水木翔子(ミナキー)年齢や職業経歴は?今現在やその後も☆雷に打たれた激レアさん

バラエティ, 激レアさんを連れてきた。

あなたは雷に打たれたことがありますか?「え?雷に打たれたら普通死ぬのでは?」と思ったのではないでしょうか。

しかし雷に打たれても生きていた方がいらっしゃるんです!

その名は、水木翔子(みなきしょうこ)さんと言って、ミナキーミニャキーの愛称で呼ばれています。(以下:ミナキさん)

しかもミナキさんは、家の中で雷に打たれています。

すごすぎですね!宝くじが当たるより高い確率のような気がします。笑

そんなすごい激レアな経験をされたミナキさんの素性が、めっちゃ気になると思います。

こちらでは、ミナキさんの基本的なプロフィールや職業など経歴について迫りたいと思います。

今回は、「家の中にいたのに思いっきりカミナリに打たれた人。」のミナキさんについてご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

ミナキ|「雷に打たれた激レアさん」状況と被害・後遺症

 

ミナキ|「雷に打たれた激レアさん」当時の状況

カミナリが直撃したのは平成15年8月5日の千葉県八千代市での出来事。

今から14年前ですね。(2017年現在)

この日は落雷を伴う約100mmの記録的大雨が降っていました。

当時ボーカルトレーナーをされていたミナキさん。

ウメノさんという生徒のレッスン中だったそうです。

ウメノさんはかなりの音痴で、その時は越路吹雪さんの「ろくでなし」をレッスンしていました。

ミナキさんがシンセサイザーで演奏している時に、突如轟音とともに落雷が窓を突き抜け右手に直撃しました。

ミナキさんはこの時に2メートルほどふっ飛んだそうです。(*_*)

大人が2メートルふっ飛ぶとか、かなりの衝撃ですよね・・・。

ミナキさんは雷が落ちた時、その瞬間が見えたそうです。

どんな光景だったんでしょうね。一瞬のことで「うぉまぶし!」と思ったんでしょうか?

雷に打たれたミナミさんは、直撃した右手から肘まで全く動かなかったようです。

手がパンパンに腫れ上がってしまいましたが、病院嫌いだったミナキさんはそのままレッスンを再開しました。

えええー!?絶対病院行ったほうが良いですよね・・・。(*_*)

しかし意識がなくなってなかったり、そのままレッスン続けたりすごい人ですね。笑

ウメノさんからは「ドアノブを触ったらビリっときた」と言われたそうです。

その6時間後にようやく病院に行ったミナキさん。

ミナキさんは、感電による電撃傷という症状(見た目では重症度が判断できないし、時間経過とともに損傷が拡大)が懸念されていました。

しかし治療処置を勧められましたが、注射が怖いので拒否してしまいます。

患部を治すためだったら怖くても絶対に注射しますよね・・・。(*_*)

悪化するかなと思ったら、なんと1ヶ月で完治しました。

どういうことー????(*_*)

ミナキさんがすごいのか、雷が弱かったのかよくわからないですね・・・。

2メートルふっ飛んで患部が動かなかなくても、レッスンを続けたミナキさんがすごいんですね!

貴重な体験をされたミナキさん、運が良すぎますね。

どうせなら宝くじが当たる方に、運を使いたいと思ったのではないでしょうか。笑

 

ミナキ|「雷に打たれた激レアさん」被害・後遺症

雷に打たれたミナキさん。

被害や変化があったのは、ミナキさんだけではなかったようです。

まず家にあった家電製品が壊れてしまいました。これは異常電圧や電流による雷サージという現象なんだとか。

雷のパワーが電線から家電に伝わりダメージを与えてしまうとのこと。被害を防ぐには家電を使用しない時は、コンセントを抜くことが一番です。

また家電だけではなくレッスン中に使用していたシンセサイザーも壊れました。破損したのはシンセサイザーの」の音階部分のみだったそうです。

なんとも珍しい現象ですよね。

そしてミナキさん自体にも影響がではじめたとか。雷に打たれてからショートスリーパーになってしまったそうです。

毎日3時間半の睡眠で平気になってしまったと語っています。また起きている分、体感ですが歳をとるペースが上がったそうです。

雷による影響でしょうか?眠れなくなったとはいえ、命があっただけ奇跡ですよね。

心臓に伝わると死亡するケースが多く、落雷の被害者が年間19名と死亡率70%と高い確率です。

結構落雷に合う人って居るんですね・・・。

ミナキさんは雷が心臓を伝わらなかったのでしょう。

雷に打たれないようにする対策もあるそうです。

自宅にいる場合は、雷サージ対策に家中の家電のコンセントを抜く。

また窓や壁、水回りに近づかない。

屋外の場合は、電柱と電柱の間の電線の下に逃げるのがベストなんだとか。

生存率を上げるためには、対策をしっかりしたいですね。

しかしいざやらなきゃ!と思っても雷が鳴ったら、まず「おへそ」を隠しますよね。笑

 

Sponsored Link

 

ミナキ|「雷に打たれた激レアさん」年齢や職業経歴

 

ミナキ|「雷に打たれた激レアさん」職業経歴

雷に打たれたミナキさん。

当時からボーカルトレーナーをされています。

その実力を買われ全国歌唱指導講師として活躍するほどです。

また作詞・作曲家でもあります。

東芝EMIビクターエンタテインメントなど数多くのレコード会社から楽曲を発表したり、森昌子さん中条きよしさんなど多くのアーティストに作品を提供しています。

そしてご本人も歌手として活動されていて、代表曲に1979年「まだよ」や最近では2012年「YES,愛 do」などの名曲を排出しています。

 

 

ミナキ|「雷に打たれた激レアさん」年齢

ミナキさんの年齢は不明です。

誕生日は7月25日と公開されていましたが、年齢まではわかりませんでした。

ただ代表曲「まだよ」が1979年12月となっています。「まだよ」はミナキーさんがシンガーソングライターとしてデビューした楽曲です。

2017年から逆算して38年前ということがわかります。

またこちらの画像は当時のレコードジャケットです。

 

 

とてもお美しいミナキさんが映し出されています。外見から判断すると10代後半から20代前半だと推測されます。

なので合わせるとミナキさんの年齢はだいたい40後半から50代前半くらいではないかなと思います。

いまでも昔と変わらずの美貌なので、永遠の17歳でも全然やっていけそうです!

ミナキさんの様な雷に打たれても死なない、運の強い素敵な女性になりたいですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「家の中にいたのに思いっきりカミナリに打たれた人。」のミナキさんについてお届けしました。

雷に打たれるということが果たして人生の中であるかないかわかりませんが、雷に打たれた上に生きているという強運のミナキさん。

今後も素敵なアーティストとして活躍されるでしょうね!

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link