ときのそらの中の人(声優)や前世は青山彩菜?経歴やプロフィールも

2020年3月13日VTuber(バーチャルユーチューバー)ホロライブ

横浜アリーナで単独ライブを夢見る、歌唱力抜群のVtuber「ときのそら」。
CDデビューまで果たした実力の持ち主で、歌う系の動画は必見!

時折、「ママ」と称される包容力のある話し方でファンの心を癒し、人気を獲得しています。
そんな、「ときのそら」の魅力に迫ります。

ときのそらの経歴やプロフィール

名前 ときのそら
読み方 ときのそら
生年月日(誕生日) 2000年5月15日
年齢 19歳
ファンの呼称やマークなど ファンネーム: そらとも
ファンマーク: 🐻(くま)💿(CD)
など
ハッシュタグ 配信・生放送タグ: #ときのそら生放送
ファンアートタグ: #ときのそら、#soraArt
など
活動場所 YouTube: SoraCh.ときのそらチャンネル
Twitter:ときのそら🐻@tokino_sora
マシュマロ: あん肝🐻 @ankimoch

ときのそらは、ホロライブプロダクション初のバーチャルアイドルとして、2017年9月7日より活動を始めました。
同プロダクションの女性Vtuberグループ「ホロライブ」の0期生で、中心的メンバーとして、親友兼裏方担当の「友人A(えーちゃん)」や、くまのぬいぐるみ「あん肝」とともに活動しています。

活動当初から、夢は横浜アリーナでの単独ライブと公言しているように、歌に関して並々ならぬ思いを持っています。

YouTubeの「SoraCh. ときのそらチャンネル」では、歌ってみたシリーズなどで、幾度と歌声を披露していましたが、2019年3月27日にビクターエンタテインメントより、アルバム『Dreaming!』でメジャーデビューを果たしました。10月6日にはVeast Shibuyaにて初のワンマンライブ「Dream!」を開催しています。
2020年3月4日にはミニアルバム『My Loving』をリリースし、夢の実現に向け着々と音楽活動を展開しています。

また、ホラーゲームも大好きで、YouTubeチャンネルではホラーゲーム実況動画を度々アップしています。

スポンサーリンク

ときのそらの絵師

ときのそらの絵師は、「おるだん@ordan」が担当しています。
おるだん@ordan」はアマガイタロー名義でも活動しており、普段は企業勤めで作品数を制限しながらイラストを制作しています。

商業用ではアマガイタロー、プライベートなどではおるだんを名乗ることが多いようです。

主な使用ソフトは、ペイントツールSAI、Photoshopを使用しています。

作品は、ホロライブ所属のバーチャルアイドル「ときのそら」公式イラスト、「友人A」2Dイラスト、「さくらみこ」新衣装、ホロライブ統一アイドル衣装デザイン、ファイアーエムブレムヒーローズのキャラクターイラスト、『女子小学生はじめましたP!』4巻別冊公式アンソロジー表紙、『この大陸で、フィジカは悪い薬師だった』挿絵、『アイドル≒ヴァンパイア』挿絵、『らぶなどーる!』挿絵、などを担当しています。

ときのそらの前世

ときのそらの前世を調べると、なかなか有力な情報を得ることはできませんが、中の人として青山彩菜さんが挙げられています。
青山彩菜さんは、これまでVtuberとしての活動はなく、ときのそらが初めてのようです。

過去の主な出演作品は、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」、ゲーム「ウチの姫さまがいちばんカワイイ(軍学姫レイカ・グーデリアン)」、ゲーム「BREAK 雀 BURST」、ドラマCD「ウィッチクラフトワークス『俺の芋娘・リメイク版』(妹)」などがあり、声優メインの活動をしていました。

出演本数はあまり多くないことから、ときのそらに抜擢される前はまさに下積み時代といった感じと言えるでしょう。

しかし、CDデビューまで果たすほどの活躍を見せている今では、今後様々な場面で見かけることが多くなり、「前世がときのそら」なんて噂される日が来ることを想像すると胸が熱くなりますね。

スポンサーリンク

ときのそらの中の人

ときのそらの中の人は、正式な発表はないものの、声優の青山彩菜(あおやまあやな)さんではないかとういう説が一番有力です。

その理由がいくつかありますが、何といっても声が非常によく似ているところがポイントでしょう。

青山彩菜さんは声優事務所のEARLY WINGの準所属女優で、その声を聴き比べるとよく似ていることがわかります。
また、青山彩菜さんの特技であるピアノ、誕生日5月15日というのは、ときのそらのプロフィールと一致しており、この点からも青山彩菜さんが中の人であることが有力だと言えるでしょう。

その上、青山彩菜さんは声楽や作曲などの音楽全般に精通しており、歌を歌うことに関して非常に力を入れているのではないかと推測されます。

ときのそらの夢である横浜アリーナでの単独ライブは、神奈川県出身の青山彩菜さん本人のかつての夢だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ときのそらは、ホロライブ所属のデビュー第一号Vtuberとして、音楽中心に動画配信をしており、また母性ある話し方などで「ママ」のような存在としてファンを楽しませています。

夢の横浜アリーナ単独ライブに向けて精力的に活動していますので、これからの音楽制作についても要注目です。

Posted by ヒナトノカ