澤田瞳子の出身高校など経歴や結婚はしてる?子供や旦那も調査

有名人

日本文学振興会主催の芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補作品が発表されました。
今年で第158回目となり、10名の作家がノミネートされています。

どの小説家さんもとても深い作品を手がけられていて今から誰が受賞するのか楽しみです!
候補作家の中で澤田瞳子(さわだとうこ)さんという女性がいらっしゃいます。

いったいどんな人物なのでしょうか。
とても素晴らしい経歴の持ち主でしょうね。

こちらでは、澤田瞳子さんの経歴や年齢、出身大学や高校などwikiやプロフィール。
また素敵な恋人とのお付き合いや結婚歴など夫や娘・息子がいるのか?について迫りたいと思います。

今回は、澤田瞳子さんについてご紹介させていただきます!


■ 澤田瞳子さんの関連記事はこちらです。
澤田瞳子の年収や新刊情報は?代表作品のおすすめや落花のあらすじも

■ 2017年下半期 第158回直木三十五賞の発表についてはこちらです。
直木賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

Sponsored Link

 

澤田瞳子|wiki風プロフィール

 

澤田瞳子|どんな人物?

澤田瞳子さんとは、いったいどんな人物なのでしょうか。

1977年9月14日生まれの年齢40歳(2017年12月時点)。
干支はへび年、星座はおとめ座、血液型は不明。

京都府の生まれの職業は小説家です。
また歴史学者でもあり、専門は奈良仏教史です。

お母様は、小説家の澤田ふじ子さんです。
愛知県半田市の生まれ。

澤田瞳子さんの母父ともども中部の出身でしたが、澤田瞳子さんが幼少期の頃に転居。
2歳と幼いころに京都に引っ越しをされたそうです。

小学校や中学校は、出身地が京都府ということもあり。
地元の学校に通っていたと思われます。

中学卒業後は、高校へ進学。
高校名は明かされておりませんが、中学から高校時代には小説を呼んでいたそうです。

岡野麻里安さんの小説を、愛読されていました。
同作家が志半ばで亡くなるという訃報に、ご冥福を祈られていました。

高校を卒業すると、同志社大学文学部文化史学専攻に進学。
同大学の文学部の偏差値は、62.5です。
当時からかなり賢かったのでしょう。
同大学院文学研究科博士課程前期を修了。

大学卒業後、時代小説のアンソロジー編纂などを行っていました。
また2008年に第2回小説宝石新人賞最終候補となります。

2010年に「孤鷹の天」で小説家デビューを果たします。
以降も数々の代表作を生み出し続けています。

2017年下半期 第158回直木賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

澤田瞳子|直木三十五賞候補作品

素晴らしい経歴をお持ちの澤田瞳子さん。
数々の代表作を生み出してきましたが、最新作が発表されました。

最新作は、「火定(かじょう)」と言い、第158回直木三十五賞の候補に選ばれた作品です。

◯ 2017年 – 「火定」で第158回直木三十五賞候補作品。

古代版のパンデミック小説というジャンルのこの作品。
登場人物は、若き官人と無実の罪で牢に入れられた男のダブル主人公。

パンデミックによって浮かび上がる、人間の光と闇。
これほどの絶望に、人は立ち向かえるのか。

と歴史的事実を元に大災害が起こった時に、個という人間はどう動くのかを描いた作品です。

 

Sponsored Link

 

澤田瞳子|結婚して夫や子供はいる?

 

澤田瞳子|結婚して夫はいる?

小説家の娘として生まれ、小説家として活躍する澤田瞳子さん。
素敵な男性との出会いはあったのでしょうか。

年齢的に旦那さんがいらっしゃっても良い頃合いだと思います。
小説家の澤田瞳子さんの夫となる男性なら知的で社交的な感じなのかなと思います。

いろいろしらべたところ、旦那さんに関する情報はありませんでした。
家族に対する言及をしているつぶやきを発見できましたが、
それが旦那さんなのか、親のことなのかまでは不明です。

また離婚歴があるのかに関しても今のところわかっていません。
わかり次第追記させていただきます。

2017年下半期 第158回直木賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

澤田瞳子|子供はいる?

小説家として活躍する澤田瞳子さん。
旦那さんはいるかどうかわかりませんでした。

しかしお子さんはどうなのでしょうか。
もし結婚していたとしてシングルマザーとして育てている可能性もあります。

小説家という職業なので、在宅ワークであり子供の面倒も見ることができるでしょう。
子供が一人くらいは、いるのではないかと思いました。

しかしこちらも情報がなく、お子さんがいるかもわかりません。
もし息子や娘が生まれていたら、ご自身のように小説家になる可能性がありますよね。

そうすると澤田瞳子さんのお母様である澤田ふじ子さんから数えて、親子三代小説家一家となります。
もしそうなるのであれば、とても素晴らしい遺伝子をお持ちということになりますよね!

 

まとめ

第158回直木三十五賞の候補に選ばれました澤田瞳子さん。
最新作「火定」が盛り上がりを見せているようです。

さらに次作「落花」も構想や舞台が決まっているそうです。
受賞するために書いているのではなく、好きだから小説を書いているということなんでしょうね。

澤田瞳子さんの小説に向けた情熱は、誰にも負けないと思います。
これからも素敵な作品を生み出してほしいですね!


■ 澤田瞳子さんの関連記事はこちらです。
澤田瞳子の年収や新刊情報は?代表作品のおすすめや落花のあらすじも

■ 2017年下半期 第158回直木三十五賞の発表についてはこちらです。
直木賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link