新田佳浩の障害詳細や高校と成績は?彼女との結婚、嫁と子供も調査!

2018年2月22日有名人

新田佳浩(にったよしひろ)さんという人物をご存知でしょうか。
クロスカントリースキー・バイアスロン男子の日本代表選手として活躍する男性です。

 

数々の大会で活躍するスキーヤーでもあります。

 

いったいどのような人物なのでしょうか。
とても気になるアスリートですよね。

 

こちらでは、新田佳浩さんの生年月日、年齢、身長体重血液型など基本的なプロフィールと経歴がわかるwiki。
また父母兄弟姉妹、嫁子供など家族、素敵な女性との出会い、恋人彼女との結婚、障害者クラスの詳細。

 

そして高等学校と大学など出身学校はどちらに通われているのか。
さらにクロスカントリースキー・バイアスロンの成績、所属スポンサーと使用マテリアルについても迫りたいと思います。

 

今回は、新田佳浩さんについてご紹介させていただきます!

 

 

新田佳浩(にったよしひろ)|wiki風プロフィール

 

新田佳浩(にったよしひろ)|どんな人物?

新田佳浩さんとは、いったいどのような人物なのでしょうか。
生年月日は1980年(昭和55年)6月8日生まれの年齢37歳(2018年2月時点)。

 

干支はさる年、星座はふたご座、血液型は不明。
岡山県英田郡西粟倉村の出身。

 

職業はクロスカントリースキー・バイアスロンなどスキー選手として活躍しています。
所属は日立ソリューションズ「チームAURORA(アウローラ)」スキー部所属です。

 

■ 使用マテリアル
SKI:—
BINDINGS:—
BOOTS:—
GOGGLES:—
HELMET:—
POLES:—
GLOVES:—
SUITS:—
HEAD SPONSOR:—

※ わかり次第追記いたします。

 

 

趣味は読書、筋トレ、芋焼酎です。

 

クロスカントリー、バイアスロンの障害クラスはLW8の外傷による左前腕切断で片上肢に障害を持つ選手(例:片側上腕切断・片側上肢の完全麻痺で固定または麻痺で未固定)です。
1本のストック+2本のスキー板を使用して競技に参加します。

 

幼少期である3歳の時に祖父が運転したコンバインに巻き込まれて左前腕を負傷するアクシデントに見舞われました。
その後、左前腕を切断し障害者となりました。

 

その翌年、4歳からスキーを始めました。
小学校3年からクロスカントリースキーを始め、岡山県代表として中学校2年で全国大会に出場。

 

その際に荒井秀樹監督にスカウトされ、負い目を感じる祖父のため、パラリンピックを目指すことを決意しました。
おじいさんの気持ちを考えるといたたまれなくなりますが、これまで素晴らしい成績を残している新田佳浩さんを見ているとこれでよかったのかもしれないと考えてしまいます。

 

1998年の長野パラリンピックを始め数々の素晴らしい成績を残しています。
いくつか金メダルも獲得していますので、おじいさんはとても感極まったのではないでしょうか。

 

バンクーバーで獲得した金メダルをおじいさんの首から掛けた時の感慨は忘れられないそうです。
あきらめなくて本当に良かったと思ったでしょうね。

 

2012年におじいさんが亡くなってしまいますが、その後も新田佳浩さんはパラリンピックなど大きな大会に向けて挑戦を続けています。
天国からおじいさんが応援してくれているかもしれないですね。

 

Sponsored Link

 

新田佳浩(にったよしひろ)|クロスカントリー・バイアスロンの成績

クロスカントリースキー・バイアスロン男子の日本代表選手として活躍する新田佳浩さん。
クロスカントリースキー・バイアスロンの成績は、どのような感じでしょうか。

 

◯ 1998年
■ 長野(日本)冬季パラリンピック
 初出場

 

◯ 2002年
■ ソルトレイクシティ(アメリカ合衆国)冬季パラリンピック
クロスカントリースキー5.0キロメートルクラシカル – 銅メダル
バイアスロン7.5キロメートル個人 – 20位

 

◯ 2003年
■ 世界選手権ドイツ大会
クロスカントリースキー フリー 5位
クロスカントリースキー 10.0キロメートルクラシカル 金メダル
クロスカントリースキー 20.0キロメートルクラシカル 4位

 

◯ 2005年
■ 世界選手権アメリカ大会
クロスカントリースキー 5.0キロメートルクラシカル 銀メダル

 

 

◯ 2006年
■ トリノ(イタリア)冬季パラリンピック
クロスカントリースキー5.0キロメートル立位 – 20位
クロスカントリースキー10.0キロメートルクラシカル立位 – 13位
クロスカントリースキー20.0キロメートルクラシカル立位 – 5位

 

◯ 2007年
■ ワールドカップカナダ大会
クロスカントリースキー 20.0キロメートルクラシカル – 優勝

 

◯ 2008年
■ ワールドカップドイツ大会
クロスカントリースキー クラシカル ミドル – 2位
クロスカントリースキー ロング – 2位

 

◯ 2008年
■ ワールドカップノルウェー大会
クロスカントリースキー クラシカル ショート – 3位
バイアスロンパシュート – 2位

■ ワールドカップ
クロスカントリースキー世界総合3位

 

◯ 2010年
■ バンクーバー(カナダ)冬季パラリンピック
 クロスカントリースキー10.0キロメートルクラシカル立位 – 金メダル
 クロスカントリースキー1.0キロメートルスプリント立位 – 金メダル
 バイアスロン3.0キロメートルパシュート立位 – 10位

 

 

◯ 2012年
■ ワールドカップアメリカ大会
クロスカントリースキー 20.0キロメートルロングクラシカル – 優勝

 

◯ 2013年
■ ワールドカップアメリカ大会
クロスカントリースキー 20.0キロメートルロングクラシカル – 2位

 

◯ 2014年
■ ソチ(ロシア)冬季パラリンピック
 クロスカントリースキー20.0キロメートルクラシカル立位 – 4位
 クロスカントリースキー10.0キロメートル立位フリー – 17位
 クロスカントリースキー混合リレー4.0×2.5キロメートル – 7位

 

■ ワールドカップドイツ大会
 クロスカントリースキー 1.2キロメートルスプリントフリー – 2位
 クロスカントリースキー 10.0キロメートルミドルクラシカル – 3位

 

その後パラリンピック、世界選手権、ワールドカップに向けて、素晴らしい成績を残すため日々トレーニングを積んでいます。
また2018年3月9日から行われる平昌2018パラリンピック冬季競技大会の出場権を獲得しています。

 

Sponsored Link

 

新田佳浩(にったよしひろ)|高校大学など出身学校と恋人彼女との結婚

 

新田佳浩(にったよしひろ)|高校大学など出身学校

素晴らしい成績を残している新田佳浩さん。
高等学校や大学など出身学校は、どちらの学校に通われているでしょうか。

 

岡山県英田郡西粟倉村の出身である新田佳浩さん。
小学校、中学校は地元の学校に通われていたと思われます。

 

中学校卒業後、高校へ進学。
高校は、岡山県立林野高等学校に在学していました。

 

岡山県立林野高等学校は、岡山県美作市三倉田に所在する県立高等学校です。
高校卒業後、大学へ進学。

 

大学は、筑波大学体育専門学群に在学していました。
筑波大学は、茨城県つくば市天王台に本部を置く国立大学です。

 

大学卒業後、社会人となりました。
社会人としてアディダスジャパン株式会社に在籍しています。

 

その後2006年11月に株式会社日立ソリューションズに在籍しています。
同社スキー部員として活躍するとともに、セールスプロモーション部に所属し、営業支援の業務を担当しています。

 

 

新田佳浩(にったよしひろ)|恋人彼女との結婚

クロスカントリースキー・バイアスロン男子の日本代表選手として活躍する新田佳浩さん。
素敵な女性との出会い、恋人彼女との結婚はしているのでしょうか。

 

年齢的に考えると結婚していても不思議ではない年頃です。
またお子さん居てもおかしくない世代でもあります。

 

いろいろ調べてみましたところ、どうやらすでに結婚されているようです。
奥様は知紗子さんというお名前です。

 

新田佳浩さんは2012年におじいさんが亡くなり、競技への意欲を失いかけたそうです。
しかし知沙子さんとの間にお子さんである二人の息子も2010年、2013年に生まれており、精神的に支えられてきたそうです。

 

頑張る姿をおじいさんに見せていたのを、こんどは息子に見せたいと競技に挑戦しています。

 

Sponsored Link

 

まとめ

クロスカントリースキー・バイアスロン男子の日本代表選手として活躍する新田佳浩さん。
パラリンピックなど大きな大会に向けて、頑張って欲しいですよね!

 

これからの活躍にも期待です!

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう