AISHA(アイシャ)は黒人ハーフ?年齢や活動経歴とナルトED曲は何?

バラエティ, 歌うま◯◯AISHA

11月22日に音楽バラエティ「THEカラオケバトル」が放送されます。

テーマは、「歌の異種格闘技戦 ルーキーズカップ」。

アイドル、演歌、ご当地シンガー、アニソン、クラシックなど各業界から歌の精鋭が登場。

あなたも歌うまなルーキーたちを、いまかと待ち望んでいるのではないでしょうか。

出演者の中でBブロックのトップバッター、R&B女性シンガーのAISHA(あいしゃ)さんのかっこよさに目に止まりました。

こちらでは、AISHAさんは外国人とのハーフなのか?

また年齢や活動経歴などプロフィールとNARUTOのエンディングが何だったのか?に迫りたいと思います。

今回は、AISHAさんについてご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

AISHA(アイシャ)|年齢や活動経歴

 

AISHA(アイシャ)|年齢プロフィール

 

AISHAさんは、1990年1月31日生まれの27歳(2017年11月時点)。

女性R&Bシンガーとして活躍されています。

干支は午、星座は水瓶座。

血液型は、O型。

出身地は、神奈川県横浜市。

身長は、165cm。

好きなアーティストにFLOETRYさん, 宇多田ヒカルさん, KEHLANIさん, CHAKA KHANさんを挙げています。

またアーティスト活動以外にラジオやリポーターの仕事もされています。

レギュラー番組を持つほど。

さらに2015年、楽曲が「ZUMBA」の公式ソングに選ばれた実力の持ち主。

「ZUMBA」とは全世界185か国で1500万人の愛好者を誇るアメリカ発祥の人気フィットネスです。

かなり知名度の高いフィットネスなので、AISHAさんの知名度や人気が爆発しそうですね。

世界や日本で今もっとも活躍が期待される女性R&Bシンガーです。

 

 

AISHA(アイシャ)|活動経歴

AISHAさんが16歳の時のこと。

当時BMGだったSONYと契約をしました。

育成契約をし、ボーカルやダンスレッスンを受けました。

ライブの機械も探してくれたそうです。

4年後、20歳の時にファーストアルバム「I SHOUT」をリリース。

 

 

力強い歌声が魅力のAISHAさん。

「あい、しゃうと」と「あいしゃ」が掛かっているとのこと。

またGang Starr(ギャングスター)の故:GURU(グールー) やRun-DMCのDMCなど重鎮ラッパーとのコラボレーション経験もあります。

現在は、 ダイナミクス・カンパニー事務所に所属し、レーベルはアリオラジャパンで活動しています。

 

Sponsored Link

 

AISHA(アイシャ)|黒人ハーフ?ナルトED曲も

 

AISHA(アイシャ)|黒人ハーフ?

 

AISHAさんは、風貌や容姿がとてもかっこいいです。

それにとても日本離れしている印象。

もしかしたらハーフなのかな?と思い調べました。

どうやらアメリカ黒人父と日本人母のハーフ。

お父様は、プロのトロンボーン奏者でスティービー・ワンダーのTOURやマイケル・ジャクソンのLIVE、パーラメントのアルバムにも参加したアーティスト。

お母様も歌手やダンサーの経験者とのこと。

ハーフであるという事実は、ヒップホップラッパーのCRAZY-Tさんとの対談でも明かされました。

家族のアーティスティックな影響もあり、ラップやヒップホップ、R&Bなどに目覚めていったんでしょうね。

 

AISHA(アイシャ)|ナルトED曲

 

こちらはAISHAさんが唄う「この声枯らして」の映像です。

フィーチャリングにCHEHONさんを迎えています。

この楽曲は、テレビ東京系アニメ「NARUTO疾風伝」のED主題歌としてタイアップした曲。

2012年8月22日リリースのシングルで、2010年12月1日リリースのミニアルバム「AISHA.EP」でデビューしてから2年越し。

2017年からでいうと5年前の曲です。

当時、ナルトを見ていた人は「懐かしい!」と感じるのではないでしょうか。

またナルト以外にもReebok Easy Tone テーマソング「Let′s go!」やSony Walkman 2013 TV Spot with OKAMOTO′Sなど代表的なタイアップがあります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、AISHAさんについてお届けしました。

 

日本とアメリカのDNAを持つAISHAさん。

ヒップホップ、ラップやR&Bなどワールドワイドな活躍。

これからどんどんその名を日本や世界に轟かせて行くことでしょう。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link