についてご紹介させていただきます!

 

 

蔵カフェ菜々(さいな)|wiki風インフォメーション

 

蔵カフェ菜々(さいな)|どのような飲食店なのか

蔵カフェ菜々(さいな)とは、いったいどのようなカフェなのでしょうか。
森山照応さん、森山美奈子さん夫妻がはじめたカフェです。

 

場所は石川県穴水町、築120年という歴史のある蔵を移築してオープンさせました。
奥様の美奈子さんは穴水町の出身で20歳から町役場に努めていました。

 

美奈子さんが21歳になったときに、同じ穴水町出身の照応さんと結婚。
出身が同じなんて運命みたいで羨ましいですね。

 

そして3人の子宝に恵まれたそうです。
順風満帆にしあわせを謳歌している感じで微笑ましです。

 

それから美奈子さんは友人や趣味の仲間たちが気軽に集えるカフェを作る夢を抱く様になったそうです。
笑いが絶えずとても賑やかで楽しそうなカフェになりそうで、すごくいい夢を思い描いていたのだなと思います。

 

その夢を叶えるきっかけとなったのが、2011年の能登地方を襲った大雪だったそうです。
実家の横にあった蔵が傾き修復を余儀なくされ、不幸中の幸いにもカフェの夢と結びつきました。

 

 

意を決して早期退職を決めた美奈子さんは、照応さんのサポートのもとカフェを開業。
照応さんも、以前からやりたいと考えていた農業をしようと退職を決意。

 

二人の息の合ったコンビプレイで、2017年1月に蔵カフェ菜々(さいな)をオープンさせました。
古民家再生の助成金、これまでの蓄えがあったことも大きなプラスになったとか。

 

備えあれば憂いなしという言葉を体現されていますね。
美奈子さんの夢であるカフェが落ち着くと、照応さんが農業を本格的にスタートさせました。

 

まずは奥様の夢から優先してあげる素敵な旦那様がかっこいいですね!

 

ちなみにカフェのメインは日替わりランチプレート。
また美奈子さんの港のともだちから分けてもらった地元の魚、照応さんのハウス栽培の野菜が食材だそうです。

 

ここでも二人の息があっているのがすごいですね、おそらく困難もあったでしょうがお互いに無いものを補って倍以上のすごいものを作り上げています。
なるべく地元のモノを使いたいという美奈子さんのこだわりも素晴らしいですね。

 

お店では長女の舞さんが接客しサポート、さらに夜の営業では農業を終えた照応さんや次男の悠哉さんもお手店を手伝ってくれます。
家族で支え合って素敵な空間を作り上げている森山一家が、すごく良いなと思いました。

 

Sponsored Link

 

蔵カフェ菜々(さいな)|メニューや料金

あたたかい森山一家がキリモリする「蔵カフェ菜々(さいな)」。
お店のメニューや料金は、いったいどのような感じなのでしょうか。

 

メインの日替わりランチメニュー(11時~14時まで)はソフトドリンク&ケーキ付で1,000円とお手頃です。
また11時から18時までのカフェメニューである日替わり2種盛ケーキセットソフトドリンク付きは600円とちょっとした一息にもってこいのメニュー。

 

ディナーメニューは18時~22時は菜々お任せディナーセットが「梅、竹、松」の三種用意されています。
梅(3,000円)、竹(4,000円)、松(5,000円)となっていて、営業日1日前までに連絡をするとスムーズとのこと。

 

 

ドリンクメニューはコーヒー、エスプレッソ、カフェマキアート、カフェラテ、カプチーノなどカフェに欠かせない飲み物を用意。
お子さん向けのオレンジジース、アップルジュースやコカコーラ、紅茶のホットとアイスなど各種500円以内で取り揃えてあります。

 

アルコールメニューはビール、日本酒、焼酎、カクテル、ボトルワインとかなりバリエーション豊富です。
お酒類は500円と一定価格となっていますが、ボトルワインは少し値が張る印象です。

 

これだけのメニューがあれば充分ですよね。
楽しい空間を満喫できることでしょう。

 

また蔵カフェ菜々(さいな)では、ヘッドセラピー体験を実施しているそうです。
実施日は2017年7月22日となっていますので、現在もやっているかはお問い合わせしないとわからないです。

 

場所:蔵カフェ菜々(さいな)
時間:14時~16時
料金:1,000円
※ 手作りケーキ&コーヒーまたは紅茶付き。

 

Sponsored Link

 

蔵カフェ菜々(さいな)|営業日時と場所アクセス

 

蔵カフェ菜々(さいな)|場所アクセス

あたたかい森山一家がキリモリする「蔵カフェ菜々(さいな)」。
お店の場所やアクセスは、どのような感じなのでしょうか。

 

〒927-0027
石川県鳳珠郡穴水町川島ツ126−番地

 

穴水港あすなろ広場のすぐ横にあり、七尾北湾に面したばしょにあります。
空気もいいし海が眺めれて景色もいいので、食事には最適の場所です。

 

交通が不便かなと思いきや穴水駅から徒歩約11分で行ける場所にあります。
公式サイトには記載されていませんが、車で来ても充分駐車できるスペースがあります。

 

お車の際は確認してから行ったほうがスムーズかもしれませんね。

 

 

蔵カフェ菜々(さいな)|営業日時

あたたかい森山一家がキリモリする「蔵カフェ菜々(さいな)」。
お店の営業日時や定休日は、どのような感じなのでしょうか。

 

■ 営業時間 :
11:00~21:00

■ LunchTime :
11:00~14:00

■ CafeTime :
14:00~18:00

■ DinnerTime :
17:00~21:00
※ DinnerTimeは御予約制。

■ 定休日:
月曜

■ お問い合わせ:
TEL0768-52-0855

■ 公式サイト:
蔵カフェ菜々(さいな)

 

Sponsored Link

 

まとめ

あたたかい森山一家がキリモリする「蔵カフェ菜々(さいな)」。
とても素敵な空間で、コーヒーを飲んで一息つくのは最高ですよね。

 

大人のリラックスタイムを提供してくれる素敵なカフェです。

わたし
最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう