世にも奇妙な物語2017寺島の原作は?ネタバレあらすじや真相結末も

ドラマ, 世にも奇妙な物語吉岡里帆, 峯田和伸

2017年10月14日(土)に特別ドラマ「世にも奇妙な物語 ‘17秋の特別編」が放送されます!

タモリさんがストーリーテラーを務めるオムニバス形式の人気テレビドラマですよね。

怖い話や面白い話など奇妙で奇天烈なちょっと気になる物語がとても魅力的です。

秋の特別編では、いくつかエピソードが放送されますがその中で「寺島」について調べてみました!

こちらでは、ドラマ「世にも奇妙な物語」の「寺島」の原作について。

また物語のあらすじやネタバレ真相と結末について注目しています。

今回は、ドラマ「世にも奇妙な物語」の「寺島」についてご紹介していきます!

 

Sponsored Link

 

世にも奇妙な物語|「寺島」のあらすじ

2017年秋の特別編ドラマ「世にも奇妙な物語」の「寺島」。

いったいどんな内容になっているでしょうか?

こちらでは、物語のあらすじについてご紹介していきます!

 

 

世にも奇妙な物語|「寺島」あらすじ

初めての連載にこぎつけた漫画家 山崎(演:峯田和伸さん 銀杏BOYZ)。

しかしアシスタントが辞めてしまって困ってしまいます。

そこに担当編集者の江田(演:福田温子さん)がやってきてとあるアシスタントを紹介。

紹介されたのは美人で可愛いアシスタントの寺島ひな(演:吉岡里帆さん)。

人手が足りたのもつかの間、漫画の下書きが思うようにいかない山崎。

ふとアシスタントを見ると美しい横顔が目に止まります。

山崎はおもわず寺島のその横顔をスケッチブックに描き始めるのです。

寺島はそのことに気づいたのですが、山﨑はスケッチの手を止めず描き続けます。

寺島は恥ずかしがりながらも小学生時代のことを山崎に話し出します。

当時トモダチだった(演:大後寿々花さん)のことを語りだしたのです。

 

Sponsored Link

 

世にも奇妙な物語|「寺島」原作やネタバレ真相結末

2017年秋の特別編ドラマ「世にも奇妙な物語」の「寺島」。

こちらでは、物語の原作やネタバレ真相結末ついてご紹介していきます!

 

世にも奇妙な物語|「寺島」ネタバレ

世にも奇妙な物語は、年に2回の放送しかないのに毎週集まって作品のアイデアを練っているそうです。

この「寺島」という作品にもそれ相応の10年とか20年先まで心に残る作品に凝縮して生み出しているとのこと。

世にも奇妙な物語の恐怖と驚きが相まって奇妙な面白さが体験できるのは、そういう努力をされている為なのだなと実感しました。

特にこの「寺島」の作品のみどころは、何気ない会話の表情、目配せや幾つもの散りばめられた伏線を感じ取ってもらって最後にバーンとど真ん中で受け取ってもらいたいとされています。

それと半年かけて作品を作る所を10年も掛けているという所、アイデアをあたためてきた成果を披露されるところがみどころとなっているようです。

良い意味でのトラウマをぜひ受け取ってくださいと吉岡さんは語っていました。

 

 

世にも奇妙な物語|「寺島」原作

この「寺島」のエピソードは、原作があります。

カサギヒロシ先生の原作マンガ「逃走鉄馬 バイソン」の3巻に読み切りとして収録された「寺島」です。

 

 

漫画「逃走鉄馬 バイソン」は、バイカー軍団バイソンズによるスリリングなお話。

3巻の189ページからの特別読み切り「寺島」は、やはり怖くてスリリングな内容となっていると思います。

編成企画の狩野雄太さんもコミックならではのラストであるとコメントするほど衝撃的で現実離れしている模様です。

特にみどころなのが寺島役の吉岡里帆さんの史上最も衝撃的な演技を観れるという・・・。

さらにそれを受けての峯田和伸さんの演技にも注目して欲しいとのことです。

峯田和伸さんも連続テレビ小説「ひよっこ」で演技にかなり定評がありますからね!

面白いリアクションをしてくれるに違いありません!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラマ「世にも奇妙な物語」の「寺島」についてお届けしました。(*^_^*)

 

ドラマにコマーシャルにグイグイ来ている吉岡里帆さんと峯田和伸さんのコラボ。

そしてチームスタッフが10年あたためてきた「寺島」という作品。

これは面白いに決まっています。

 

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

Sponsored Link