坂本理沙(ハーフ)の高校や大学の出身は?経歴やwikiプロフィールも

バラエティ, 歌うま◯◯坂本理沙

音楽バラエティ「音楽チャンプ」。
MC村上信五さんと黒木瞳さんによる、歌、ピアノ、ダンスなどパフォーマーが夢をつかむ番組。
辛口審査員とロボット採点による厳しい審査形式の次世代スター発掘バラエティ。

第2回歌唱チャンプ開幕のテーマに出場するのは、坂本理沙(さかもとりさ)さん。
R!N(りん) / Gemie(ジェミー) / りんちゃんとしても活躍する坂本さん、いったいどんな人物なのでしょうか。

こちらでは、坂本理沙さんの経歴やwikiとプロフィール。
また高校や大学など出身の学校について迫りたいと思います。

今回は、坂本理沙さんについてご紹介させていただきます!

 

Sponsored Link

 

坂本理沙|wiki風プロフィール

 

坂本理沙|どんな人物?

 

坂本理沙さんとは、いったいどんな人物なのでしょうか。

1994年6月8日生まれ23歳(2017年12月時点)。
いぬ年、双子座、O型。
愛媛県松山市出身、東京都在住。

学業を卒業後、R!N(りん)という名義でシンガーソングライターをしています。
またGemie(ジェミー)としてボーカリストの活動もしています。

2012年「ポッキークリエイターズ」で応募作品が優秀賞。
2013年レオパレス21コマーシャルシンガーオーディショングランプリ。
りんちゃんとして1年間CMシンガーを務める。
日本テレビ「歌唱王」で全国3位を受賞。

その後も数々の数々の歌番組やライブ、ワンマンツアーと多方面で活躍。

特に2017年からの活動はめざましく、ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」、アニメ「進撃の巨人 2nd Season」のサウンドトラックへ参加。
アニメ「Re:CREATORS」のサウンドトラックとオープニング主題歌の歌唱を担当。

 

 

同年10月15日に行われた「KWC(カラオケワールドクラシック世界大会)2017」では女性部門で優勝し、日本代表に選出。
11月にフィンランドの首都ヘルシンキ世界大会に出場。

すべてフリーランスでの活動というのがまた驚きです。
現在も勢力的に音楽活動の道を突き進む、注目度の高い女性アーティストです。

 

坂本理沙|歌唱力

 

坂本理沙さんは、フリーランスでの音楽活動の傍らユーチューバーとしても活動。
主に音楽関係の動画を投稿されています。
すでに1万7千人以上のチャンネル登録者数450万以上の視聴回数を誇っています。

米津玄師さんの「アイネクライネ」をカバーするR!Nさん。
弾き語りをしながら唄えるのがすごいですね。

ピアノと歌は独学。
とくに歌はボイトレに通わずに「自分が気持ちいい」と感じるまま自由に歌っているとのこと。

もうこれは天才ですわ。

それに歌声は、とても穏やかで優しい印象。
とても聞きやすく耳に残りやすい声質をしています。

心を落ち着かせたい時に聞くとすごくアルファ波を感じれますね!

 

Sponsored Link

 

坂本理沙|高校や大学の出身

 

坂本理沙|出身高校

坂本理沙さんは、どちらの高校に通っていたでしょうか。

フィリピンのお母様と日本人のお父様の間に生まれたハーフである坂本理沙さん。
13歳の時に母の故郷であるフィリピンへ留学しました。
期間は4年間。

留学の経験から日本語以外に、英語とフィリピンの言葉であるビサヤ語を習得。
現在も3ヶ国語を話せるようです。

どこの高校かは公開されておりませんが、確実に良い経験になっていると思います。
日本で生まれ世界を見て育ち、日本でもっと活躍する。

帰国子女アーティストです。

 

坂本理沙|出身大学

フィリピンの高校に通っていた坂本理沙さん。
卒業後は、日本に戻ってきました。

帰国後、勢力的に音楽活動を始め、日々精進していたそうです。
努力がみのり、帰国した年にCMシンガーオーディションの約6000組の頂点に輝きました。

2013年には、レオパレス21のコマーシャルシンガーを1年間も務めたそうです。

音楽の道へまっすぐ突き進んでいらっしゃる坂本理沙さん。
おそらく大学へは、通わずにいたと思います。
地元の愛媛県にある熊野山石手寺で、「東京で歌手活動が成功しますように」と絵馬に文字が書かれています。
自分の道をしっかり見据え、着実に一歩一歩踏みしめているのでしょう。

 

 

まとめ

素敵な経歴を持ち、現在もなお夢に前進する坂本理沙さん。
すでにプロアーティストの域に達し、あとはメジャーデビューするだけですね。

 

フリーランスですでに多くの人の心を魅了しています。
メディアに露出する機会が増えれば、さらに坂本理沙さんの知名度は上がりファンが増えることでしょう。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link