西馬音内盆踊り2017の駐車場と雨天時の会館の場所は?交通規制や日程も

シェアする

秋田県のお祭りイベントの「西馬音内盆踊り(にしもないのぼんおどり)」 が今年も開催されます。

8月の中旬の三日間におこなわれる盆踊りのイベントです。

彦三頭巾、編み笠、藍染め浴衣、端縫い衣装、履物を身にまとった踊り手の歴史と伝統のある西馬音内盆踊りを、心ゆくまで観て楽しむことができます。

かがり火広場では、屋台出店もあり幅広い世代の人が楽しめそうです。

また、イベント期間中に踊りの実演と講習会があり覚えることも出来るようです。

あなたも西馬音内盆踊りに興味が湧いたのではないでしょうか?

とくれば西馬音内盆踊り日程やスケジュール会場までのアクセス方法交通規制や駐車場雨天荒天時の場合の決行場所 などが気になりますよね。

今回は、「西馬音内盆踊り 2017」についておとどけします!

Sponsored Link

西馬音内盆踊り/日程スケジュールと会場アクセス

西馬音内盆踊りの日程やスケジュール、会場までのアクセス方法をまとめました。

ぜひとも参考にしてみてください。(*^^*)

開催期間と日程スケジュール

◯ 開催期間
2017年8月16日 ( 水 )
2017年8月17日 ( 木 )
2017年8月18日 ( 金 )

◯ 開催時間
8月16日 ( 水 ) 19:00~23:00
8月17日 ( 木 ) 19:00~23:00
8月18日 ( 金 ) 19:00~23:30

※ 各日の踊り本番は、19 : 30 ~ 始まります。

◯ 開催場所
秋田県雄勝郡中心部
羽後町西馬音内字本町地内 ( 通称 : 本町通り )

◯ お問い合わせ
羽後町観光物産協会または羽後町役場企画商工課観光担当
TEL:0183-62-2111

開催場所と会場までのアクセス方法

会場は、秋田県雄勝郡中心部 羽後町西馬音内本町通り です。

秋田県雄勝郡中心部 羽後町西馬音内本町通り

アクセスは、公共交通機関の鉄道を利用するのであればコチラです。

■ JR奥羽本線の「湯沢」駅よりバスに乗り約25分後に北都銀行角で下車。

Sponsored Link

西馬音内盆踊り/雨天・荒天時と

雨天・荒天時の開催場所

せっかく練習してきたのに悪天候で、中止になったら踊り手も観客もがっかりですよね・・・。

しかし西馬音内盆踊りの雨天・荒天時など悪天候になった場合は、中止ではなく場所が変更となります。

具体的な場所は、羽後町総合体育館 ( 羽後アリーナ ) です。

〒012-1131
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内中野187

実際に2011年に悪天候となった時に体育館の中が踊り手と観客で埋もれていました。

まるでスポーツ大会でもおこなわれるかのような雰囲気でしたが、踊り手たちの可憐な演舞が悪天候にも屈せず披露されていました!

まわりの観客の人たちもこの光景を残そうとカメラでしっかりと収めている様子でした。

交通規制と駐車場

西馬音内盆踊りは、当日に交通規制が敷かれます。

会場の本通りでは、14 : 00 ~ 24 : 00 まで交通規制がありますので注意が必要です。

また会場周辺でも交通規制になるところがありますので、時間帯と区域をチェックしておくと良いでしょう!

※ 会場周辺は、18 : 00 ~ 24 : 00 です。

そして駐車場に関しては、会場付近に駐車スペースが設けられています。

環境整備協力金として 普通車1,000円、マイクロバス7,000円、大型バス12,000円の負担がかかります。

■ 普通車駐車場
・羽後町役場 ( 250台 )
・西馬音内小学校 ( 70台 )
・羽後中学校 ( 150台 )

詳しい交通規制と駐車場と会場の案内の情報はコチラです。↓

参考)西馬音内盆踊り「交通規制&会場案内図」

踊りの実演と講習会

なんと西馬音内盆踊りのイベント期間中に、本番に先駆け踊りの実演と踊り方の講習会を開いています。

しかも無料です。(*^^*)

■ 開催期間
2017年8月16日 ( 水 )
2017年8月17日 ( 木 )
2017年8月18日 ( 金 )

■ 開催時間
8月16日 ( 水 ) 14 : 30 ~ 16:00
8月17日 ( 木 ) 14 : 30 ~ 16:00
8月18日 ( 金 ) 14 : 30 ~ 16:30

■ 開催場所
コミュニティーセンター町民ホール  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内本町23

〒012-1131
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内本町23

イベント期間中の三日間にみっちり練習して、最終日には最高のパフォーマンスの踊りを魅せれますね(*^^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「西馬音内盆踊り 2017」についておとどけしました(*^^*)

かがり火に映える衣装を身にまとった踊り手の演舞を観て楽しみ東北の夏を過ごすのも良いかもしれないですね(*^^*)

素晴らしいパフォーマンスを観ていると心と体の意識を高められるかもしれません。

また実際に覚えて踊ってみることもおすすめします。

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

Sponsored Link