フランス大統領選挙のマクロンとはどんな人?嫁の年齢や夫人と子供の画像は?

未分類

フランス大統領選挙のマクロンとはどんな人?と話題!

 

気になるのは、歳や結婚歴や生い立ちはユダヤ人?ロスチャイルド出身?嫁の年齢やマクロン夫人と子供など家族の画像についてですよね♪

 

今回は、フランス大統領選挙のマクロンとはどんな人?嫁の年齢や夫人と子供の画像は?についての関連する情報をご紹介させていただきます!

 

スポンサーリンク

 

フランス大統領選挙のマクロンとは?

プロフィール

フランス大統領選挙に出馬中のマクロン氏とは一体どんな方なのでしょうか?以下にプロフィールをまとめてみました。

 

氏名 エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン
生年月日 1977年12月21日
年齢 39歳 ( 2017年時点 )
出身地 フランスのソンム県アミアン
出身校 パリ政治学院 / 国立行政学院
前職 投資銀行員
現職業 政治家
所属政党 社会党 ( 2006年 – 2009年 )
無所属 ( 2009年 – 2016年 )
アン・マルシェ! ( 2016年 – )

 

生い立ち

1977年12月21日、神経学者である父ジャン=ミシェル・マクロンと医師である母フランソワーズ・マクロン=ノーグスの息子として生まれました。

 

フラスの首都パリ北部のソンム県アミアンに出生。

 

パリ5区の名門アンリ4世高校 ( リセ・アンリⅣ ) で学んだ後、バカロレアに合格しました。

 

パリ第10大学に入学し、ヘーゲルに関する論文で学位を取得した。

 

高等師範学校を志望するが試験に2度失敗し、その後はパリ政治学院、国立行政学院 ( ENA ) を卒業しました。

 

2004年からフランスの財務省財政監察官として働きました。

 

2006年に社会党に入党し、2007年大統領選挙で社会党候補のセゴレーヌ・ロワイヤルを支援。

 

2008年にロスチャイルド家のフランス中核銀行に入行し、2010年には副社長に昇進。

一時期年収200万ユーロになりまいした。

 

2012年からフランス大統領のフランソワ・オランドの側近として数々の政策で活躍し、2017年に「アン・マルシェ!」の支援を受け独立候補として大統領選挙に出馬しました。

 

スポンサーリンク

 

フランス大統領選挙のマクロン夫人の年齢や子供の画像は?

マクロン夫人

マクロンさんは、29歳の時に高校時代のフランス語の先生であった24歳年上の女性ブリジットさんと結婚しました。

 

マクロンさんとマクロン夫人は、当時、学校内の演劇クラブで知り合いました。

 

マクロン夫人は、銀行員の夫と3人の子供がいたそうで、結果的に略奪をした形になったのではないでしょうか。

 

マクロンは、マクロン夫人にかなりゾッコンだったようです。

 

マクロン夫人は当時の銀行員の旦那よりも稼ぎの良い元銀行員のマクロンさんと結婚できたので、ある意味玉の輿ともいえますね。

 

夫人と子供の画像

二人の間にお子さんはいらっしゃらい様ですが、マクロン夫人の連れ子とは関係が良好のようです。

またお子さんの画像は見つかりませんでしたが、マクロン夫妻はいまも仲良しのご様子です。

 

 

年の差婚で再びとても話題になっていますね。

 

まとめ

今回は、フランス大統領選挙のマクロンとはどんな人?嫁の年齢や夫人と子供の画像は?についての関連する情報をご紹介させていただきました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

気になるのは、歳や結婚歴や生い立ちはユダヤ人?ロスチャイルド出身?嫁の年齢やマクロン夫人と子供など家族の画像についての疑問は解消されましたでしょうか。

 

少しでも皆様の疑問を解消できましたら幸いです。

 

フランス大統領選のエマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロンさんの今後の活躍に期待です!

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

スポンサーリンク