名古屋城天守閣木造復元の入場禁止いつから何日まで?竣工時期も

イベント

こちらでは、名古屋城天守閣木造復元工事において入場禁止がいつから何日までなのか?
竣工時期についても迫りたいと思います!

わたし
今回は、名古屋城天守閣木造復元工事の入場禁止についてもご紹介させていただきます!

名古屋城天守閣木造復元|入場禁止はいつから何日まで

名古屋城天守閣木造復元|入場禁止期間

愛知県名古屋市の顔と言うべき名古屋城
これまで戦後の市民の寄付により再建された、コンクリート製の建造物でした。

戦災の影響により天守閣が焼失。
木造復元工事を推し進めている状況です。

市や市民の希望とも言える名古屋城。
ぜひまた立派な姿を見せてほしいなと誰もが思っていることだと思います。

木造復元工事が着手されるにあたって、工事中は天守閣に入場が禁止となります。
その時期は、2018年5月7日月曜日からとなっています。

予定では2022年(平成34年、新元号3年)12月まで天守閣に入れなくなります。
なので見ておきたいという人は、早めに入場しておくほうが良いでしょう。

なお入場料は天守閣に入れない時期も以前と同様に大人500円です。

Sponsored Link

名古屋城天守閣木造復元|ゴールデンウィークの入場

1年間の大型連休のひとつであるゴールデンウィーク
春の暖かい気候で誰もが外出を考える時期でもあります。

その外出先のひとつに名古屋城を選択する人もいるかと存じます。
では、ゴールデンウィーク中は名古屋城に入れるのでしょうか?

2018年度のゴールデンウィークは、4月28日土曜日から4月30日日曜日。
また5月3日木曜日(憲法記念日)から5月6日日曜日までの3日間+4日間の7日間がお休みの人が大半だと思います。

会社によっては5月1日火曜日、5月2日水曜日もお休みとなって9日間の人もいることでしょう。
ということは名古屋城天守閣木造復元工事が始まるのが5月7日月曜日からなのでゴールデンウィーク中には天守閣に入れるということになりますね。

市が大型連休を利用し工事前の天守閣を惜しむ市民のため解放しているのだと思います。
安全性の面から入場の不安の声も上がっていますが、工事前の天守閣を一目観ようと多くの人で賑わう可能性がありますね。

Sponsored Link

名古屋城天守閣木造復元|竣工時期とエレベーター

名古屋城天守閣木造復元|エレベーター

名古屋城天守閣へ登る方法としてエレベーターが採用される可能性があります。
それは障害者の団体から意見があったからです。

いままででは健常者用の急な階段のみ設置されていました。
天守閣木造化にあたり、階段の代わりにリフトを設置する方針を市が示していました。

しかし障害者やお年寄りの方は筋力が弱くリフトを利用できない人がいます。
このことからエレベーターが設置される可能性があらわれています。

史実に忠実を押し通すか障害者やお年寄りのためエレベーター設置か。
ネットでは賛否両論になっていますが、今後の市の動きに注目が集まります。

名古屋城天守閣木造復元|竣工時期

名古屋市民に限らず、名古屋城を愛する人は多く存在します。
その人達がまた名古屋城の立派な姿を観るために早期工事終了が求められます。

となれば竣工時期はいつになるのかとても気になりますよね。
具体的な日にちは明かされていないものの、名古屋城公式サイトでは2022年(平成34年、新元号3年)12月を予定していると明かしています。

2018年から4年後なので少しの間、天守閣はお預けとなりますが立派になって帰ってきて欲しいです。
また2022年は北京冬季五輪オリンピックの開催年でもあります。

北京が注目されたあとは愛知県が注目される可能性もあります。
名古屋城復活を記念して、パーティや関連グッズなど目白押しとなるでしょう。

記念硬貨なども発売されれば、買っておいても損はないと思います。
新しくなった天守閣を、はやく迎え入れたいですね。

Sponsored Link

まとめ

こちらでは、名古屋城天守閣木造復元工事において入場禁止がいつから何日までなのか?
竣工時期についても迫りました。

わたし
最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう