ケイジとケンジドラマ初回1話主題歌は何?視聴率やネタバレ感想も

ドラマケイジとケンジ, テレビ朝日系列, 2020冬

テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」。

こちらの記事では、テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の放送概要、視聴率、ネタバレ感想についてご紹介させていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時の放送概要

テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」。

放送概要は、いったいどのような感じなのでしょうか。

タイトル名:
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

物語紹介:
学歴も身分も収入も資格も捜査方針もまったく違う、決して交わらない“二人の男”が、一つの事件をきっかけに交わりだす。
志(こころざし)も身長も!
木ドラ史上最高の《ビッグ・バディ》誕生!!
愛すべきニコイチ・バディが仲良く衝突しながら事件に挑む!

主題歌:
主題歌(OPEDテーマソング)、挿入歌、楽曲、オリジナルサウンドトラック

出演者:
初回放送開始日時、キャスト、人物相関図、あらすじ予告動画

放送日付:
2020年1月16日

放送曜日:
木曜日

放送時間:
21時00分~
22時09分

話数:
第01話
初回
前回
次回

エピソード名:
元体育教師の豪太(桐谷健太)は念願の刑事になり、横浜桜木署へ異動。さっそく連続空き巣犯を捕まえる。ところが、犯人はあろうことか元教え子の滑川(馬場徹)で…!しかも、滑川の余罪を追及した超エリート検事・修平(東出昌大)は、強盗致死もしくは強盗殺人の罪もある可能性を直感。功名心から立証しようとするが…!?ありとあらゆる面で対立する豪太と修平。さらに、二人の板挟みになるみなみ(比嘉愛未)の存在も実は…。

エピソード内容:

 体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。県警本部長から表彰される。しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。

 さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…!

 一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。

 そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!?

(出典元:公式サイト

ドラマの見逃し配信はこちら

わたし

わたし

ドラマの情報をチェック!
Sponsored Link

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時の視聴率

テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」。
視聴率は、いったいどのような感じなのでしょうか。

視聴率
  • 第01話 —
  • 第02話 —
  • 第03話 —
  • 第04話 —
  • 第05話 —
  • 第06話 —
  • 第07話 —
  • 第08話 —
  • 第09話 —
  • 第10話 —
わたし

わたし

高視聴率を叩き出すことは出来るでしょうか。
映画化やシリーズ化など続編制作に関わる大事なファクターです。
Sponsored Link

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時のネタバレ感想

テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」。
ネタバレ感想は、いったいどのような感じなのでしょうか。

ドラマの見逃し配信はこちら

ゲスト:
滑川秀幸・・・馬場徹
持田定彦・・・

体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。
県警本部長から表彰される。
しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動!
強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。

さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。
一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。
強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。
ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。
なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸だったのだ…!

一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみの気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。
何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。

そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。
余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。
しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか!
これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!?

滑川の容疑を調べるため持田家に物証を探しに行く。
持田家の2階から髪の毛を発見滑川のDNAと一致。

豪太が滑川になぜ突き飛ばしたのかと告げたことで滑川が黙秘。
修平に呼ばれた豪太が言い争いになる。
修平は豪太とみなみが兄妹だとここで知る。
みなみに好意があるため豪太に取った態度をみなみにあやまる修平。

豪太は持田家に赴き定彦のつまから話を聞く。
滑川に対してどのくらいの罰を科すのか。
持田妻は主人が帰らないためどうすればいいのかわからないと涙する。

修平は滑川に再度供述を確認する。
だが結論には至らなかった。

豪太も滑川のことよりも持田のことを考えるべきだったと悩んでいた。

二人の苦悩を眺めるみなみ。

修平は滑川の決済を部長検事樫村に頼む。

小料理屋OKAZUYAで豪太とみなみがご飯を食べる。
そこへ修平が鉢合わせる。
窃盗と住居侵入で起訴したことを打ち明けた。
物証が得られなかったこと、持田の死と滑川との因果関係を導き出せなかったこと。
これらを精査した修平の判断だった。

疑わしきは罰せず。

ドラマの見逃し配信はこちら

わたし

わたし

今回もとても面白い内容でしたね!
Sponsored Link

さいごに

テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」。

こちらの記事では、テレビ朝日系列ドラマ番組「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」の放送概要、視聴率、ネタバレ感想についてご紹介させていただきました。


初回放送開始日時、キャスト、人物相関図、あらすじ予告動画
原作作品、ネタバレ、最終回結末、映画化、続編
主題歌(OPEDテーマソング)、挿入歌、楽曲、オリジナルサウンドトラック

初回
前回
次回


わたし

わたし

ここまで記事を読んでいただきまして本当にありがとうございした!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう