さくらみこの中の人(声優)や前世は?小雛ましろで顔バレも

2020年3月13日VTuber(バーチャルユーチューバー)ホロライブ

萌え声と強気発言のギャップにやられ、やがてとりこになること間違いなしのVtuberさくらみこさん!

神様のお使いとしてこの世界を訪れ、萌え文化に触れ、やがて巫女アイドルという唯一無二の存在として、夢を叶えようとしている彼女から目を離せません!

こちらの記事では、さくらみこさんについてご紹介させていただきます。

さくらみこの経歴やプロフィール

名前 ​さくらみこ
読み方 さくらみこ​
生年月日(誕生日) ​3月5日
年齢 ​18歳(2018年)
18.1歳(2019年)
18.2歳(2020年)
※ 小数点第1位で増えていく。
ファンの呼称やマークなど ファンネーム:​35P(みこぴー)
ファンマーク:🌸(さくら)
ハッシュタグ 配信・生放送タグ:#みこなま
ファンアートタグ:#miko Art
など
活動場所 YouTube:​Miko Ch. さくらみこ
Twitter:さくらみこ🌸SakuraMiko​🎂@sakuramiko35
マシュマロ:​さくらみこマシュマロ奉納箱@sakuramiko35​

さくらみこさんは、2018年8月1日にさくらみこプロジェクトによってVtuber(バーチャルユーチューバー)としてデビューしました。

同年12月25日にはホロライブに加入し、専属となった後は、『ホロアニメ』の第一弾「みこのつとめっ!」のメインキャストを務めています。

ホロライブに加入する前からときのそらさんにあこがれを持っており、いくつもの共演を果たしています。

配信内容はゲーム実況や雑談などが中心で、幼さが残る萌え声からは想像できないような強気な発言がときどき見られ、自分自身をエリートと称することもあるほどですが、そのギャップが大きな魅力の一つと言えるでしょう。

電脳世界での巫女として過ごしてきましたが、神様のお使いで訪れた日本で次第に夢を持つようになり、「バーチャル巫女アイドル」になることを目標に日々奮闘しています。

スポンサーリンク

さくらみこの絵師

さくらみこさんの絵師は、田中雄一さんが担当しています。

田中雄一さんはTVアニメ「とある科学の超電磁砲」「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」などを手掛けたアニメータで、これほど著名なアーティストに依頼したさくらみこプロジェクトは、スタート時の本気度がすごく伝わってきますね。

2019年12月8日には、3D新衣装お披露目配信がされ、担当したのはおるだん(@ordan)さんです。

おるだん(@ordan)さんといえば、ときのそらさんの絵師で有名で、さくらみこさんのあこがれの先輩でもあります。

さくらみこさんからすれば、これ以上ない絵師に新衣装を考案してもらえてうれしかったに違いないでしょう。

また、新衣装発表時には、ツイッターのトレンド入り(6位)も果たしており、注目の高さがうかがえます。

さくらみこの前世

さくらみこさんの前世として、小雛ましろさんの名前が挙がっています。

その理由は、なんといっても特徴のある萌え声です。

両者の声を聴き比べると、非常に似ていることがわかりほぼ間違いないと言えるでしょう。

小雛ましろさんは、以前ニコ生で配信しており、萌え声の配信者として有名となっていました。

しかし、2015年にニコ生から姿を消し、ツイキャスやLisPonなどの配信サイトを転々とし、現在では小雛ましろとしての活動は完全に停止しています。

さくらみこさんの中の人として、一本でいく覚悟がみられますね。

現在残っている数少ない過去の配信動画を確認すると、幼い萌え声は健在であるものの、どこかセクシーさも感じられます。

また、「小雛ましろ」で画像検索してみると、さくらみこさんのイラストが多数出てくることから関連性が高いと言えるので、前世として判断してよさそうです。

スポンサーリンク

さくらみこの中の人

さくらみこさんの中の人は、小雛ましろさんであると言われています。

小雛ましろさんは、もともと萌え系の声の配信者ということで、美少女系に興味がある方であると推測されます。

さくらみこさんも美少女が大好きで、美少女ゲームの実況をたくさん配信していますが、これは小雛ましろさんの好みがそのまま全面に出ているのではないでしょうか。

さくらみこさんはエロゲも好きと公言していますが、過去の小雛ましろさんの配信を見てみるとエロさのある萌え声も数多く披露しており、この点からも本人の嗜好であると推測されます。

また小雛ましろさんで画像検索すると、過去の配信中の顔バレ写真が出てきますが、かなりの美人の方のようです。

現在ではほとんどが削除されているので真実かどうかは不明ですが、もし本人であれば顔バレしたほうがさらに人気が出るような気がします。

スポンサーリンク

まとめ

萌え声と強気発言のギャップが魅力のさくさみこさん。

その言動を見ると、どこか幼く、また無理して背伸びをしているような不安定な部分が、応援したくなる要素であると感じました。

唯一無二の巫女アイドルの動向を、今後も見逃せません!

Posted by ヒナトノカ