苑田聡彦の経歴や年収と結婚はしてる?高校での成績も調査!

バラエティ, プロフェッショナル

プロフェッショナル仕事の流儀で密着される苑田聡彦(そのだとしひこ)さん。
球界を支えるスカウトマンとして、未だ衰えず活躍している男性です。

高校時代から野球人生だった苑田聡彦さん。
いったいどんな人物なのか気になリますよね。

こちらでは、苑田聡彦さんの経歴や年収。
また通っていた高校など学校と当時の成績。
そして素敵な女性との出会いや結婚について迫りたいと思います。

今回は、苑田聡彦さんについてご紹介させていただきます!

 

Sponsored Link

 

苑田聡彦|wiki風プロフィール

 

苑田聡彦|どんな人物?

苑田聡彦さんとは、いったいどんな人物でしょうか。

1945年2月23日生まれの年齢72歳(2017年12月時点)。
干支はとり年、星座はうお座、血液型は不明。

身長は173.0cm、体重は73kg。
福岡県の出身。

職業は元プロ野球選手です。
現在は広島東洋カープスカウト統括部長を務めています。

プロ入りしたのが1964年、広島カープに入団。
初出場も同じ年です。

一番条件の低かった広島カープを選んだ理由は、久野久夫さんというスカウトマンの人柄が気に入ったからです。
久野久夫さん熱心さに惹かれ、お金はどうでも良かったと話しています。

ポジションは、外野手から内野手でした。
右投げ右打ち。
最終出場は1977年なので、選手として14年間努めたことになリます。

総試合数814、打席1844、打数1711、得点178、安打403。
一番活躍された年は、1967年で109試合に出場。
打率.266をマークしていました。

引退後にスカウトマンとなったのも、久野久夫さんの印象が強かったからなのではと思います。
東日本を中心に苦労を重ね、数多くの選手を入団させました。

その積み重ねもあり、2006年にスカウト部長に就任。
その後、球界最年長スカウト総括部長となりました。
今もなお年間350試合を視察、名選手を生み出すことに貢献しています。

 

苑田聡彦|出身高校と成績

素晴らしい経歴をもつ苑田聡彦さん。
どちらの高校に通っていたでしょうか。

出身が福岡ということもあり地元の高校に通っていたようです。
福岡県立三池工業高等学校に進学されました。

福岡県立三池工業高等学校は、福岡県大牟田市にある県内最南の公立の高等学校です。
通称「三池工業」という名前で呼ばれています。

2008年に創立100周年を迎えた、伝統のある学校です。
高校生時代、苑田聡彦さんは九州一のスラッガーと名を馳せ「中西二世」と言う異名がありました。

現役時代打率.266をマークしたり、14年間務めあげるほどの実力がありました。
なので高校生時代にも素晴らしい成績を残しているのだと思います。

プロ入り前には、広島カープ以外に地元西武ライオンズなどが獲得に乗り出していたそうです。
いくつもの球団に入って欲しいといわれる素晴らしい実力を兼ね備えた逸材だったことでしょう。

 

Sponsored Link

 

苑田聡彦|年収や結婚はしてる?

 

苑田聡彦|年収

高校時代から野球漬けの毎日だった苑田聡彦さん。
いったいこれまでどのくらいかせいだのでしょうか。

気になるのはその年収ですよね。
プロ野球選手時代には、かなりの年俸をもらっていたと思います。

引退ごとなり、年俸制から一般的なサラリーマンと同じ給与形態に変わったと思います。
ということは、引退後の給与は一般的なサラリーマンと同じくらいの平均年収となりますね。

スカウトは球団の職員で、給料が大きく変わることはないようです。
担当した選手の活躍具合によって給料が大きく変動したら血眼になって良い選手を探しそうですよね。

年令によっても変動しますが、並のスカウトマンだと500万~700万円からスタートするようです。
苑田聡彦さんの場合は、引退から29年でスカウト部長に就任されています。

29年の実績と経験があれば、それなりに給料もあがっているのではないでしょうか。
さらにスカウト総括部長にまで上り詰めたことから、役職手当が付きそうですね!

 

苑田聡彦|結婚

野球に人生をかけてきた苑田聡彦さん。
素敵な女性との出会いや結婚はされているでしょうか。

年齢的にいえば、結婚されていてもおかしくない年代です。
またお子さんがいても不思議ではないです。

それにお子さんが成長して、お孫さんがいる可能性だってあります。
ただ苑田聡彦さんに関しては、そういった情報が出回っていません。

スカウトという球団の職員という裏方として球界を支えている存在。
表舞台に情報が流れてこないのもしょうがないですよね。

ただ苑田聡彦さんの審美眼は、選手だけに向けられるものだったのでしょうか。
もしかしたら素敵な女性、つまりダイヤの原石をその眼で捉えていたかもしれません。

いまでは、ダイヤの原石からブリリアントカットされた美しい奥様とお子さん、お孫さん。
多くの家族に囲まれて、日々を頑張っているのかもしれませんね!

 

まとめ

野球人生にすべてを注ぐ苑田聡彦さん。
その審美眼は、未だ衰えていません。

これからも球界を支える縁の下の力持ちとして、ご活躍されることでしょう。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link