ユニバーサル広告社2話広告は魔法?諦めた人の広告お断り☆視聴率や感想も

2017年11月2日2017秋ドラマ, ユニバーサル広告社GLAY, 和久井映見, 沢村一樹

ドラマ「ユニバーサル広告社 ~あなたの人生、売り込みます!~」の第2話が放送されました!

主演に沢村一樹さん、共演者に和久井映見さん、三宅裕司さんら豪華出演陣が集結!

主題歌はGLAY(グレイ)さんの「あなたといきてゆく」が抜擢されました。

一流広告代理店の売れっ子広告マンの主人公・杉山が、新天地の弱小広告社で新たな奮闘が始まる人生ドラマです。

第2話のゲスト出演者は、甲本雅裕さん、須藤理彩さん、鈴之助さん、森下大地さん、高橋修さん、吉家章人さんを迎えています。

こちらでは、ドラマ「ユニバーサル広告社」第2話の視聴率や評判と反応。

またあらすじやネタバレと感想に迫りたいと思います!

今回は、ドラマ「ユニバーサル広告社」の第2話についてご紹介していきます!


◯ ドラマ「ユニバーサル広告社」の関連記事はこちら

■ 主題歌
グレイ「あなたといきてゆく」歌詞や発売日とPV動画は?ユニバーサル広告社主題歌

■ 第1話
ユニバーサル広告社初回1話視聴率や感想!ひよっこメンバー多数と猫を探せ!


 

Sponsored Link

 

ユニバーサル広告社|第2話の評判反応とあらすじ

 

ユニバーサル広告社|第2話の評判と反応

まずは観た人の評判や反応をいくつかまとめました。

一緒に見ていきたいと思います。

 

 

 

ユニバーサル広告社|第2話のあらすじ

第2話のあらすじは、どんな感じでしょうか?

杉山(沢村一樹)が働くユニバーサル広告社に朝早くから一人の来客が、それは鶴亀会館・社長鶴田(甲本雅裕)だった。

提案された案どちらが良いか決め兼ねていると言う。そこに大学生・嶋田武弘(森下大地)が広告の依頼に訪れる。

石井社長(三宅裕司)は実家を継ぎたい、流行らせたいと語る武弘に感心し、一度店舗を見て宣伝展開を考えたいと申し出たが拒まれ依頼は破談に…。

そんな中、さくら(和久井映見)に誘われ、一行はお通夜に出席することに、そこには武弘の姿も。

依頼の件には触れずにいた杉山たちだったが、光(やついいちろう)と、さくらの父・宏(でんでん)が加わり意外な展開に…「商店街に魔法をかけて」さくらの願いと秘密とは!

結婚式場の運営と未来を懸け悩む鶴田が下す運命の決断は一体!? ユニバーサル広告社が絆と笑顔のために奮闘する!!

出典:公式サイト

ここまでが第2話のあらすじです。

 

Sponsored Link

 

ユニバーサル広告社|第2話の感想ネタバレや見逃し配信動画と視聴率

 

ユニバーサル広告社|第2話の感想とネタバレ

さくらとともに賑わっていた商店街の写真を眺める杉山。

住むところも提供してもらった。

さくらは、杉山がバツイチだと知る。

手伝いを終えさくらは部屋の鍵を渡し帰宅。

杉山は、樽のような風呂を発見し体を温める。

一方、村崎は車で寝泊まりし、青野のツイッターを眺め辛口な意見を投稿。

一匹の猫を捕まえるが、嫌われて襲われる。

翌朝、エリカはユニバーサル広告社の前にきた鶴亀会館の鶴田に出会う。

鶴田は、先日やり直ししてもらったポスターに悩んでいた。

鶴田は、二代目社長でとても優柔不断。

A案とB案のどちらも気に入り、悩んでいた。

鶴田は、決めるまで自分の会社に帰らないようだった。

それはユニバ社の社員に取っては、気が散って迷惑と考えていた。

社員一同苦笑い。

そこに大学生・嶋田が広告の依頼に訪れた。

嶋田は、実家の和菓子屋の広告の依頼に来たのだった。

人気店にして繁盛させたいというのが目的。

杉山は、嶋田に広告について具体的な説明する。

村崎は、嶋田の和菓子屋の特徴を聞く。

嶋田は、その時点で自身の和菓子屋が老舗であると気づく。

さらに嶋田は、親にあとを継ぐことを話してなくてユニバ社にも秘密で来ていると話す。

杉山たちは、そんな嶋田によく話したほうが良いと言い帰す。

夕方、お通夜のため商店街の人々が集まる。

ユニバ社では、鶴田がやっとポスターを決めた。

そこにさくらがやって来て、別の案の方が好きですと言いだし社長がまた迷う。

さくらは、ユニバ社の全員をお通夜に誘う。

町の人が集まるチャンスだと、必死に連れ出そうとする。

集会場には、大勢の人が集まっていた。

石井社長は、挨拶するがジュルビアンのマスターたちには好かれていないようだった。

さくらから商店街のほかの人達を紹介する。

遅れて新しく美容室をはじめた二人がくる。

客がこなさすぎて、店をたたむと話す。

同席していた嶋田に、マスターに広告を出そうとしていることを止められる。

さらに和菓子屋店主が無口だということから思いを代弁する。

「和菓子屋も継ぐな」と嶋田に言う。

どうやら未来のない和菓子屋は、今の代で終わらせると店主は考えているようだ。

マスターは、広告に対して毛嫌いしているようだった。

城田も便乗して、揉め事を起こそうとする。

「広告は上げ底」と形容し、エリカと言い合いになる。

マスターはさらに広告のことを気に入らないと言い張る。

杉山は、「広告のことをなにか勘違いしているのでは」と問う。

マスターが何か言おうとするが、さくらが制止する。

酔いつぶれたマスターは、そのまま雑魚寝。

かわりに広告についてわるく思っている理由を、さくらが話そうとする。

重い空気を断ち切るように、城田に電話がかかってくる。

さくらの話を聞かないための口実?

一息間を置き、さくらが過去のことを話し出す。

杉山とにている男性と出会った話しをする。

広告代理店に努めていて、独立すると決めた彼。

さくらは、お金を全部騙し取られたのだった。

しかし男は、結婚詐欺師で広告をやっていたことも嘘だった。

そのエピソードから、さくらやマスターや町の人達は広告という言葉に敏感になっているのだった。

結婚詐欺師の男は、スギヤマのように爽やかだったと話す。

広告のことを魔法だと言っていたそうだ。

さくらは続けて、杉山と村崎、エリカにこの街に魔法をかけてくれませんか?とお願いする。

つまり広告によって町おこしをしてほしいということだろう。

杉山は正座をし、さくらに言う。

「その男、間違っている」と。

つづけて、広告は魔法ではないことも。

小さな輝きを、大きな輝きにするのが広告だと話す。

そしてさくらのお願いを断る。

「諦めてしまった人たちを広告することはできない」と。

諦めなければ、街を広告すると杉山はさくらにはなした。

それまでお待ちしますと。

 

ユニバーサル広告社|第2話の見逃し配信動画と視聴率

ドラマ「ユニバーサル広告社」の第2話を見逃してしまったあなたへ。

放送終了後に見逃し配信を予定している配信サイトがあると思います。

ですが、現在は不明なので分かり次第こちらでお知らせいたします!

もう少々お待ちください。

 

 

さて第2話の視聴率はどうだったのでしょうか。

ドラマ「ユニバーサル広告社 ~あなたの人生、売り込みます!~」は、著者の荻原浩さん原作による作品です。

前回までの視聴率はこちらです。

第1話 4.4%

追記: 予定

第2話の視聴率は・・・4.4%。

 

Sponsored Link

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「ユニバーサル広告社」の第2話についてお届けしました。


◯ ドラマ「ユニバーサル広告社」の関連記事はこちら

■ 主題歌
グレイ「あなたといきてゆく」歌詞や発売日とPV動画は?ユニバーサル広告社主題歌

■ 第1話
ユニバーサル広告社初回1話視聴率や感想!ひよっこメンバー多数と猫を探せ!


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!