鶴ひろみの声優の代役は誰?いつから違うキャストに代わる?ブルマドキンちゃん

有名人

それいけアンパンマンのドキンちゃん。

ドラゴンボールのブルマ。

特徴的な声質が人気だった女性声優・鶴ひろみさん。

突然の訃報で、亡くなってしまったこと。

悲しみに暮れるファンで溢れかえっています。

不謹慎ではあるかもしれませんが、現役バリバリの鶴ひろみさん。

現在担当しているアニメの声優を誰かが代わりにしないといけないです。

そうなった場合、誰を代役に立てるのか?疑問がわきますね。

こちらでは、鶴ひろみさんの声優の代理。

または抜擢されるキャストについて迫りたいと思います。

今回は、鶴ひろみさんの代理声優についてご紹介したいと思います!

 

Sponsored Link

 

鶴ひろみ|どんな声を担当?

 

鶴ひろみ|主役級

鶴ひろみさんがデビューされたのは、ペリーヌ物語です。

1978年のアニメ作品で、主人公のペリーヌ・パンダボアヌを担当しました。

そこから徐々に声を担当するようになり、1982年忍者マン一平のアゲハ。

わが青春のアルカディア 無限軌道SSXのレビ。

1983年、キン肉マンの翔野ナツコ。

光速電神アルベガスの水木ほたる。

などなど経歴を積み重ねています。

そして1986年には、ドラゴンボールのブルマに抜擢。

1988年には、それいけアンパンマンのドキンちゃん。

1993年にはゴーストスイーパー美神の美神令子。

などなど多くの役を演じてきました。

また洋画や海外ドラマの吹き替えなどもこなしています。

ゲームの声を担当したことも、テレビや映画、舞台にラジオ、

声優だけではなく女優やナレーターなど、

幅広い芸歴のある持ち主でもありました。

 

Sponsored Link

 

鶴ひろみ|声質と代役

 

鶴ひろみ|声質と代役

鶴ひろみさんは、女性の声を主に担当しています。

女性声優さんといえば少年の声を充てたりしますが、

とても声が高いかたなので、女性の役が多い印象です。

またはドキンちゃんのようなキャラクターなど可愛いらしい声ともいえますね。

となるとなかなか同じような声質の人がいらっしゃるのか疑問です。

現在放送中のドラゴンボール超やそれいけアンパンマンの代役が、

見つかるのか?スタッフは頭を悩ませているかもしれません。

あまりに声が似ていないとそのアニメに違和感を覚えてしまいそうです。

ドラえもんの声が変わった時はかなり違和感がありました。

それに亡くなってしまった声優さんということもあり。

そのアニメを見ることにより悲しみが思い出されると思います。

それを少しでも軽減するために声質の似ている方を選ばざるをえないのではないでしょうか。

既に現行の数話先の収録は終わっていると思います。

早くて数週間後か1ヶ月後には声が変わるのかなと思います。

ドラゴンボール超のブルマ、それいけアンパンマンのドキンちゃん。

がいまのところ声優の代わりを立てないといけないのではないかなと思います。

ほかにもナレーターの仕事や吹き替えもあると思いますが・・・。

一部のファンからは「代役なんて誰もできない」と考えている人もいます。

多少違和感があったとしても、アニメ製作会社は声優を探すため奔走する羽目になりそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、鶴ひろみさんの代役声優についてお届けしました。

 
 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link