澤田瞳子の年収や新刊情報は?代表作品のおすすめや落花のあらすじも

有名人

日本文学振興会主催の芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補作品が発表されました。
今年で第158回目となり、10名の作家がノミネートされています。

どの小説家さんもとても深い作品を手がけられていて今から誰が受賞するのか楽しみです!
候補作家の中で澤田瞳子(さわだとうこ)さんという女性がいらっしゃいます。

いったいどんな人物なのでしょうか。
とても素晴らしい経歴の持ち主でしょうね。

こちらでは、澤田瞳子さんの年収。
また小説など著書・文庫の代表作品のおすすめはどこで読めるのか?購入方法など。
そして落花のあらすじについて迫りたいと思います。

今回は、澤田瞳子さんについてご紹介させていただきます!


■ 澤田瞳子さんの関連記事はこちらです。
澤田瞳子の出身高校など経歴や結婚はしてる?子供や旦那も調査

■ 2017年下半期 第158回直木三十五賞の発表についてはこちらです。
直木賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

Sponsored Link

 

澤田瞳子|新刊情報や代表作品

 

澤田瞳子|代表作品

素晴らしい経歴をお持ちの澤田瞳子さん。
小説や文庫・著書など代表作は、どのような作品があるでしょうか。

澤田瞳子の出身高校など経歴や結婚はしてる?子供や旦那も調査

◯ 2010年 – 「孤鷹の天」小説家デビュー作品。
翌年2011年に第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。

◯ 2012年 – 「満つる月の如し 仏師・定朝」第2回本屋が選ぶ時代小説大賞作品、第32回新田次郎文学賞受賞作品。

◯ 2015年 -「若冲」第153回直木賞候補。
翌年2016年「若冲」で第9回親鸞賞受賞。

そのほか小説シリーズ作品「京都鷹ケ峰御薬園日録」やシリーズ外の作品、エッセイ、編纂など多方面で勢力的な活動をされています。

2017年下半期 第158回直木賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

澤田瞳子|新刊情報

数多くの代表作品をお持ちの澤田瞳子さん。
最新刊はどのような小説でしょうか。

最新刊の「火定」は、第158回直木三十五賞の候補に選ばれた作品です。

◯ 2017年 – 「火定」で第158回直木三十五賞候補作品。

火定」は、歴史的事実をもとに大災害の中で、個の人間たちがどう動くのか?を描いた作品です。
また次作には、「落花(らっか)」という小説を書くことが決まっているようです。

 

Sponsored Link

 

澤田瞳子|年収や落花のあらすじ

 

澤田瞳子|落花のあらすじ

第158回直木三十五賞の候補に選ばれた澤田瞳子さん。
次作「落花(らっか)」に取り組んでいるようです。

「落花」は、読売新聞の夕刊小説としてはじまるとのこと。
では「落花」のあらすじはどのような感じでしょうか。

「落花」では、平将門が活躍した平安時代の東国が舞台となるそうです。
現代人の想像以上に、音楽に満ちた時代という平安。

澤田瞳子さんのコメントがキーになっているようです。

天皇・貴族は学問や和歌の教養と共に楽器演奏の素養が必須とされ、琵琶や琴、笛の稽古に取り組みました。
寺では声がいい僧侶ほど賞賛され、経典に節を付けて歌う声明(しょうみょう)も盛んでした。
そんな華やかな都を飛び出した主人公は、もののふたちが争う坂東でどんな音を見出(みいだ)すのか。
やがて来たる武士の世、その胎動の中でもがく人々の生き様と、音楽に捕らわれた男たちを描きます。
出典:読売新聞

音楽に捕らわれた男たちというところから前半は、華やかで楽しげな雰囲気の流れになるのではないでしょうか。
そして段々と移りゆく時代の中で、人々がどのように移り変わっていくのかという時代と人々の心の変遷を楽しむことができそうです。

挿絵には、イラストレーターの村田涼平さんが携わるそうです。
「落花」の文字に平安時代の象徴とも取れる扇のイラストがあしらわれています。

2017年下半期 第158回直木賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

澤田瞳子|年収

小説家や歴史学者として活躍する澤田瞳子さん。
素晴らしい経歴をもっていますよね。

そうなれば、どのくらい稼いでいるかということが気になってきます。
数多くの代表作品もありますから、かなり稼いでいらっしゃるのではないでしょうか。

それに東京や名古屋などいろいろな場所にある書店で、サイン本を作ってまわっているようです。
澤田瞳子さんのファンならすごく飛びつきそうですよね!

サイン会も開いていることですから、数多くのファンの方がいらっしゃることでしょう。
ファンの方から励ましの声や差し入れもいただくようですよ。

澤田瞳子さんの小説には、かなり多くのファンの方がついているということがわかります。
ということは、本の売上もかなり良いということですよね。

平均的な小説家の年収は、だいたい100万から400万円と言われています。
一般的なサラリーマンよりもちょっと少ないくらいですよね。

ベストセラー作家になると1、000万以上も稼げる人がいるようです。
トップクラスだと1億円という声も聞きます。

澤田瞳子さんのような、ファンのたくさんいらっしゃる小説家さん。
ファンの方が本をたくさん買ってくれていると思いますので年収も良いと思います。

1、000万は超えるかわからないですが、それに近い年収はもらっているのではないでしょうか。
あくまで推測なので、もっともらっているかもしれませんし少ないかもしれません。

ただ第158回直木三十五賞に選ばれれば、さらに年収増加も飛躍するのは間違いないでしょうね。

 

まとめ

第158回直木三十五賞の候補にノミネートされた澤田瞳子さん。
小説家として第一線で活躍されています。

今後も歴史に関連する小説をいくつも生み出していくことでしょう。
これからの澤田瞳子さんに注目していきたいですね!


■ 澤田瞳子さんの関連記事はこちらです。
澤田瞳子の出身高校など経歴や結婚はしてる?子供や旦那も調査

■ 2017年下半期 第158回直木三十五賞の発表についてはこちらです。
直木賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link