若竹千佐子の経歴や代表作品などwikiは?出身大学や結婚も調査

2017年12月22日有名人

日本文学振興会主催の芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補作品が発表されました。
今年で第158回目となり、10名の作家がノミネートされています。

どの小説家さんもとても深い作品を手がけられていて今から誰が受賞するのか楽しみです!
候補作家の中で若竹千佐子(わかたけちさこ)さんという女性がいらっしゃいます。

いったいどんな人物なのでしょうか。
とても素晴らしい経歴の持ち主でしょうね。

こちらでは、若竹千佐子さんの経歴や年齢、出身大学や高校などwikiやプロフィール。
また小説など著書・文庫の代表作品のおすすめはどこで読めるのか?購入方法など。
そして素敵な男性とのお付き合いや結婚歴について迫りたいと思います。

今回は、若竹千佐子さんについてご紹介させていただきます!


■ 2017年下半期 第158回芥川龍之介賞の発表についてはこちらです。
芥川賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

Sponsored Link

 

若竹千佐子|wiki風プロフィール

 

若竹千佐子|どんな人物?

若竹千佐子さんとは、いったいどんな人物なのでしょうか。

1954年生まれの年齢63歳(2017年時点)。
干支はうま年、星座は不明、血液型は不明。

岩手県の遠野市の生まれ。
遠野市は、岩手県内陸部にある都市です。

また柳田國男(やなぎたくにお)さんの遠野物語のもととなった町です。
そして河童や座敷童子などが登場する「遠野民話」で知られています。

若竹千佐子さんの職業は、専業主婦をされています。
ということは、洗濯や掃除、炊飯など家事の合間に、執筆をされてきたということになりますね。

幼少期から文章を書いていたのかと思いきや、違うようです。
なんと55歳で小説講座に通い始め、8年の時を経て「おらおらでひとりいぐも」を執筆されました。

人生何があるかわかりませんね。
50代からでも執筆活動ができるなんて、とても素晴らしいことだと思います。

2017年下半期 第158回芥川賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

若竹千佐子|出身大学

専業主婦の傍ら小説家となった若竹千佐子さん。
どちらの大学に通っていたのでしょうか。

中学校や高校は、出身地が岩手県遠野市ということもあり。
地元の学校へ通っていたとおもいます。

高校卒業後、大学へ進学されました。
大学は、岩手大学に在学されています。

岩手大学は、岩手県盛岡市上田三丁目18番8号に本部を置く日本の国立大学です。
そちらの学校で、教育学部に在籍されていました。

岩大という略名で有名です。
2018年最新の岩手大学教育学部の偏差値は、54となっています。

1966年に国立学校設置法一部改正により、学芸学部が教育学部となりました。
つまり若竹千佐子さんが、12歳の時に教育学部ができたことになりますね。

12歳の時から教育学部に入りたいと考えていたかはわかりません。
ちなみに大学は、すでに卒業されています。

 

Sponsored Link

 

若竹千佐子|代表作品と結婚

 

若竹千佐子|代表作品

素敵な経歴をお持ちの若竹千佐子さん。
小説家としての著書・文庫の代表作品は、どのような作品があるでしょうか。

実は、若竹千佐子さんは第158回芥川龍之介賞・直木三十五賞の候補になった作品。
その作品がデビュー作となっています。

つまり63歳にして新人の作家さんということになリます。

若竹千佐子さんの著書「おらおらでひとりいぐも」は、河出書房新社から刊行された作品。
2017年第54回文藝賞受賞作でもあります。

63歳で史上最年長の受賞作品となり話題になりました。
齊藤美奈子さん、保坂和志さん、町田康さんらも絶賛した作品となっています。
青春小説とは対象的な、玄冬小説という位置づけのジャンル。

主人公74歳一人暮らしの桃子さん。夫に先立たれ子供とは疎遠。
新たな「老いの境地」を描いた感動作品です。
一人暮らしの寂しさと自由を岩手弁で語っているとのこと。

◯ 2017年 – 若竹千佐子さん「おらおらでひとりいぐも」。

もしかしておらおらですか?」「YES!YES!YES!」とどこからか聞こえてきそうですね。
・・・・グッド。

2017年下半期 第158回芥川賞の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?

 

若竹千佐子|結婚

50代で始めた小説講座から芥川龍之介賞候補になった若竹千佐子さん。
専業主婦のかたわら小説を書いてきました。

専業主婦ということは、旦那様がいるということですよね。
妻の小説講座の参加を了承した心の広い素晴らしい旦那様とお見受けします。

しかし旦那様の情報は、どこにも公開されていませんでした。
一般の方だと思いますので、しょうがないですね。

きっと若竹千佐子さんの小説が第158回芥川龍之介賞のノミネートされ、
その喜びを夫婦で分かち合ったことでしょう。

旦那様も素敵な奥様をもって鼻が高いのではないでしょうか。
これからは、若竹千佐子さんの小説を全力で応援されそうですね。

玄冬小説である「おらおらでひとりいぐも」の様にならないよう。
お二人で長生きして幸せに暮らしてほしいですね。

 

まとめ

第158回芥川龍之介賞にノミネートされた若竹千佐子さん。

芥川龍之介賞受賞となれば本ももっと売れることでしょう。
これからの執筆活動がさらに飛躍しそうですね!


■ 2017年下半期 第158回芥川龍之介賞の発表についてはこちらです。
芥川賞2017下半期の発表日や時間はいつ?候補作品や作家は誰?


 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link