弥平治の丘の営業日や場所はどこ?農業体験や宿泊代金も調査!

2018年1月6日フード&ドリンク

弥平次の丘(やへいじのおか)という老夫婦が営む農家民宿をご存知でしょうか。
季節に合わせたいろいろな体験ができる宿泊施設です。

 

京都の田舎と大自然を堪能できる安らぎの宿。
それに空気が美味しく、かまどで焼いたお米が美味しいと評判。

 

いったいどんな宿泊施設なのでしょうか。
とても気になりますよね。

 

こちらでは、弥平次の丘の営業日時や場所とアクセス。
また農業体験や宿泊代金などについて迫りたいと思います。

 

今回は、弥平次の丘についてご紹介させていただきます!

 

 

Sponsored Link

 

 

弥平治の丘|とは?

 

 

弥平治の丘|どんな宿泊施設?

豊かな自然あふれる綾部市の「弥平治の丘(やへいじのおか)」。
いったいどんな宿泊施設でしょうか。

 

四方房夫さん(72歳)と妻の魁子(さきこ)さん(71歳)のご夫婦で営む農家民宿です。
房夫さんが26歳の時から長年暮らしている綾部市。

 

その綾部市を盛り上げようと地域活性化を目指し、魁子さんが民宿を始めようと考えました。
定年退職後、ゆっくりとした暮らしを考えていた房夫さんを説得し、5年前に夫婦で農家民宿「弥平次の丘」をオープン。

 

昔ながらの暮らしやおもてなしをたくさんの人に知ってもらおうと「温故知新」の精神で運営しています。

 

魁子さんが心を込めて作る田舎料理も魅力のひとつです。
また自家製のお米を「おくどさん」(かまどの京ことば)でじっくりと炊き上げたご飯がとても美味しいと評判なんだとか。

 

優しく人情家なご夫婦とかわいい愛犬「もも」がお出迎えしてくれます。

 

 

弥平治の丘|農業体験

豊かな自然あふれる綾部市の「弥平治の丘(やへいじのおか)」。
ただ宿泊するだけではなく、いろいろな体験ができるようです。

 

主に農業体験ができます。
そのほか季節に合わせた、ふき摘み、野菜収穫、バーベキュー、稲刈り、芋堀り、干し柿つくり、雪遊び、薪割り、餅つき、綾部太鼓などの体験が楽しめます。

 

料金の目安はこちら
そば打ち体験1,500円
こんにゃくづくり体験1,500円
・・・など。
(2018年1月時点の情報)

 

都会の喧騒から離れ、静かに過ごしたい。
また家族に田舎の自然や安らぎを感じて欲しい。
外国人の方に日本の田舎を知ってもらいたい。
このような人々におすすめの民宿といえます。

 

 

Sponsored Link

 

 

弥平治の丘|宿泊代金や営業日、場所アクセス

 

 

弥平治の丘|営業日や宿泊代金

豊かな自然あふれる綾部市の「弥平治の丘(やへいじのおか)」。
営業日や時間、宿泊代金などはどのような感じでしょうか。

 

営業日:通年(盆、正月は休業)
定員:2室1~6名
宿泊代金:1泊2食付6,000~8,000円。
電話:0773-44-0927
(2018年1月時点の情報)

 

施設利用にあたっては、タオル、バスタオル、洗面用具、寝間着は持参が必要。

 

 

 

弥平治の丘|場所やアクセス

豊かな自然あふれる綾部市の「弥平治の丘(やへいじのおか)」。
場所やアクセスは、どちらでしょうか。

 

■ 場所
京都府の綾部市にあります。

 

■ アクセス

京都方面から・・・
京都縦貫道(京都丹波道路)丹波インター、国道27号経由の淵垣交差点から府道484号を北へ進み約5分のところです。

大阪方面から・・・
舞鶴若狭自動車道経由の綾部インターから府道74号北へ進み約5分のところです。

JRの場合・・・
舞鶴線淵垣駅から徒歩15分、JR綾部駅からあやバス西八田線、バス停岡安下車、徒歩5分のところです。
最寄り駅から車での送迎が必要な場合は、事前相談が必要とのこと。

 

◯ 弥平次の丘
〒623-0114 京都府綾部市岡安町横田44

 

 

まとめ

地域活性化のためご夫婦で頑張る弥平次の丘。

 

一度訪れれば第二の故郷になるかもしれません。

 

四方夫妻と愛犬「もも」の手厚い歓迎にこころから癒やされることでしょう。

 

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

 

Sponsored Link

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう