南克幸の現在は?子供や嫁画像と弟は誰?バレーボールと今の経歴と年収も

バラエティ, 爆報!THEフライデー

あなたは、バレーボール元日本代表の南克幸(みなみかつゆき)さんという方を覚えていますか?

バレーボール一家の長男として生まれ、選手として多大な貢献をされてきた方です。

今は社長に就任されて、大活躍しているのだとか・・・すごすぎ。

あなたも一度は南克幸さんの勇姿を、耳にしたことがあったのではないでしょうか。

こちらでは、南克幸さんのバレーボール選手時代と現在の経歴、今何やっているのか?

また南克幸さんの家族であるお子さんや奥さん、そして弟さんについて迫りたいと思います。

今回は、南克幸さんについてご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

南克幸|バレーボール選手や現在の経歴

 

南克幸|バレーボール選手

宮崎県延岡市の出身で、バレーボール一家の長男として生まれてきた南克幸さん。

愛称はカツ。

山口県立宇部商業高等学校から法政大学へ進学。

大学1年の時に全日本代表に選出(1988年)されます。

主にミドルブロッカーのポジションを担当しています。

4年後の1992年にバルセロナオリンピック出場、翌年にユニバーシアード(全世界の学生のためのオリンピック)で金メダルを獲得しました。

大学卒業後は旭化成に入社し、同社バレーボール部の中心選手として活躍されています。

98年実業団リーグ2位でVリーク昇格や全日本代表で世界選手権、国際大会に出場し活躍。

旭化成が休部になってからは、同社社員のまま大分三好ヴァイセアドラー(大分を本拠地とする男子バレーボールチーム)へ移籍。

2008年4月15日に体力の限界を理由に現役を引退されました。

 

 

またピラミッドダービーに元日本代表側で出演し、天才中学生チャンピオン(大阪府昇陽中学校男子バレーボール部)との対決を繰り広げました。

身長は200cmと大柄ですが、温厚で穏やかとても優しい方なんだとか。

容姿が素敵でかっこよく年齢とともにダンディさが増してきて、今でも大人気です。

 

南克幸|現在の経歴

2008年の引退の後、旭化成にもどり旭化成ケミカルズ合成ゴム営業部課長として頑張りました。

同年10月に大阪府で結婚式を挙げています。(当時38歳)

その後、旭化成では約5年間勢力的に努めあげ、2013年に旭化成を退社されています。

 

 

旭化成を退社した同年2月1日に、奥様の実家である老舗海運業の加藤海運の社長に就任

神戸市にある加藤海運は、バレーボール男子の元日本代表南克幸さん(当時42歳)を社長に充てる人事を内定」したとして、連日ニュースになっていました。

そして2017年現在も創業明治10年から続く、老舗海運業の加藤海運の社長として努めています。

加藤海運の事業内容が、海での荷物運び(輸出・輸入)や倉庫管理、保健の代理もされています。

また平成28年に現地法人をタイに設立し、事業を拡大し成長を続けられています。

一時期、その脅威性が話題となったヒアリの恐怖とも格闘していたとか。

社長のモットーである「明るく・元気・前向き」な姿勢を絶やさず、(バレーボール選手だけに)高く跳ね続けチャレンジし続けているそうです。

そして現在は年商100億円となっているので、社長であることからかなり財も気づきあげていると思います。

スポーツ選手として会社経営者として、また人間として素晴らしい経歴ですよね。

 

Sponsored Link

 

南克幸|弟や子供・嫁画像

 

南克幸|弟はどんな人

南克幸さんがバレーボール一家の生まれと先程話しました。

実は弟さんとお父様も有名なバレーボール選手です。

お父様は、南将之(みなみまさゆき)さんといって、オリンピック金メダリスト保持者です。

1972年のミュンヘン五輪の準決勝ブルガリア戦で、2セットを奪われピンチの時に3セット目から出場し逆転勝利の立役者となりました。

そしてこの大会で金メダルも獲得し、このことからミュンヘンの奇跡として語り継がれています。

それ以前にも銅と銀のメダルを保持していたので、日本バレーボール界で3種類のメダルを保持しているのが猫田勝敏とあわせて二人だけなんだとか。

どれだけ南将之さんがすごい人物なのかがわかりますよね。

現役引退後は、全日本バレーボールコーチや監督として活躍されました。

しかし2000年4月7日に心筋梗塞のため、福岡の病院で58歳という若さで亡くなっています。

また南将之さんの息子で南克幸さんの弟である南裕之(みなみひろゆき)さんという方がいらっしゃいます。

南克幸さん同様に身長200cmと大柄で体重87kgの血液型がO型。

あれ?双子かなと思ったら歳はお兄さんと2歳差の1972年8月1日生まれでした。

1990年からアジアジュニア選手権2位、世界ジュニア選手権4位、ユニバーシアード世界大会優勝など、南克幸さん南将之さんに負けず劣らずの結果を残しています。

1994年~1997年に元日本代表として活躍し、現役は退いているようです。

兄弟の仲はとても良く、服の貸し借りをするなかなのだとか。

南裕之さんは寂しがりやでおおらかな面があると話しています。

いちばん気になるのは、バレーボール一家の三人に囲まれていた南将之さんの奥様ですね。

いつも顔を見上げていたのかなと考えてしまいます。

 

 

南克幸|子供と嫁

南克幸さんの奥様は、陽子さんとおっしゃるそうです。

2008年10月に結婚をしてから、新婚旅行後に岡山で披露宴のパーティ。

12月に東京で友人達との食事会をされたそうです。

陽子さんは共働きで、仕事と主婦の両方をがんばっているのだとか。

また克幸さんの健康面を気にして、栄養バランスを考えた手料理を作っているそうです。

社長というのは接待や出張で外食が多く、できるだけ薄味で塩分控えめなんだとか。

そして現在は不明ですが克幸さんが大食漢で全日本時代の練習の後、夕食でバイキングをきれいにたいらげた後に山盛りのパスタを15分でぺろりとたべたのだとか。

そのエピソードを結婚式のスピーチで打ち明けられ、一同が驚いていた様子でした。

陽子さんは、「食費がかかるので覚悟して!」と教えられていたそうです。笑

お子さんの話や画像がありませんでしたが、素敵な南夫妻がとても羨ましいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、南克幸さんについてお届けしました。

バレーボールで活躍した後は、営業課長、代表取締役社長と大躍進を続ける南克幸さん。

素敵なご家族に囲まれて、これからも大きな存在として君臨していけるでしょう。

新たなる希望や未来に、ハイジャンプして手を届かせたいですね!

もしくは、ヒアリを華麗にブロック?

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link