蔵方菜央の出身小学校や所属チームなどwikiは?父母や兄も調査!

有名人

蔵方菜央(くらかたなお)さんという人物をご存知でしょうか。
女子野球界を担う未来の女子小学生です。

 

小学生の中から12球団選抜チームを結成し、日本一を競っている史上初の女子主将でもあります。

 

いったいどのような人物なのでしょうか。
とても気になる野球少女ですよね。

 

こちらでは、蔵方菜央さんの年齢や出身、血液型など経歴がわかるwikiとプロフィール。
またお父様、お母様、兄弟姉妹など家族、小学校など出身学校。
そして所属している野球チームについても迫りたいと思います。

 

今回は、蔵方菜央さんについてご紹介させていただきます!

 

 

蔵方菜央|wiki風プロフィール

 

蔵方菜央|どんな人物?

蔵方菜央さんとは、いったいどのような人物なのでしょうか。

 

2005年度生まれの年齢12歳。
小学6年生の少女です。

 

身長が161.0センチメートルと小学生にしては、すこし大きいですね。
体重は50.5キログラム。

 

東京都西東京市の出身。

 

とても熱い性格で、三振を取った時に「よっしゃー」と気持ちよく叫ぶのだとか。
またどんなにきつくて辛い練習にも耐えるメンタルの強さを秘めています。

 

大きな体格と日焼けした笑顔が眩しく、ポニーテールと野球のユニフォームが似合う少女です。

 

Sponsored Link

 

蔵方菜央|所属チーム

未来の球界を担う史上初女子主将の蔵方菜央さん。
所属しているチームは、いったいどちらでしょうか。

 

蔵方菜央さんは、ひばりが丘ヤンキースに所属していました。
ポジションは、投手。

 

利き腕は、左投げ左打ち。
2017年からは、埼玉西武ライオンズジュニアの史上初女子主将として活躍しています。

 

背番号は、あこがれのダルビッシュ有選手と同じ「11」番。
これはひばりヶ丘ヤンキース時代でも同じでした。

 

また西武の浅村栄斗選手、日本ハムの中田翔選手、DeNAの筒香嘉智選手も好きと話しています。
勝負師の目や試合中のかっこよさが、蔵方菜央さんのつらいときの支えになっているようです。

 

 

球速は、最速116km/hをマーク。
粘り強さのある守備も魅力的。

 

札幌ドームで行われた東京楽天ゴールデンイーグルスジュニア、中日ドラゴンズジュニアとの試合にはどちらも敗れています。
しかし今後ジュニアチームの中で、最も活躍できるポテンシャルを秘めているチームといえます。

 

ライオンズジュニアの岡村隆則監督も「歴代の女子選手の中でNo.1で、男子の中でやっていても遜色ない」と評しています。
主将として選ばれた理由は、元気と積極性、本当に心から野球を愛しているという熱意が伝わったからだそうです。

 

練習には誰よりも先にグラウドに入るし、野球をしているときの目は野獣のようにギラギラとしているそうです。
監督から主将の打診を受けたときには、「出来ます!」と即答だったのだとか。

 

本当に野球が楽しくてしょうがないんでしょうね。

 

Sponsored Link

 

蔵方菜央|小学校など出身学校、父母兄弟姉妹など家族

 

蔵方菜央|小学校など出身学校

埼玉西武ライオンズジュニアの史上初女子主将である蔵方菜央さん。
小学校など出身学校は、どちらの学校に通われているでしょうか。

 

東京都西東京市の出身である蔵方菜央さん。
小学校は、地元の学校に通われていたと思われます。

 

いまのところ学校名までは、明かされていません。
ひばりヶ丘ヤンキースに所属していたので西東京市立中原小学校か西東京市立中原小学校あたりではないかと思います。

 

中学からは、強豪硬式クラブチームに入部予定
将来の夢は、マドンナジャパンである女子野球日本代表のエースになることです。

 

さらに引退後まで考えているそうです。
指導者になってプロ野球選手の育成、教育に携わりたいと話しています。

 

小学生な柄にして未来の展望をしっかりと見据えている、素晴らしい金の卵と言えるでしょう。

 

 

蔵方菜央|父母兄弟姉妹など家族

未来の球界を担う史上初女子主将の蔵方菜央さん。
ご家族にはどのような方がいらっしゃるでしょうか。

 

いろいろしらべたところ、お父様お母様の両親とお兄様がいらっしゃるようです。
とくに野球を始めたのが、3歳年上のお兄様の影響だったそうです。

 

4歳のことから野球をはじめて、土日は毎週バットとグローブを持ち没頭していたのだとか。
サッカーや水泳などの他のスポーツもしてきたけれど、野球が一番好きと感じ野球一本でやってきたそうです。

 

そんな野球少女でもお父様の基さんは、「胃が痛いです」と心配そうに蔵方菜央さんの姿を見ているのだとか。
可愛い娘さんなので気持ちがわかりますね。

 

しかし本人が野球が好きで楽しそうにやっている姿や女子主将として役目を果たしている姿を緊張しながら応援しているようです。
あたたかい家族に応援されながら、蔵方菜央さんは楽しい野球を一生懸命頑張っています。

 

 

まとめ

未来の球界を担う史上初女子主将の蔵方菜央さん。

 

マドンナジャパンのエースとして活躍することが出来るのか。

 

今後の活躍にも注目です!

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link