窪田正孝のつなぎとメガネ姿がかっこいい!アンナチュラルの久部六郎の演技も

2018冬ドラマ, アンナチュラル窪田正孝

俳優として活躍する窪田正孝(くぼたまさたか)さんをご存知ですか?

最近では、ドラマ「僕たちがやりました」の増渕トビオ 役で注目を集めていました。

あなたも窪田正孝さんを、毎週楽しみにしていたのではないでしょうか。

そんな窪田正孝さんが、2018年冬のドラマ「アンナチュラル」に出演されます。

石原さとみさん主演の天才解剖医の物語です。

その中で窪田正孝さんが素敵なつなぎや眼鏡の衣装を身にまとっていました。

こちらでは、窪田正孝さんのヴィジュアルや役柄と役どころに迫りたいと思います。

今回は、窪田正孝さんについてご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

アンナチュラル|窪田正孝のヴィジュアル

 

窪田正孝のつなぎとメガネ

1988年8月6日生まれの29歳(2017年10月時点)の窪田正孝さん。

俳優としてノりにノッて大活躍されています。

ドラマ「リバース」の最終回やドラマ「僕たちがやりました」では、とても興味深い役どころを演じていました。

 

 

そんな演技派の窪田正孝さんが、2018年冬のドラマ「アンナチュラル」に出演されます。

石原さとみさんが主演の、一話完結の法医学ミステリーです。

その中で、窪田正孝さんの衣装が気になりました。

紺色のつなぎに身をまとい、メガネを掛けていますね!

トビオのイメージから脱却し、賢そうな感じですね!

知的な窪田正孝さんが、今後流行るかもしれません。

 

窪田正孝のヴィジュアル評判

窪田正孝さんの評判や反応についていくつかまとめてみました。

ドラマ「アンナチュラル」とあわせて注目しています。

 

 

窪田正孝さんのつなぎやメガネ姿に心を奪われている方が多くいらっしゃいました。

すでに役名の六郎という呼び名が、ファンの間では定着しているようです。

窪田正孝さんは、筋肉もすごいことからつなぎのまくった腕の筋肉に注目されていました。

 

Sponsored Link

 

アンナチュラル|窪田正孝の役柄

 

窪田正孝の役柄

ドラマ「アンナチュラル」に出演する窪田正孝さん。

いったいどんな役柄なのでしょうか・・・。

日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。

その中の三澄ミコト(演:石原さとみ)率いる三澄班の、記録員で医大生の久部六郎(くべろくろう)という役を演じます。

 

 

バイトとして雇われた新人で、解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担うとか。

実際に自分がやると想像すると結構グロい仕事ですね・・・(*_*)

また医者一家の三男坊で、三浪して三流大学に入学したとか。

入ったは良いものの情熱が続かず、現在のようなバイトとして働いている様です。

経緯はどうあれミコトについて周り、遺体の検案や現地調査をしつつ法医学を学んでいきます。

若者らしくネットやガジェットに強く、活躍してくれそうです。

また時に刑事ばりの推理と行動力を発揮する隠された能力もあるとか、しかしその精度は定かではない様子。

現在発表されている役柄の中で一番若い役、性格もあどけない青年で無垢な心を持った新人ということです。

かわいい窪田正孝さんをドラマ「アンナチュラル」で観ることが出来るかもしれません。

 

窪田正孝の私服

こちらは、窪田正孝さんと中堂系(演:井浦新さん)との台本チェックの様子

撮影の待ち時間に、何かをチェックしているみたいですね!

 

 

こちらの窪田正孝さんは、つなぎを纏いやメガネを装着したすがたではなく久部六郎のプライベート時の衣装なのかなと思います。

こういう感じの窪田正孝さんもなかなか可愛くて良い感じですね!

井浦新さんとのツーショットもとても様になっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、窪田正孝さんについてお届けしました。

ドラマ「アンナチュラル」では、記録員のバイトとしてどの様な演技を魅せてくれるのか注目です。

また石原さとみさんや他の共演者とのからみも楽しみですね!

物語の展開にも注目していきたいです。

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link