八木かなえの重量挙げ転向きっかけと理由は?中学校と成績も調査!

有名人

八木かなえ(やぎかなえ)さんという人物をご存知でしょうか。
日本を代表する女性重量挙げの選手です。

 

全国女子選手権やオリンピックなど大きな大会で活躍するアスリートです。

 

いったいどのような人物なのでしょうか。
とても気になる女性ですよね。

 

こちらでは、八木かなえさんの年齢、生年月日、身長体重血液型など基本的なプロフィールと経歴がわかるWikipedia(ウィキペディア)。
また父母兄弟姉妹など家族、素敵な男性との出会い、恋人彼氏との結婚はされているのか。

 

そして大学、高校や中学校など出身学校はどちらの学校に通われているのか。
さらに重量挙げに転向したきっかけと理由原因は何だったのかについても迫りたいと思います。

 

今回は、八木かなえさんについてご紹介させていただきます!

 

 

八木かなえ(やぎかなえ)|wiki風プロフィール

 

八木かなえ(やぎかなえ)|どのような人物?

八木かなえさんとは、いったいどのような人物なのでしょうか。
生年月日は1992年(平成4年)7月16日生まれの年齢25歳(2018年2月時点)。

 

干支はさる年、星座はかに座、血液型はB型。
身長は152.0センチメートル、体重は53.0キログラム。

 

兵庫県神戸市の出身です。
職業はウェイトリフティングの競技をされています。

 

 

所属は綜合警備保障株式会社(コーポレートブランドは「ALSOK(アルソック)」)に所属しています。
あこがれの選手には三宅宏実さんをあげています。

 

幼少期である5歳から器械体操を始めました。
中学生時代には、「全日本ジュニア選手権(2部)」の個人総合で7位に入賞するほど。

 

その後、重量挙げに転向後も華々しい活躍をされています。

 

Sponsored Link

 

八木かなえ(やぎかなえ)|競技の成績や戦績

器械体操から重量挙げに転向された八木かなえさん。
競技の成績や戦績は、どのような感じでしょうか。

 

◯ 2008年

■ アジアユース
 53.0キログラム級 優勝

 

◯ 2009年

■ 全国高校女子選手権
 53.0キログラム級 優勝

■ 世界選手権
 48.0キログラム級 10位

 

◯ 2010年

■ 全国高校女子選手権
 53.0キログラム級 優勝

 

 

◯ 2011年

■ 全国高校女子選手権
 53.0キログラム級 優勝

■ 全日本女子学生選手権
 53.0キログラム級 優勝

 

◯ 2012年

■ 全日本ジュニア選手権
 53.0キログラム級 優勝

■ 全日本選手権
 53.0キログラム級 優勝

■ ロンドンオリンピック
 重量挙げ 女子53.0キログラム級 12位

■ 全国都道府県対抗女子大会
 53.0キログラム級 優勝

■ 全日本大学対抗女子選手権
 53.0キログラム級 優勝

 

◯ 2013年

■ 全日本学生選抜大会
 53.0キログラム級 優勝

■ 全日本学生個人選手権
 53.0キログラム級 優勝

■ ユニバーシアード
 重量挙げ 女子53.0キログラム級 金メダル

■ 東アジア大会
 重量挙げ 女子53.0キログラム級 銅メダル

 

 

◯ 2014年

■ 全日本学生個人選手権
 優勝

 

◯ 2015年

■ 全日本選手権
 53.0キログラム級 優勝

 

◯ 2016年

■ 全日本選手権
 53.0キログラム級 優勝

■ リオデジャネイロオリンピック
 重量挙げ 女子53.0キログラム級 6位

■ いわて希望郷国体
 女子53.0キログラム級 スナッチ・クリーン&ジャーク・トータル全て優勝

 

◯ 2017年

■ ウエイトリフティング世界選手権
 女子53.0キログラム級 6位

 

その後も世界選手権、全日本選手権、オリンピックなお大きな大会へ向けて、練習に励んでいます。

 

 

八木かなえ(やぎかなえ)|高校中学校など出身学校

素晴らしい成績を残している八木かなえさん。
高等学校や中学校など出身学校は、どちらの学校に通われているでしょうか。

 

兵庫県神戸市の出身である八木かなえさん。
保育園、幼稚園、小学校などは、地元の学校、園に通われていたと思われます。

 

小学校卒業後、中学校へ進学。
中有学校は、神戸市立押部谷中学校に在学していました。

 

 

神戸市立押部谷中学校は、兵庫県神戸市西区にある公立中学校です。
中学校卒業後、高校へ進学。

 

高校は、兵庫県立須磨友が丘高等学校に在学していました。
兵庫県立須磨友が丘高等学校は、兵庫県神戸市須磨区友が丘に所在する公立の高等学校です。

 

高校卒業後、大学へ進学。
大学は、金沢学院大学に在学していました。

 

金沢学院大学は、石川県金沢市末町に本部を置く私立大学です。
大学卒業後、社会人になりました。

 

社会人として綜合警備保障株式会社(コーポレートブランドは「ALSOK(アルソック)」)に所属しています。

 

Sponsored Link

 

八木かなえ(やぎかなえ)|恋人彼氏との結婚と重量挙げ転向きっかけ

 

八木かなえ(やぎかなえ)|恋人彼氏との結婚

重量挙げの選手として活躍している八木かなえさん。
素敵な男性との出会い、恋人彼氏との結婚はされているでしょうか。

 

年齢的に考えると結婚をされていても不思議ではない年頃です。
またお子さんが居てもおかしくない世代でもあります。

 

いろいろ調べましたところ、結婚については明かされていませんでした。
しかし恋再相手が居たという情報はありました。

 

 

大学生時代に付き合っていた彼氏が居たそうです。
彼氏が筋肉が大好きで、喜んでもらうために鍛えていたのだとか。

 

メキメキとトレーニングを積んで、素晴らしい筋肉に仕上げていそうですよね。
ロンドンオリンピック戦公開直前で、破局してしまったそうです。

 

破局したからかどうかはわかりませんが12位という結果になってしまい。
心に乱れがあったからなのかなと思います。

 

その後は、心の乱れも取れて優勝や金メダルをかっさらっています。
吹っ切れた八木かなえさんは、最強ですね。

 

美人だし女性らしい抜群のスタイルと鍛え抜かれた筋肉で男性もメロメロだと思います。
すぐに良い相手が現れると思います。

 

 

八木かなえ(やぎかなえ)|重量挙げ転向きっかけ

美人怪力アスリートである八木かなえさん。
実はずっと重量挙げの選手だったわけではありません。

 

幼少期である5歳から器械体操をしていました。
その実力は中学生時代に「全日本ジュニア選手権(2部)」で個人総合7位に入賞するほど。

 

器械体操から重量挙げに転向した理由の一つに、10年で一区切りをしたからということを挙げています。
また器械体操の難度の高い複雑な技を決めなければ勝てないこと、ウェイトリフティングの競技が簡単そうに見えたからということを挙げています。

 

 

そして中学3年生の進路見学で須磨友が丘高校を訪ねた時にウエイトリフティングの体験をしている私を先生が見て「センスがある。絶対に全国大会に行ける。」と声を掛けられたことが要因しています。
八木かなえさんは、その時に出会った横山先生の言われるままウェイトリフティングの競技をはじめました。

 

そのことをお父様に付いた得た時は驚かれていたようですが、お母様は「向いているんじゃない?」と思ったそうです。
ウェイトリフティングの競技転向後は、女子最軽量48キログラムでしたが40キログラム前後しかなかったのでどんどん食べて体重を増やしたのだとか。

 

また横山先生のことをもう一人のお父さんと感じているほど師事していたようです。

 

Sponsored Link

 

まとめ

美人怪力アスリートである八木かなえさん。
世界選手権、全日本選手権、オリンピックなど大きな大会へ向けて、頑張って欲しいですよね!

 

これからの活躍にも期待です!

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう